歴史秘話ヒストリア

2016年07月15日 (金)

次回は「大阪万博」です!

 来週のヒストリアのテーマは、世界の称賛を受けて大成功した「大阪万博」の秘話です。1970年日本初の国際博覧会として開催され、世界77か国が参加し6400万人以上が足を運んだとされる「大阪万博」が目指していた“真の成功”とはなんだったのか。その秘話をご案内いたします。

 

P1160106_retouch_logo.jpg

 

 私は、万博を開催している時はまだ生まれていませんでしたが、大阪万博と言えば「太陽の塔」というイメージは幼い頃から持っていました。それだけのインパクトのある姿形ですし、顔のようなものは何だろうか、あれは腕なんだろうか、と興味を持つポイントがいっぱい。きっとわからないなりに、岡本太郎さんが目指した何かが、表現として幼い私にも伝わっていたんだろうなと思います。

 

 異端児とされていた岡本太郎さんが万博のシンボルともいえる太陽の塔の制作に起用されたことも非常に挑戦的なことだと言えますが、大阪万博では当時20代30代だった新進気鋭の若手デザイナーがパビリオンやコンパニオンの制服などのデザインを担当するという挑戦をしていました。事が国際的なイベントですから、任せる側も任される側も究極の冒険です。万博を作った人たちがそれぞれ、任されている以上、その役目を負っている以上、自分が一番いいと思うものを追求し、持てるすべてを出し切って挑戦する。その「気概」が冒険と挑戦を大成功に結びつけたのではないでしょうか。

 

そして、万博大成功の裏には、太陽の塔やさまざまなパビリオンを見て「すごいな」と思うこととは別に、見えることだけじゃない、「何のために万博を開催するのか」という根底にある哲学がありました。万博は、元来国が威信をかけて国力を示すものです。しかし、終戦からわずか25年で開催されたこの万博には、「力を見せつけるだけじゃないものにしよう」「日本にしかできないものにしよう」という「理想」がありました。

 

 そこから生まれたのが「人類の進歩と調和」というテーマです。この中に、世界大戦を経験した世界は今後どうあるべきかという問いに対する、日本ならではの解答があるように感じます。それを象徴しているのが「お祭り広場」の存在です。ここでは、富める国も貧しい国も同じようにそれぞれの伝統的なお祭りを披露することができました。世界から集まった人々が、国籍や人種を越えて手を取り合って踊り、お祭りを共有する。これを日本流の「おもてなし」としたのです。

 

 大阪万博に参加したある方にインタビューすると、お祭り広場での記憶が鮮明に残っていて「あの体験は素晴らしかった」と昨日のことのようにお話しされていました。国家間では超えられないようないろんなこと超えて、手をつないで笑い合ったこと。そういう経験こそが人々の記憶に残っていくんだという事実に感動いたしました。

 

 西欧諸国以外の国で初めて行われた万博を世界の注目を浴びながら大成功させた日本の「気概」と「理想」。2020年に開催される東京オリンピックの成功の鍵は、こうした歴史秘話の中にあるのかもしれません。

 

P1160206_retouch_logo.jpg

 

歴史秘話ヒストリア

1970 熱いぜ!祭りだ!万博だ!

http://www4.nhk.or.jp/historia/

■ コメント(19)
  • たかし

    2016年07月15日 20時58分

    大阪出身で大阪万博の時は小学4年生でした。当時、小学校の3階から太陽の塔が見えました。3階行ってほとんどのパビリオンにはいりました。懐かしいです。今から思うと凄いことやっていたんだと思います」。大変、楽しみにしています。

  • さつきの風

    2016年07月17日 17時38分

    1970年、学生時代。小さなアパートに住み、お金もなく、万博はテレビで見ていました。当時、日本人は薔薇色の未来を夢見ていたのでしょうか。世界一豊かな国を夢見たのでしょうか。

  • はやかぜ

    2016年07月18日 21時23分

    万国博覧会とは、小学校4年生の時代にタイムスリップですね。
    同級生が新幹線に乗って行く時のメモ帳を渡した記憶を鮮明に
    覚えています。
    芸術は爆発だ-
    クレオパトラ。広島では別な番組放送をされ ガックリ ポン。
    地方は政治と一緒で 蚊帳の外。みたいなー。
    今度は見たいなー。

  • ねことにあや

    2016年07月19日 13時48分

    こんにちは☆

    あさひパトラ 拝見いたしました☆
    さすがに女王の衣装もぴったりです☆
    いつか 見つかるといいですね。。

    ぼくは ほんものの あさひ さん を街角で見つけてみたいです☆

    「大阪万博」の秘話。。楽しみです☆

    万博といえば、、現在の万博公園なのですけども、、
    あさひ さん は 現在の万博公園に新しく登場した、、
    日本一高い 観覧車 は お乗りになられましたでしょうか。。??
    大阪のぼくですが、、あのような高いところは苦手で遠慮したいです。。

    コンパニオンと一緒にならんでる あさひ さん の お写真 おもしろいです。
    ユニークな 秘話 になりそうですね。。

    そして、、その当時の 博覧会には 哲学があったのですね。。

    岡本太郎をはじめ、丹下健三、黒川紀章など 巨匠なき 今の時代ですけども、、
    今の時代はさらに進歩したものにしていきたいと、、ぼくも考えます。。。

    ちなみに 東京都知事は 黒川紀章 になってほしかったなあ。。。

  • ひよこ

    2016年07月20日 07時57分

    あさひさん、こんにちは。
    リポートご苦労様です。大阪万博といば、やはり「太陽の塔」にインパクトがあります。開催から既に46年が経つんですね。計画から開催までの秘話を知りたいです。楽しみにしてます(^_^)

  • KATS

    2016年07月21日 14時08分

    あさひパトラなかなか美しかったですよ、井上さんは大阪万博が開催された時、まだお生まれになってないですよね?だからこそ今回のレポートは新鮮だったと思います、私の大阪万博の思い出は、まだ3歳くらいだったので、すごい雷と夕立で怖い思いをしたくらいしか覚えてませんが・・・

  • あらら

    2016年07月22日 11時42分

    月の石目指して延々3時間並びました。
    それでもまだ並び時間としては短かった方。
    太陽の塔の中には入りませんでした。
    そして今となって忘れ去られているのが当時「大阪万博」とは誰も言わなかったこと。
    公式ガイドブックのタイトルは「日本万国博覧会公式ガイド」。
    単に「万博」かその前に地名をつけるなら「日本万博」でした。

  • せ61

    2016年07月23日 00時11分

    歴史秘話ヒストリアは大阪万博の内容もそうですけど、毎回様々な形で歴史を伝えてくれるので、勉強になるのはもちろん、実際にその時代をLIVEで映しているように感じる時もあります。私、個人的には歴史秘話ヒストリアで大昔に起こった大地震の特集をしてほしいかなと思います。人々が大地震とどう向き合ってきたとか今後に役立つヒントがありそうな気がします。

  • 大阪万博が歴史秘話ヒストリアとは(>_<)

    2016年07月23日 06時11分

    大阪万博歴史秘話ヒストリアとは正直ショック(>_

    46年前1970年昭和45年だからしゃあないと言えば、しゃあないのでしょうがリアルタイムで行った者としては大阪万博=歴史上の出来事=ガーンです(>_

    46年前1970年昭和45年大阪万博当時幼稚園年長組で幼稚園から近所のおじさんにも連れて行ってもらい
    4回も大阪万博に行けたことはちょっとした自慢です

    それにしてもあの頃の大阪日本は元気でしたね(>_

  • つぎた いくみ

    2016年07月23日 10時14分

    千里ニュータウンに家を建てて五年目でした。万博開幕の日から親戚知人が泊にきました。ある日買い物帰りの主婦に2.3人に週刊誌の記者がきて万博見物の人達のお宿がなくて困っています皆さんの御家をお宿に提供して貰えませんかと、詰め寄って来ました。所謂民宿ですね。皆で相談して面白そうだねやってみようよと、五軒で始めました。はっきり覚えていませんが、朝食付で500円だったと思います。私は簡単なお弁当を作ってあげました。
    今思えばよくやったなあと思います。
    若かったんだねぇ。当時35歳でした。

  • 土井一夫

    2016年07月24日 10時27分

    大阪万博は3つのパビリオンの施設建設に携わりました。思いで深いのは古河グループの七重の塔です。設計の一部に不具合があり呼び出されて恐る恐る行くと、叱られたあとに最上階に上げてもらいました。建設中の会場が一望です。貴重な体験でした。開催中は安月給だったので入場料が安い夜間に訪れました。大阪市内の自宅まで電車で30分あまりだったので遅くまで見物しました。
    71歳

  • しんちゃん

    2016年07月29日 16時21分

    当時4年生。山陽新幹線がまだ無い時代、山口から寝台じゃない普通列車で翌朝に着き、万博見学してトンボ帰り!今じゃ考えられません。
    現在は奈良在住なので何時でも跡地に行けるのですが、
    先月特別展示展があったので46年振りにあの地に行って来たところでした。
    あの時の記憶が蘇り、感激していたところ、タイムリーなこの放送!
    タイムマシンがあるなら行きたいです。
    この放送に感謝で一杯です。

  • 土井孝司

    2016年07月30日 05時08分

    会場が近いので何回も行きました
    アメリカ館の月の石親に肩車してもらい見ることが出来ました
    いや〜随分と待ちました あと大阪ガス館 ミドリ館 フジパン館
    古河電工館 虹の色のパビリオン何だっけかなぁ?スイス館綺麗でした 迷子になった時は必ずココで待ち合わせ あとダイダラザウルス(ジェットコースター)流石に5号は乗れなかったけど4号まで良く乗ってました3号は人気でした 各パビリオンの記念スタンプを今でも大切に保管してます 未来の塔の話は余り語られていません
    どこの国のパビリオンか忘れてしまいましたが、とても大きなオオカミの剥製、白熊の剥製が印象的 もちろん日本庭園にある日本館も入りました 母校啓光学園高校がイベントに参加して協会委員長より感謝状を先輩達が受け取りました 語り出すとキリがないのでこのへんで…

  • 匿名

    2016年07月31日 12時51分

    今上陛下の生前退位の報道で話題になった最後の上皇、
    光格天皇とはどういう方だったのか。
    興味があります。
    ヒストリアで取り上げて頂ければと思います。

  • 門田順史

    2016年07月31日 18時35分

    万博は家から近かったこともあり、何度も両親に連れて行ってもらった記憶があります。話は脱線しますが両親の話では当方太陽の塔の中でお漏らしをしたことがあったそうです。

  • Waramako

    2016年08月01日 22時55分

    ブログは内容を書きすぎです。作品は作品として語るべきでガイドは控えないと。しかし番組はいいレポートでした。戦後謝罪はいまだに問題になりますが、当時の日本人の世界と平和への熱い思いがジリジリ伝わってきます。今に続く歴史、いいじゃないですか!まだぎこちないけど、楽しんで作ってね。

  • 福田俊彦

    2016年08月02日 17時45分

    コニャニャチワ~(笑)。次回は一月後ですと?ああ、そう言えばいよいよ始まるからね?リオ五輪が…。ところで、前回の追伸な~のだ。あの後暫くしてから「into the world」のカラオケ風歌詞サイトを偶然にも発見し、気合いで書き写しに成功!これで練習に臨む事が出来る。ありがとう!

  • ひよこ

    2016年08月06日 12時21分

    あさひさん、こんにちは。
    パビリオンのガイドご苦労様でした。
    小芝居面白かったです。

    東京ドームはアメリカ館のエアドーム構造をモデルに造られたんですね。何か歴史を感じました。
    大阪万博の会場は現在の万博記念公園ですね。まだ行ったことがないので、行ってみようかと思います。46年前に開催された会場を観たくなりました。

    次回放送も楽しみにしてます(^_^)

  • こいけ

    2016年10月18日 11時34分

    こんにちは。大阪万博の当時、4歳だった私ですが、茨木に住んでいた事もあり、何度か連れて行ってもらいました。像に乗った様な記憶が私にはあるのですが、思い違いでしょうか?親に聞いてもそんなはずないと言われます。この記憶が正しいのか曖昧なのでどなたか像に乗られた方がいらっしゃれば、なんて思い投稿させて頂きました。