えりの気象日記

2019年01月10日 (木)

10日朝は今シーズン一番の寒さ 11日は寒さが緩みそう

9日夜は一段と冷え込みました。10日朝にかけて広く0度を下回りました。多くのところで今シーズン一番寒い朝となりました。大津や奈良、京都は0度を下回り、冬日となりました。

eri2019011001.jpg

きょう10日は河内長野市の花の文化園に行ってきました。植木鉢の土の中の水分が凍って、霜柱が出来ていました。小さいころ、学校に行く途中などに、踏んで遊んでいたのを思い出します。さくさくして気持ちいいんですよね。

eri2019011002.jpg

こちらも「シモバシラ」です。今は枯れた茎だけが残るこのシソ科の植物。シモバシラという名前です。その周りには氷がついています。茎の裂け目から出た水分が凍ったもので、氷が霜柱に見えることが名前の由来だそうです。寒いのはつらいですが、寒さが作る芸術もあると思うと、耐えられる気がしました。シモバシラ以外にも、このように氷の花が咲く植物があるそうです。寒い日に探すと見つかるかもしれませんよ。私は去年、金剛山でも見ました!

eri2019011003.jpg

あす11日は寒さは緩みそうです。日中はきょうよりも気温が上がり、10度を超えるところが多いでしょう。近畿中部や南部では晴れて日ざしにほっとできそうです。

eri2019011004.jpg

あさって12日は近畿南部を中心に天気が崩れそうです。日本の南の海上を前線を伴った低気圧が進みます。近畿地方から比較的離れたところを進むため、影響は限られた範囲になりそうですが、近畿南部では影響を受けそうです。雪が降るには気温が高いため、降っても雨となりそうです。

eri2019011005.jpg

※予報は10日午後7時現在のものです


sakashita_2.jpg

気象予報士 坂下 恵理(さかした えり)
 


banner_link_8_3.jpg
ニュースほっと関西 ホームページ

関西 NEWS WEB

 

えりの気象日記

もっと見る

ほっと関西ブログ

もっと見る

ニュースほっと関西 特集・リポート

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る