えぇトコ

2017年10月03日 (火)

かやぶきの里に秋が来た ~京都・美山~

eetoko171007_itokoni.jpg

 佐々里集落という場所で「いとこ煮」として食べられるサツマイモ料理。

硬いサツマイモを先に‘おいおい’炊いて、次に軟らかい小豆を‘めいめい’炊くことから甥(おい)と姪(めい)はいとこなのでその名がついたのだそう。

素材の味をそのまま楽しむことができる甘い伝統料理です。

 

 

eetoko171007_hasi.jpg

 様々な木の品が並ぶお店で、自然木の魅力が発揮された「木の箸」に出会いました。

一つ一つ違う木目を生かして作られる木の箸は二つとないオンリーワンの一品です。

様々な木目の中から箸にしたときに丈夫で最高に美しくなる部分で作られます。

とっておきの秋の実りを味わうのにぴったりな匠の作品です。

 

 

eetoko171007_kayabuki.jpg

 昔ながらの茅葺の民家が残る里として知られる美山町。

茅屋根は肥料をやらなくても自生するという最高の自然素材であるススキを使用し、断熱材にもなり湿度の管理にも適し、雨でも雨音がしないので家の中は快適に暮らせるという良さがあります。

先人の知恵によって活用されてきた茅葺の屋根は今も人々の心を暖め続けています。

 

 

他にも、落ちアユや鳥すきなどおいしい秋の味覚もたくさん登場します!!

 

お店情報等、詳しい情報ページはこちら

10月7日アンコール放送 

えぇトコ「かやぶきの里に秋が来た ~京都・美山~ 」(初回2016年10月8日)より

さらに、おいしい情報は10月7日(土)の放送をお楽しみください♪

えぇトコ

もっと見る