えぇトコ

2017年09月16日 (土)

これぞ愛!夫婦で育む山の宝 ~兵庫・香美町~

eetoko170916_01_2S.jpg

今回の舞台は兵庫県の香美町。山里には、夫婦の愛が生むとびきりのウマイものがいっぱい。ごちそうに舌鼓、夫婦の歴史に涙、さわやかな風が心地よい初秋の旅です。

旅人:藤岡弘、さん & 早見優さん

 

旅した場所♪

eetoko170916_map.jpg

 

 

①但馬牛

eetoko170916_03_tajimagyu.jpg

最高の牛といわれる但馬牛を育てるご夫婦と出会います。
ご主人の夢は、誰にも負けないくらい多くの、しかも最高の肉質の牛を育てるということでした。この夢をかなえられたのは、奥さんのおかげだと、ご主人はいいます。夫婦で力を合わせて、初めたった12頭だった牛は、今では800頭になりました。
「いい牛になりますように。」夫婦の思いがいっぱい詰まった但馬牛は、故郷の宝です。

 

 

②燻製

eetoko170916_07_kunnsei.jpg

ハチ北高原のそばに開けた福岡の里では、但馬牛をつかった燻製のソーセージを作る工房があります。
ご主人が作る但馬牛のソーセージは、山で採れたシイタケを入れることで旨みを引き立たせています。燻製を作るのに欠かせない存在は奥さん。ずっとご主人を一途に支え続けてきました。どんなに苦しい時でも奥さんの言葉があったからこそ今があるとご主人は言います。おいしさの秘密はともに苦労を越えてきた夫婦の愛情です。

【燻製ソーセージを購入できる店】
香味煙(こうみえん)
住所:667-1334 兵庫県美方郡香美町村岡区福岡569-4
電話:0796-96-0069
営業時間:8:00~18:00

③夏野菜

eetoko170916_05_natuyasai.jpg

新屋の里の高台にポツンとある一軒家。ここで暮らすお母さんと出会います。
ジャガイモやナスビ、お母さんが作る野菜は温かくてどこか懐かしい味がします。今は亡きお母さんの父親が作り上げた棚田を守っています。そんな頑張り屋なお母さんをずっと寄り添い支えたご主人、一緒に棚田を耕してきました。山の中、きれいに広がる棚田には夫婦の愛がたっぷり詰まっています。

 

 

 

④吉滝

eetoko170916_06_yositaki.jpg

豊かな但馬の森にひっそりと佇む、吉滝。
別名、裏見の滝と呼ばれ、この地の人たちは豊かな水と山に敬意を忘れず暮らしてきました。

 

 

 

⑤柤岡キュウリ・高原ピザ

eetoko170916_02_piza.jpg

斜面に家々が建ち並ぶ天空の里、柤岡。

ここのキュウリはなんといってもその大きさに驚きます。長さはおよそ30㎝、この地でしか実らないそうです。
柤岡で出会った笑顔が素敵なお母さんは、関東から柤岡に嫁ぎ、豊かな自然に魅せられました。お母さんの息子さんはピザ職人。息子さんが作るピザには柤岡の野菜がいっぱい。豊かな自然が家族の笑顔を作ります。

【ピザが食べられるお店】
NATURAL KITCHEN jINEN AN
(ナチュラルキッチン ジネンアン)
住所:〒667-1354 兵庫県美方郡香美町村岡区柤岡632
電話:080-3206-5033
営業日:土・日・月・火
営業時間:11:30~15:00(要予約)
※売り切れ次第終了

 

 

⑥小豆飯

eetoko170916_04_azukimesi.jpg

但馬の和佐父の里をこよなく愛するご夫婦がいます。お二人はなんと91歳!
今でも2人で畑仕事をしています。

お父さん自慢の食材、小豆を使った小豆飯は、昔からお客さんをもてなす時に作られてきた伝統の料理。結婚70年という長い年月、ご主人は今まで黙ってついてきてくれた奥さんのために、世界各国を2人で旅行するようになり、アルバムには夫婦の思い出がたくさん詰まっています。90年の間、支えあってきた夫婦は何よりも固い絆で結ばれています。

 

 

 

担当日記

今回のえぇトコは但馬地方の山里が舞台です。
視界一杯の大自然の中、涼しい風が吹き渡り、藤岡弘、さんと早見優さんも素敵な景色に目を輝かせておられました。
しかしそんな里も、冬は雪に閉ざされてしまうのだそうです。関西きっての豪雪地帯、冬、男たちは仕事を求めて故郷を離れ、蔵男として酒造りに出たと言います。
厳しい環境の中では、人は一人では生きていけません。そんなときに頼りになるのが、一生のパートナーである互いの伴侶です。
厳しいが豊かな恵みをくれる故郷を愛し、だからこそそこに迎えた奥さんと共に精一杯その恵みを享受して生きる。但馬の山にはそんな素敵なご夫婦がたくさんいらっしゃいました。
小代地区の棚田で出会ったお母さん、田野さんは、野中の一軒家という言葉がぴったりな大自然の中で棚田を守っています。20歳年上の「お父ちゃん」と呼んで慕うご主人と共に40年ひたすら手を動かしてこられました。「お父ちゃんとじゃなかったらここまで来れなかった」と田野さんは言います。
何も言わず黙々と仕事をしながらも時折互いを見つめる優しいまなざしを見て、苦楽を共にするとはこういうことなのか、と思いました。
何十年も積み重ねてきた夫婦の歴史をすべて窺い知ることは他者にはできません。
しかしそこに、間違いなく深い愛情があることは、彼らが作り出す抜群の旨いものが証明しています。
故郷を愛し、妻を愛し、夫を愛し抜く気持ちから生まれる但馬の美味。
それを味わいに行くために旅する価値のあるところです。

 担当 吉村

 

 

「えぇトコ」番組ホームページはこちら

次回もお楽しみに!

 

えぇトコ

もっと見る

●コリアタウン

 通りには120店舗以上のお店が並び、年間100万人以上が訪れ週末になるとお祭りのように人で賑わっています。キムチやトッポギなどはもちろんですが近年はKPOPアーティストのグッズ販売のお店や韓国コスメを扱ったお店も増え若い世代にも人気のある商店街です。

通りを歩けばお店の人たちが「食べてみる?」と、人と人との距離が近く訪れるだけでワクワクするような商店街です。

 

 

●鶴橋商店街

戦後の闇市時代から始まったと言われる商店街。

迷路のような入り組んだ商店街ではお店同士が家族のような関係性でとてもアットホームな市場です。30軒近くある焼肉屋さん、トマトや長芋など様々な種類のキムチ、その場で焼いているチヂミや甘辛いタレが食欲をそそるトッポギなど、様々な韓国の料理が出迎えてくれます。

 

●焼肉

創業60年。初代が守ってきた味が守り続けられています

秘伝の仕込みによって、お肉は驚くほど柔らかく、脂の甘みを感じる事が出来ます

七輪から出る煙を水中メガネで防ぎながら頂けます。

 

 

 

●よあけ食堂

闇市の頃から営業する、この地域で最も古いお店のひとつ

朝の8時半から営業していて商店街のお店の人や通勤前の人、夜勤終わりの人などの憩いの場となっています。

店内はカウンター席が10席ほどで、自らを『おしゃべり担当』などを笑いながら言う女将さんは言葉通り、誰にでも気さくに話しかけくれ「好き嫌いない?」と聞いてくれるなど本当に実家に帰ったような落ち着く雰囲気のお店です。