ごごナマ

2017年09月07日 (木)

蔵元おすすめの酢飯レシピをご紹介!!

9/8放送 ごごナマ・おいしい金曜日より

本日の特集は「お酢」!!

伝統的な作り方を続けている純米酢の蔵元に、家庭で「お寿司」を楽しむコツを教えてもらいました♪

 まず、酢飯を作るときの大切なポイント!

【ポイント1】 お米は古米を使う!!! 新米は水分・粘り気が多いため、酢飯には向かないそうです。

【ポイント2】 ご飯を炊くときの水加減は少なめに!寿司酢をしっかり吸収するので、おいしく仕上がります。

 

伝統的な「バラ寿司」の酢飯レシピ

gogonama170908_barazusi.png

米1合(180mlカップ) に対して ・純米酢25ml ・砂糖 小さじ2~3 ・塩小さじ1/2 

炊き立てのご飯に、上記の「純米酢・砂糖・塩」をよく混ぜた寿司酢をかけて、よく混ぜます。

寿司酢がご飯のすみずみまで、まんべんなくゆき渡ってから、団扇であおいで冷まします。

バラ寿司は「作り置き」して食べます。すし酢に砂糖を入れることで保水力があがるので、冷めてもおいしい酢飯になります。

 

手巻き寿司にピッタリ!「作ってすぐに食べられる」酢飯レシピ ♪

米1合(180mlカップ) に対して ・純米酢30ml ・うす口しょうゆ10ml 

手巻き寿司や海鮮丼などは、ほんのり温かい「作りたての酢飯」を使うと、おいしさがアップ!超おいしくいただけます!

寿司酢に砂糖を使わずに、「うす口しょうゆ」と「純米酢」のうまみだけで仕上げるレシピ!蔵元のおススメ酢飯レシピです。

うまみがたっぷりな最高級の純米酢を使った場合のレシピですので、一般的な純米酢を使う場合は、うす口しょうゆの量を増やして加減してみてください。   

 

純米酢とは、米だけを原料として作られるお酢のこと。中継に登場した蔵元では、「米」→「酒」→「酢」と手作りしていく工程は、米作りから初めて2年以上の時間と手間をかけて完成するそうです!

 

さらに!蔵元のおススメ絶品料理が・・・なんと、

gogonama170908_itarian.png

「イタリアン手巻き寿司」

アジのマリネ、おくらのジェノベーゼソースあえ、など、イタリアンの惣菜を具にして、手巻き寿司を楽しもう!というアイディアです。

砂糖を入れない酢飯は、西洋料理との相性もバッチリ!!

イタリア惣菜は作り置きしておくことができますし、持ち寄ってもいいですよね。

みんなが集まったら、目の前で、炊き立てのご飯で酢飯を作って、盛り上がりましょう!

 

みなさんもこの週末は酢飯料理を作って手巻き寿司パーティーをやってみてはいかがでしょうか?♪

 

ごごナマ金曜2時台ではとっておきの週末の過ごし方をこれからもたくさん紹介していきます!

大阪発ごごナマホームページも見てくださいね!

お便りもお待ちしておりまーす♪