歴史秘話ヒストリア

2016年07月01日 (金)

"天空の城"備中松山城

 皆様、私と「はに丸」くんのコラボレーション、ご覧いただけましたか。大好きな「はに丸」くんに会えて、本当に興奮してしまいました。

 

 さて、来週お送りいたしますのは、“天空の城”岡山県は備中松山城。大河ドラマ「真田丸」のオープニング映像でも登場する、知る人ぞ知る国の重要文化財の名城です。

 

bittyuuumatuyamajou_logo.jpg

 

 竹田城跡、越前大野城など、全国各地にあるいわゆる“天空の城”。その中で唯一、江戸時代の天守が残っているのが備中松山城なんです。この城がなぜ今日まで生き延びてきたのか。興味が沸きますよね。

 

 私が備中松山城を訪ねた時は雨が降ってましたが、上から見ると山頂部分を残してまさに雲の中でした。まるで雲の上に浮かんでいるみたいで、備中松山城の“天空の城”としての姿を運良く見ることができました。

 

 お城までは険しい山道を登って行くんですが、本当によくこんなところにお城を建てられたものだと思いました。一体どれほどの労力をかけて建てられたお城なんだろうかと。城を攻める側を途中でくじけさせる天然の要塞としての実力を思い知りました。

 

 その攻略の難しさが、備中松山城が生き残った要因のひとつでもあります。江戸時代の太平の世に城が欲しかったお殿様が、壊れかけた備中松山城を壊さずに再建することにしたのは、地理的に廃城にしにくかったからとも言われているそうです。この時の大改修で誕生したのが現在まで守りつがれてきた天守です。

 

 時はすぎ、明治の廃城令以来、放置され荒れ放題となっていた備中松山城を再建させたのは、戦前の若者たちでした。当時、学生たちがふもとから歩いて、重い瓦を運んだといいます。その数なんと2万枚。こうした地元の人々の思いが、天空の城を現在まで存続させたのです。

 

 今回、地元のガイドの方などにインタビューさせていただきましたが、皆様に「頑張ってね」と逆に勇気づけていただきました。熊本城を訪ねた時にも感じましたが、地元の方の愛着というか城を愛する心は強いですね。備中松山城を守り支えている皆様を少し羨ましいとさえ思いました。

 

 番組では、山城ならではの魅力を探るとともに、築城時の苦労話や、廃城の危機を救った学生たちの奮闘など、備中松山城の秘話に迫ります。“天空の城”の素晴らしい絶景はぜひ番組でご覧下さい。

 

歴史秘話ヒストリア

7月8日「そうだ!天空の城に行こう」

http://www4.nhk.or.jp/historia/

■ コメント(12)
  • たなまり。

    2016年07月02日 13時13分

    こんにちは。いつも興味深い内容で中3の息子と二人で楽しんで観ております。
    古墳の回では最大の古墳として、仁徳天皇陵と紹介されていましたが、息子の話では大仙古墳と習ったとのことです。社会の先生によると、昔から仁徳天皇陵として扱われていたけれど、最近になって、本当に仁徳天皇のお墓かどうかがハッキリしないということから大仙古墳と紹介している教科書が多いとのこと…
    歴史は変わるんですねえ。
    その前の新撰組の回は、切なすぎて途中から涙があふれて見れなくなってしまいました。
    仲間たちがそれぞれの信じるところへ、進むべき道が違ってくる葛藤がよく描かれていたと思います。
    実は私は子どもの頃から社会、特に歴史が嫌いで、内容や年代が覚えられなくて苦しんだ思いばかりが思い出されます。
    でもおばちゃんになった今、この番組を知って見るようになってから、本当に歴史が面白いと感じるようになりました。
    今からでも遅くないのでまた少しずつでも勉強してみようと思います。
    これからも楽しく充実した内容で放送を続けてくださいね。

    (先日雅楽を演奏会を見ました。それぞれの音色にとても感動しました。もしよろしければ雅楽器や雅楽の歴史について、放送で取り上げて欲しいです。)

  • サワ

    2016年07月02日 16時58分

    私は高梁出身です。この番組で備中松山城を取り上げて頂いて、本当に嬉しいです。
    荒廃したお城の再建に学生や子供達も活躍したことは、実際に参加した経験のある小学校の先生から子供の頃よく聞きました。
    今回その写真を予告編で見て、今までの私の想像とピタリと重なって感慨深いものがありました。
    子供の頃からことあるごとにお城山(備中松山城)に登る高梁市民にとって、備中松山城は無くてはならないものです。
    放送をきっかけに、より多くの方が訪ねて来てくださることを願っています。

    ところで、高梁歴史美術館所蔵の板倉勝重の甲冑ですが、あまりにも奇抜なデザインでずっと気になっています。
    何をどう考えてこんなデザインになったのか?
    甲冑の不思議なデザインの謎を、番組で解き明かして下さると嬉しいです。

  • KAKUSHIN597

    2016年07月04日 04時23分

    歴史は、それを超越するための検討資料にして、それに習うもまた、社会発展のための一要素ではありますね。

  • さつきの風

    2016年07月04日 20時46分

    熊本城もそうでしたが、現在残されている城には、各々、残された経緯があると思います。それぞれの城は故郷の誉れになっています。どんな隠された物語があるのでしょか。楽しみです。観光資源として、保存だけでなく、開発、発展されることを祈っています。江戸っ子としては、オリンピックより江戸城がほしいものです。

  • ねことにあや

    2016年07月05日 14時22分

    こんにちは☆

    あさひ さんと「はに丸」くんのコラボレーション かわいかったです☆

    「はに丸」くん から「 あさ ちゃん 」 と 呼ばれていましたね。。
    ちなみに あさひ さん は 親しいご家族やご友人から 
    あさちゃん と 呼ばれているのですか。。??

    ちなみに 
    古墳の中にある部屋の模型のなかで横たわる あさひ さん は ヨガをやってるみたいでしたよ。。

    笑いあり、感動あり、恋愛あり?? 映画の物語りのような 秘話。。おもしろかったです☆

    “天空の城”岡山県は備中松山城。

    大河ドラマ「真田丸」のオープニング映像のお城だったのですね。。

    あさひ さん は 岡山県玉野市 出身なのですね。。。

    こんな素晴らしい お城 があるなんて、、
    岡山の人として、、ほこらしいことですね☆

    素敵な お城 “天空の城”岡山県は備中松山城。
    あさひ さん の ひもとく 秘話。

    楽しみにしています☆

  • ひよこ

    2016年07月06日 07時45分

    あさひさん、こんにちは。
    備中松山城のリポートご苦労様です。
    天空の城を再建させるために、若者たちが行動した秘話を楽しみにしてます(^_^)

  • 巧の家の家主

    2016年07月08日 10時36分

    こんにちは。今夜の放送「天空の城」楽しみにしています。私は備中松山城の下、元備中松山藩の家老屋敷跡が実家で高校時代まで住んでいました。小さなお城のような形をした二階家なので、お城めぐりの観光客の方が、よく写真を撮っています。私たちにとって松山城は犬の散歩の場所であり、高校の時には昼休みや放課後に意味もなく登ったものです。中には煙草を吸うために登るやつもいましたが.....。最近一気に有名になり、観光バスもずいぶん目立ちます。でもお城だけ見てまた次の観光地に行くことが多く、せっかくの城下町の街並みも歩いている方はまばらです。備中松山城に来られた方、是非城下町のほうも巡ってください。

  • 小林圭子

    2016年07月08日 20時20分

    毎回篠原さんのデザインが楽しみです 天空の城のかいでわ
    夏らしく ドレープが素敵 女王様のようです 本当に素敵です

  • 山口裕明

    2016年07月08日 20時55分

    最近の歴史秘話ヒストリアはコメディタッチなっています。なんか軽いですね。

  • ふみふみ

    2016年07月08日 23時56分

    お殿様役のヤサグレた演技がすごく面白かったです。
    何という俳優さんだろうと見たら、お笑いタレントの大悟さんだったんですね、なかなかな役者だと思いました。
    前半はヤサグレ殿様に興味をそそられ、
    後半は城を復活させた市民の力に思いをはせ
     「行ってみたいなぁ。。。。」と充実した試聴でした

  • くらら

    2016年07月09日 17時15分

    久し振りにヒストリアを観ました。
    あさひさんに変わられてたのも知りませんでした。
    以前はちょっと眠くなったのですが、今回はとてもおもしろかったしよくわかりました。
    岡山出身なので、岡山弁を使っているのが本当ぽくてよかったです。
    千鳥の大吾さんも親近感があってよかったし、番組にひきつけられました。
    これからも、観ようと思いました。
    頑張ってください。

  • ひよこ

    2016年07月14日 07時42分

    あさひさん、こんにちは。
    雨の中、リポートご苦労様でした。
    天空の城の再建に立ち上がったのは中学生たちだったんですね。2万枚の瓦を山まで運ぶとは凄いですね。歴史を感じさせます。雲海に聳え立つ備中松山城に行きたくなりました。
    さて、次回は「あさひパトラ」ですね。放送を楽しみにしてます(^_^)