歴史秘話ヒストリア

2016年11月07日 (月)

私も、旅に出かけたくなっちゃいました。

 「80日間世界一周」の旅。前編はいかがでしたでしょうか。今週はネリーとエリザベス、手に汗握る2人のレースがいよいよ決着します。

 

hisutoriasekaiissyuu04.jpg

到着時間予想クイズが載っている新聞の実物です

 

 旅にトラブルはつきものですが後半戦も順風満帆とは言えませんでした。異常気象もあだをなし、ネリーとエリザベスにさらなる試練が待ち受けます。そして、勝負はそれぞれの会社を巻き込んだしれつなデッドヒートに。最後の最後まで、どちらが勝つかドキドキしながら見て下さいね。

 

 その一方で、2人がどういう場所で、どういう時間を過ごしたのか。何が2人の旅を充実したものにしていったのかにも、ぜひご注目いただきたいと思います。ハラハラしながらの旅ではありますが、その中でも、船が出るまでの時間に、町を巡って人に会ったり、いろんな物を見たり食べたりという時間がそれぞれの場所であったのです。

 

 2人とも旅行記を残しているのですが、番組中その旅行記からの引用部分がたびたび入ります。すると旅の情景が、ただただせわしなく日程をこなしていたのではなく、とても豊かなものだったことが浮かび上がってきます。この2人の目を通すと、こういう風に世界は輝くんだなと。

 

 世界一周ほどのことはできませんし時代も違っていますが、それでも私もネリーやエリザベスの降り立った地を訪ねてみたいと思いました。ちょっと私も旅にでようかしらと。

 

 でも、よく考えてみたら何もこの2人に限らずとも、旅に出たときに体験する充実感は誰しも経験があるものかもしれません。ただ、2人はそれを書き記すことをしてくれました。そのおかげで文章を通して、知らない時代の知らない土地のことを知ることができる。彼女たちにとったら仕事だったのかもしれませんが、記録を残すことって大事ですね。私は親に「日記をつけなさい」と言われ続けていますが、実は「まだ」なんです。(笑)

 

 さて、「世界一周」の旅はクライマックスです。2人の勝負の行方は?そして、長い長い旅の果てに、彼女たちが手にしたものとは?決着編をお見逃しなく!

 

歴史秘話ヒストリア

「決着!80日間世界一周」

http://www4.nhk.or.jp/historia/

■ コメント(6)
  • さなだ げんじろう

    2016年11月08日 11時28分

    20代女性記者の冒険物語を、あさひさんに感情を込めて読み聞かせてもらい、胸が躍るような気持ちで前編を見ました。あさひさんの優しいナレーションで、すっかり夢の世界に誘い込まれた、45分間でした。そしてもう一つ、エンディング曲の歌詞が、世界一周のストーリーと完璧にリンクしていて、胸に深く染み込んできました。最速世界一周という前人未到の経験をした女性2人が、その後どんな人生を送ったのか気になるので、後編がとても楽しみです!

  • さつきの風

    2016年11月10日 01時03分

    彼女達の旅行は、異文化に触れ、人々に接し、ハラハラ、ドキドキだったのでしょう。競争の結果も知りたいのですが、彼女らの紀行文を読みたくなりました。後半の放送を楽しみにしています。

  • さなだ げんじろう

    2016年11月12日 22時22分

    後編は、船や列車に乗り遅れないか、乗ってから運行に遅れが出ないか、という話ばかりで、前編ほど熱中できませんでした。もう少し、2人が味わった旅の感動や喜びについて、詳しく知りたかったです。
    レースに勝って国民的スターになったネリーよりも、作家になって世界中の国々の文化や歴史を人々に紹介したエリザベスの方に、人間としての魅力を感じました。
    ヒストリアには、歴史的な事件や記録誕生の説明だけでなく、その中で起きた人間ドラマを丁寧に描いてほしいと願っています。

  • ひよこ

    2016年11月13日 10時38分

    あさひさん、こんにちは。
    ニューヨークでのリポートご苦労様でした。
    二人とも旅レースに参加しただけでなく、旅で起きた出来事を記録に残し、その後の人生に役立てていたんですね。記録に残す大切さを改めて学びました。

    今回は、前編後編と分けた放送だったのでドラマのようでワクワクしながら観てました。こういう形の番組構成もよいと思います。
    次回は山形最上ですね。楽しみにしてます(^_^)

  • 匿名

    2016年11月17日 21時20分

    井上さんの案内で観光地を見れたり、歴史を学べたりでとても良いです。今後は、教養ある旅行番組を担当して欲しいです。
    あと、優秀な方でも両親に「日記をつけなさい」と云われるのには、ほっこりしました。

  • ターキー

    2016年12月09日 08時16分

     ネリーさん、レースのこと知ってるのかな?と思ってましたが、やはり途中まで知らされていなかったのですね。追っかけるエリザベスの方が有利だよなと思いつつも、両者ともアクシデントもあったりで、最後までハラハラドキドキ...
     無事ゴールできたこと、この勇敢でタフな2人のガールをたたえたいと思います。勝者はネリーで達成感のある誇らしいものだったでしょうが、エリザベスも旅を楽しんでいましたよね。
     非日常であるからこそ、その人の心に刻まれ人生を豊かにし得るものである旅。皆さんのように僕もまた、旅に出たいなぁと、期待を込めて想ってます!
     スカーフやネイルアートなどがさりげなくお洒落でステキですね。(^o^)