えぇトコ

2024年01月11日 (木)

【行き先情報】新たな風吹く!"とかいなか"でセカンドライフ ~大阪 高槻市~

eetoko_240111_2S2.jpg

今回は、都会でありながら豊かな自然に恵まれた「とかいなか」を巡る旅。ふるさとで栽培に挑戦する激辛トウガラシ。六姉妹が守る母の味に、とれたて野菜の極上里山スイーツ。実りが満ちるふるさとで、新たな一歩を踏み出した人たちのセカンドライフに出会いました。

旅人:つるの剛士さん & 藤原紀香さん

 

①キャロライナ・リーパー

saizu_eetoko_240111kyaroraina.png

高槻駅からバスに揺られること30分。市の北部、樫田地区で、世界一辛いトウガラシとしてギネス世界記録に認定されていた「キャロライナ・リーパー」を見つけました。辛いのにクセになる、キャロライナ・リーパーは、食べ物の味を際立たせてくれるのだそう。

【番組で紹介した「キャロライナ・リーパー」が購入できる店】
ORGANIC FARMS HARA
電話:090-5652-1633
年中無休
※「ORGANIC FARMS HARA」のオンラインショップで購入することができます

 

②六姉妹食堂

saizu_eetoko_240111satoyamaryori.png

実家の建物で六姉妹が営む里山食堂を訪ねました。ほかほかのかまどご飯に鶏のすき焼き、自然の甘さが際立つサツマイモのいしがきだんご、どれも母が作ってくれた昔ながらの家庭料理です。就職や結婚ではなればなれになった六姉妹が再集結したのは、母と近所の人がくつろいで食事ができる場所を作りたいという思いからでした。六姉妹が守る母の味をいただきました。

【番組で紹介した「かまどごはん」が食べられる店】
かごや
住所:〒569-1051 大阪府高槻市原1457
電話:072-687-3422
営業時間:8:00?16:00
定休日:月曜日・火曜日・水曜日・木曜日・金曜日
アクセス:高槻市営バス・原大橋 下車 徒歩5分

                           

③どぶろく

saizu_eetoko_240111doburoku2.png

清らかな水が溢れる里で見つけたどぶろく醸造所。大阪府で唯一どぶろくの生産が認められている地域で、目の前に広がる田んぼでとれたお米を使って酒づくりが行われています。里山の恵みに元気をもらいました。

【番組で紹介した「どぶろく」が購入できる直売所】
(株)高槻酒文化研究所
取扱店(代表):西田本店
住所:〒569-1123 大阪府高槻市芥川町3丁目9−14
電話:072-685-0200
営業時間:9:00?18:00
定休日:日曜日
※1月1?5日は正月休み、8月14?16日はお盆休み
アクセス:JR高槻駅 徒歩10分

 

④山小屋カフェ

saizu_eetoko_240111moricafe.png

木の温もりを感じる里山のカフェでいただいたのは、九条ネギを生地の中に練り込んだ二度焼きのお菓子「ビスコッティ」。塩味があり、お酒のおつまみにもぴったりのお菓子です。併せていただいたのは、レモンバームやラベンダー、ポットマリーゴールドなど、5種類のハーブが香るハーブティー。疲れをとる効果やリラックス効果もあるそうです。里山生まれのお菓子とあたたかい空間に癒やされました。

【番組で紹介した「ビスコッティ」が食べられる店】
お菓子と森のカフェ foret(フォレ)
住所:〒569-1002 大阪府高槻市田能的谷2
電話:072-669-7508
営業時間:10:00?17:00
ランチタイム:11:00?14:00
定休日:月曜日・火曜日(祝日の場合は営業)
アクセス:高槻市営バス・高槻森林観光センター 下車 徒歩1分
駐車場あり

 

⑤陶芸

saizu_eetoko_240111togei.png

築100年以上の古民家で陶芸に勤しむ夫婦に出会いました。今では珍しくなった足で回す「蹴ろくろ」で器を作っています。焼き物の修業をしていた2人は沖縄で出会い、結婚。ふるさとの高槻で、地元の素材を使った満足いく器を作りたいと、13年前にセカンドライフを始めました。目指しているのは「使い勝手の良い、健やかな、威張ってない焼き物」。高槻の土と豊かな環境が生む、この土地ならではの器です。

【番組で紹介した「器」について】
中ノ畑窯
出店の情報は「中ノ畑窯」のインスタグラム「@nakanohatagama.s」をご確認ください
※陶芸の体験は行っておりません

 

「えぇトコ」番組ホームページはこちら
次回の放送もお楽しみに!

えぇトコ

もっと見る