えぇトコ

2019年03月15日 (金)

<総集編>週末大冒険!ふるさとに光る宝 

さあ、今年も春がやってきます。旅を通してたくさんの人に出会い、新しい発見やステキな経験をし、旅人の心を数多く動かしてきました。海や山、町の暮らしとともに四季の彩りを味わいながら各地を旅してきたえぇトコ旅を総集編としてお届けします♪

                                                    

awabi.jpg

①アワビ

志摩半島の最東端に位置する国崎で獲れるアワビ。国崎ブランドとして市場でも認められており、約2000年前から獲り続けてきた国崎自慢のアワビです♪ そんな貴重なアワビを獲るのは、平均年齢70歳以上の13人の現役の海女さんです。アワビは伊勢神宮にも献上されているほか、妊婦さんが食べると目のきれいな子どもが生まれてくるという言い伝えがあるというほど...。2000年変わらず、大切に守り継いできた海の暮らしに出会いました。

 

                          

 ◆2018年7月20日放送 「夏!御食国でみつけた宝物 ~福井・若狭~」より

heshiko.jpg

②タコ・へしこ

目に眩しいほどの青と緑が出迎える福井県小浜市で見つけたのは、夏の時期、一番美味しいと言われる「タコ」。活きの良いタコを使った天ぷらやお刺身、タコ飯といった心温まる絶品料理をご自宅でごちそうになりました♪

さらに鯖を糠で1年以上漬け込んだ若狭伝統の保存食「へしこ」。美味しい鯖をさらに美味しく長く食べるための先人の知恵が今も受け継がれています。

 

                                 

◆2018年8月31日放送 「癒やしのパワースポット 命の水 湧く山里 ~京都・洛北~」より

eetoko_180831semitataki.jpg

③ジビエ

四方を山に囲まれた百井と呼ばれる、知る人ぞ知る山里で82歳の現役ベテラン猟師さんに出会いました!12匹の猟犬と共に山に分け入り今は畑などを荒らすイノシシやシカを追っています。猟師だからこそ分かる命の尊さ、大切さを誰よりも理解して仕留めます。奪った命への感謝を決して忘れない!そのことを肝に銘じて暮らしています。

 

                  

◆2018年11月16日放送 「愛を再発見!幸いっぱい夫婦旅 ~奈良・奥大和~」より

gogonama_181116kuroedamame2.jpg

④黒枝豆

華やかに光る秋の実りを探しに曽爾にやってきました。そこで見つけたのは、夫婦共同で作る自慢の黒豆。秋の時期、10日間だけは枝豆として食べられるそうで、築300年以上の重要文化財のご自宅のかまどで湯がいていただきました。実が大きいのが特徴的でとても甘く旅人の手も止まりません!美味しい枝豆を作るご夫婦に夫婦円満の秘訣を教わりました。それはズバリ「農業をすること」。我が子のように手をかけ、大地の実りを育てることで夫婦の愛もより一層深まるといいます。

 

 

◆2018年12月7日放送 「ああ!美食半島 冬景色 ~京都・丹後~」より

eetoko_181207mondori.jpg

⑤もんどり

つづいてやってきたのは、京都・伊根。湾を埋め尽くす200軒以上の舟屋が目の前に広がります。舟屋は家の一階が海に向かって開け放たれ船を出し入れできる昔から伝わる伊根ならではの家の仕組みです♪ 自宅の舟屋で獲れたばかりの新鮮な魚をさばいていただきお刺身としていただきました。旅人はあまりのおいしさに思わず歌を歌いたくなるほど陽気な気分へと変えました。工夫と知恵が詰まった伝統ある舟屋に出会いました!

                       

 

◆2019年1月25日放送 「母に学ぶ 吹雪の女子旅 ~石川・奥能登~」より

eetoko_190225iwanori.jpg

⑥岩のり

厳しい冬の能登半島見つけたのは、冬の間だけ収穫される天然の岩のり。岩場で押し寄せる荒波に足を取られないように、危険と隣り合わせでひとつひとつ手作業で採ります。岩のりの収穫量は少なく、大変貴重な海藻です。採った岩のりは竹で編んだすのこで乾燥させたのち、瓶を転がし砂などを取り除いていきます。細かい作業と手間をかけ、最高においしく仕上げるのです。

厳しい自然と向き合い80年以上、肩を寄せ合って手を動かしてきた素敵な母ちゃんたちに出会いました♪

 

 

えぇトコHPはこちら!

次回の放送は4月5日(金)午後8:00~ 泉ピン子さんと南果歩さんが春の京都へ旅に出ます♪

えぇトコ

もっと見る