えりの気象日記

2018年08月16日 (木)

16日夜は少しだけしのぎやすく 17日は天気回復

近畿地方では雨は16日夜いっぱい降る見込みですが、前線の通過後となるあす17日の日中は天気が回復するでしょう。晴れ間が戻りそうです。

2018081601.jpg

きょう16日、雨を降らせたのは前線です。あすにかけて近畿地方を通過し、南へと下がります。前線は空気と空気の境目に発生し、南側は熱い空気に覆われています。近畿地方はこの熱い空気によって、きょうも多くのところで30度を超えていました。また、湿度が高めだったため蒸し暑くなりました。

2018081602.jpg

あすにかけて空気が入れ替わります。近畿地方にも比較的涼しい空気が流れ込んできそうです。そのため、今夜はここ最近では寝やすい夜になりそうです。

2018081603.jpg

大阪ではきょうまで8日間連続で最低気温が25度を下回っていませんでした。あす朝は久々に24度くらいまで下がりそうです。また、あさっての最低気温は22度の予想です。ようやく寝苦しさから解放されそうです。

2018081604.jpg

日中はきょうと同じくらいで30度を超えるところが多いですが、湿度が下がるため、からっとした暑さになりそうです。日陰に入ると暑さをしのげそうです。

2018081605.jpg

さて、きょうも台風が発生しました。12日日曜日に発生した台風15号から、きょう発生した19号まで5日連続で、これは観測史上初めてのことです。その台風19号は今後、北上する見込みです。5日先の予報円には近畿地方も含まれています。近畿地方は来週は台風の影響を受けることになりそうです。

2018081606.jpg

台風の動きしだいでは受ける影響が大きくなります。それを左右するのが太平洋高気圧の張り出しです。19日日曜日は太平洋高気圧に東日本から西日本にかけてすっぽりと覆われます。

2018081607.jpg

ところが、台風の北上とともに、太平洋高気圧の中心が次第に東へと移ります。台風は太平洋高気圧の縁を進む見込みです。近畿地方では来週21日火曜日ごろから太平洋側を中心に荒れた天気になる見込みです。太平洋高気圧の位置によって、近畿地方に近いところを進み、大荒れの天気となるおそれがあります。今後の情報に注意してください。

2018081608.jpg

※予報は16日午後7時現在のものです


eri_blog_article.png

気象予報士 坂下 恵理(さかした えり)
出身地:茨城県日立市
趣味:ヨガ、ランニング、バッティング

 


banner_link_8_3.jpg
ニュースほっと関西 ホームページ

関西 NEWS WEB

えりの気象日記

もっと見る

ほっと関西ブログ

もっと見る

ニュースほっと関西 特集・リポート

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る