2017年01月11日 (水)

歴史秘話ヒストリア

「きもの 千年のトキメキ」

tuihisukimonofile_000evd_logo.jpg

江戸時代風の友禅染め(レプリカ) 

 

 今週の、ヒストリアのテーマはズバリ「着物」です。

 

 毎年お正月が来ると、初詣や成人式など、着物姿で町行く人を見かけることが増えますよね。しかし、現代の私たちが「着物」と呼んでいる服は、その昔「小袖」と呼ばれるいわゆる下着だったってご存じでしたか?

 

 その下着を普段着に変えたのが戦国時代のファッションリーダー、織田信長その人です。信長の好んだ小袖を着こなすラフなスタイルが、一気にメジャーになったものと言われています。やはりいくさ上手な人というのは、「自分をどう見せるか」という演出力にもすぐれていたんでしょうか。信長の持って生まれたセンスにほれぼれしちゃいます。

 

 私も今回スタジオで2着、ロケ先で1着の着物を着させていただきましたが、中でも友禅染めの着物は本当に胸が躍りました。裕福な家の娘たちだけが着ることができたという華やかな着物を身にまとうと、まるで漫画の世界のお姫様になったようで、子どものころに戻ってハシャいでしまいました。

 

 ほかにも京都の古寺や岐阜の地歌舞伎の博物館に眠る大変貴重な着物、そんな見るだけでも楽しい美しい着物をたっぷりご紹介いたします。女性は画面から目が離せないかもしれませんよ。そして、いつもよりテンション1.5倍の心トキめく私も見られます。(恥)

 

 日本人が千年間はぐくんできた美の結晶「着物」の秘話をお楽しみください。

 

S10-001_logo.jpg

 徳川秀忠の娘・和子の着物(復元)

歴史秘話ヒストリア

http://www4.nhk.or.jp/historia/

投稿者:アナウンサー・キャスター | コメント(9)
■ コメント
  • 三宅禎一

    2017年01月12日 22時21分

    歴史が得意な私でも知らないことを毎回教えていただいており、大変番組を楽しみにしています。今回は着物だそうで、友禅染など着物の本場京都に住んでいますので、どのような秘話をお教えいただけるのか大変楽しみにしています。

  • ひろ

    2017年01月13日 21時12分

    あさひさん、こんばんは。

    あさひさんが京都に異動されてから、
    あさひさんの着物姿をよく拝見するようになりました。

    この2年間が、一番着物を着た時期かもしれませんね。

    ところで、いつもよりテンション1.5倍ということでしたが、
    あまり変わらなかったような気が(笑)

    ヒストリアのときは、いつもテンション1.5倍?(笑)

  • 八束 磨里

    2017年01月14日 00時30分

    こんばんは。またお邪魔してしまいます。素敵なお召し物が見られて、とても楽しかったです。京友禅の秘密(山村美紗さんの……ではなくて)や、街角の工房をあさひさんが訪れるのを拝見して、また関西に戻っちゃおうかしら……? と、里心がつきそうになっています。いつ目にしても、京町屋の佇まいと着物姿は、日本の原風景だと思いますね。またまたいにしへの、都を歩いた学生時代に想いを馳せております。
    充分に楽しませて頂きましたが、『京紅型』の秘話も聞きたかったかも……。

  • ひよこ

    2017年01月15日 12時52分

    あさひさん、こんにちは。
    リポートご苦労様です。
    着物が下着だったとは知りませんでした。今回、着物が進化して行く経緯がよくわかりました。色彩も鮮やかに変化してますね。今後、着物がどんな進化をしていくのかも楽しみです。
    さて、あさひさんの着物姿もお似合いです。

  • 着物大好き

    2017年01月16日 02時49分

    永久保存だと意気込んで準備していたのに録画に失敗してしまいました!
    大相撲の期間中で、通常の再放送が無いようです。
    再放送の日時が分かれば、教えてください。

  • スタッフ

    2017年01月16日 10時43分

    着物大好き様

    いつも歴史秘話ヒストリアとブログをご覧いただき
    ありがとうございます。

    ご質問の件ですが、再放送は大相撲放送のため、27日(金)午後4時5分~ 総合テレビと
    なります。宜しくお願い申し上げます。

  • ちちまる 

    2017年01月24日 01時05分

    広瀬治助の苦労があって、今があるんですね。

    着物姿のあさひさん、普段着姿?のあさひさん、両方を楽しめたのも良かったです(笑)

  • きものlove

    2017年01月28日 09時12分

    楽しく興味深く拝見いたしました。
    その中でわからないところがあったので、お教えください。
    番組の中で二人の大店の!?お嬢さんが宮崎友禅斎に着物に「絵を描いたら」と言っていた時に来ていた着物が、刺繍や織ではなく、絞り染めではない染の着物の様に見えました。友禅が生まれる前ですと、どのような技術のものだったのでしょう・・・?

  • makowara2

    2017年01月30日 15時46分

    華やかさ、を中心とした番組、観ていて楽しかったです。
    が、着物の素材や気候風土との兼合いはどうだったのだろう?と思いました。洋服はイギリス風やイタリア風で様々に異なり、シャツも下着扱いとのこと。小袖が着物の源流なら、暖かくなっている?でも飢饉で口減らしで戦になったという話も聞くし?小袖が厚くなって刺繍するようになったのかしらん?鎧の下は小袖なのかな?とか、想像が膨らみました。友禅染って簡易版だったのね。現代では豪華の象徴って感じだけど。。。もっと着飾ってもよかったくらいだけど、レポーターとしてはこのくらいかな?普段着のセンスにチェック入れそうになります。NW9のスタイリストさん、流石のセンスでしたね。インドアだし。