えりの気象日記

2018年08月01日 (水)

猛烈な暑さ続く 夕立注意!

猛烈な暑さが続いた7月。各地の35度以上の猛暑日の日数です。最も多かったのは京都で16日、次いで奈良と大阪は14日ありました。彦根は、これまでの年間の猛暑日の日数と比べても、7月だけで、すでに統計開始以来2番目の多さとなっています。神戸や奈良もそれぞれ9番目と10番目。本来はこれからが一年で最も暑い時期です。さらに猛暑日の数は増えることになりそうです。

2018080101.jpg

8月の始まりのきょう1日も各地で気温が上がりました。特に日本海側を中心に体温以上の暑さとなりました。近畿地方で最も高い気温を観測したのは舞鶴市で38度6分でした。

2018080102.jpg

また気温が上がったことにより、午後は大気の状態が不安定になり、奈良や和歌山の山沿いで雨雲が発生、発達しました。山は、湿った空気が強制的に上昇させられるため、雨雲がわきやすくなります。夏休みで山に行かれる方も多いと思いますが、注意してください。

2018080103.jpg

あす2日は奈良や和歌山の山沿いだけでなく、兵庫や京都の山沿いでも雨雲がわきそうです。

2018080104.jpg

その雨雲が流れ込んで、平地でもざっと雨が降ることがあるかもしれません。天気の急変にご注意ください。

2018080105.jpg

そしてあすもきょうと同じくらいの暑さになります。京都は38度、豊岡や舞鶴、奈良は37度くらいまで上がる見込みです。熱中症には引き続き注意してください。

2018080106.jpg

きょうは全国各地から100種類以上ものアイスクリームを集めた「アイスクリーム万博」の話題がありましたが、連日の暑さを乗り切るうえで、冷たいかき氷も魅力です。最近は専門店も多く、まわるのも楽しいですね。この夏はあと何杯のかき氷を食べることになるかな…。

2018080107.jpg

※予報は1日午後7時現在のものです


eri_blog_article.png

気象予報士 坂下 恵理(さかした えり)
出身地:茨城県日立市
趣味:ヨガ、ランニング、バッティング

 


banner_link_8_3.jpg
ニュースほっと関西 ホームページ

関西 NEWS WEB

えりの気象日記

もっと見る

ほっと関西ブログ

もっと見る

ニュースほっと関西 特集・リポート

もっと見る

関西 NEWS WEB

もっと見る