2017年02月

2017年02月09日 (木)

河合二郎役・林遣都さんインタビュー

べっぴんさん


4A4A4007_retouch_logo.jpg

 

Q:「べっぴんさん」への出演が決まった時の感想を教えて下さい。

A:連続テレビ小説への出演は初めてで、よく見させていただいていました。半年間かけて主人公やその周りの人の人生をたっぷりと、大事に大事に描いていくのが“朝ドラ”の魅力だと感じていました。出演できたらすごくやりがいがあるだろうなと思っていたので、とてもうれしかったです。

 

Q:「べっぴんさん」はご覧になられていましたか?

A:芳根京子さんのオープニングシーンが大好きで。あれを見ると、いつも“朝ドラ”っていいなって思います。スキップがたまらなく好きで、芳根さんの表情に引き込まれます。女性の人生のいろんなものが詰まった、とてもすてきで、かわいらしいオープニングですね。

 

Q:河合二郎はどんな役柄ですか?

A:二郎は、お金がなくて、働きながらプロのドラマーを目指していて、若者らしく自分の境遇にあらがいながら夢に生きています。男らしいといえば男らしいんですが、夢にいちずな一方で、自分勝手で、女性は自分を支えてくれる存在だと思い込んでいる、“ダメ男”な部分もあるんです。自己表現が苦手で、揺れ動きやすい、二郎の繊細な部分を表現したいです。

 

16-089-16_4A4A3464_logo.jpg

 

Q:劇中ではドラムをたたくシーンがたくさんありますが、ドラムセットと向き合ってみていかがでしたか?

A:ドラムの経験はゼロで、触ったこともありませんでした。だからドラマーの役だと聞いたとは、最初かなり悩みました。でも、演出の方から「君ならできる」って背中を押してもらって、その言葉がうれしくて、やるしかないと思いました。それからは、毎日スティックを持ち歩いて時間の許すかぎりドラムに向かっていましたが、どこまでやってもゴールがないので、最後は自分との戦いでした。ジャズのリズムが体になじんでくるまで時間はかかりましたが、先生にも恵まれて、なんとか自信を持って撮影に臨めるようになりました。二郎にとっては、ドラムをたたくことが唯一の自分を解放できる手段になっているはずなので、いろんな思いをぶつけられるように練習しました。

 

Q:五月との関係についてお聴かせください。

A:五月は、家庭環境がどこか似ていて、そこから惹かれ合ったんだと思います。夢を追っている二郎を応援してくれている、恋人として支え合っている関係だと思います。二郎にとってはたぶん、五月がそばで支えてくれていることが当たり前になっていたので、彼女がいなくなった時にはかなり動揺しました。二郎は強がっていても案外もろい分、五月には強さを感じます。

 

Q:最後にこの作品への意気込みと視聴者へのメッセージをお願いします。

A:ヨーソローを舞台にした物語は、これまでと雰囲気がガラッと変わったと思います。うれしいことにその変化をもたらす、やりがいのある役どころをいただいたと自覚して演じています。しっかりドラムと向き合って、役どころにふさわしい演技をしていきたいです。

 

連続テレビ小説「べっぴんさん」

http://www.nhk.or.jp/beppinsan/

投稿者:広報担当 | 投稿時間:11:50 | カテゴリ:べっぴんさん | コメント(17)

■コメント
  • 演じる二郎さん、役柄的に大変そうですね。
    意思の硬い五月ちゃんをなんとしてでも説得して欲しいですが、
    二郎さんの東京行きは五月ちゃんの夢でもあるし
    確かに身重の五月ちゃん、神戸にいるほうがすずさんたちもいるし
    安心だろうし、悩みますね。
    インタビューでおっしゃってる二郎さんの
    はっきりしないダメな部分をしっかり演じておられ
    もやもやしながらも、
    二郎さんと五月ちゃんの事、最後まで応援してますよ。
    幸せになって欲しいなあ。


    投稿日時:2017年02月09日 16時45分 | ミカ

  • おはようございますm(_ _)m
    遣都さん、好きです^ ^
    ドラムさばきが凄いですね(^ ^)

    投稿日時:2017年02月10日 07時32分 | spdr_nr

  • ジローさんのドラム最高にカッコイイです!
    ヨ―ソローのシーンは演奏シーンがあるので、余計に好きです。
    はっきりしない所もあるけど、まだ子供なさくらにも夢を見させてくれてありがとう。でもこれからは五月ちゃんと生まれてくるお腹の子を大切に大事に幸せにしてあげてください。
    ドラマーになる夢はあきらめることになるかもしれませんが、あのまま東京へ行ってもきっと後悔しそうなジローさんでしたから、これで良かったのではないでしょうか?
    家族三人で仲良くあったかい家庭を築いてください。そして音楽のある家、それこそがあなた達らしいのではないかな。笑
    応援しています。

    投稿日時:2017年02月10日 15時59分 | 匿名

  • 二郎のドラムはほんとカッコ良いです!東京は諦めて、五月ちゃんと一緒に生きていくと決めて、やっと五月ちゃんが幸せをつかめて良かった!
    二郎ちゃんのドラムがあまりに凄いので、ものすごくドラムに興味がわいてきて、私も一度ドラムをやりたく?なりました。
    林さんが短期間で習得されたということですが、初めて二郎のドラムシーンを見た時は、林さんはもともとドラムがお得意なんだと思ったほどです。

    投稿日時:2017年02月10日 18時45分 | たかちゃん

  • ドラム経験のないのを知って驚き。ヨーソロを引き継いでからの演技もいいですね。細かく気を配っているのに、そこにいないかのように振る舞う。楽しみに観ています。

    投稿日時:2017年02月16日 18時35分 | YU

  • ヨーソローは、時代が代わって 登場人物のプライベートの話が展開される大事な場所になってますね。
    その場に居合わせる二郎さん、とてもいい味を出してますね、空気になるかと思えば、飲み物を差し出して 会話がつまった後の流れを変えたり。優しくて繊細な二郎さんだから出来ること。これからも楽しみに 拝見させていただきます。

    投稿日時:2017年02月17日 12時38分 | 長崎のHIRO

  • 役柄に徹底して憑依する林さんが素晴らしいと思います。
    ドラマーならば、ドラムの練習。
    今度は美容師とのこと。カットの練習をされているとか。
    ボクシングや飛び込み、ランナー。
    その役になりきる憑依度が恐ろしいぐらいです。
    店のオーナーとして、みんなの待合室のような空間を作り出す二郎の存在感はセリフは少なくとも醸し出せていますね。
    東京を目指していた二郎の危うげさからどっしりとした「空気」の店主になった二郎。
    林さんのファッション(ベストとシャツ)も、素敵です。

    投稿日時:2017年02月17日 15時52分 | みかさ

  • 今日の旅立ちの会での二郎ちゃんのドラム、めっちゃめちゃカッコ良くて、ステキでした!「Jiro in Kobe」また聴きたいです!

    投稿日時:2017年02月18日 22時19分 | たかちゃん

  • さくらさん

    投稿日時:2017年02月22日 19時25分 | 匿名

  • 今まで遣都さんのことよく存じ上げませんでしたが、プレミアムトーク、すごく素敵でした!
    応援しています!

    投稿日時:2017年02月24日 09時16分 | みちこ

  • あさイチ見ました。
    すみれちゃんのスキップ、私も大好きです! 笑
    ジローちゃんもう出てこないのかな?何だか寂しい。
    ヨーソローでのマスターっぷりも板についてきてたし、五月ちゃんと赤ちゃんとのシーンももっと見たかったなぁ。
    あさイチでの遣都さんは、ジローちゃんとは雰囲気が違っていてビックリ!やっぱり役者さんって凄いなぁと思いました。物静かだけど、内に秘めた思いはとっても熱い物を持っているのですね。
    声も素敵なので、いつか声優のお仕事もやっていただきたいな。
    もっともっとじっくりお話を聞いてみたいなと思わせる魅力的なお方。これからも応援してます!

    投稿日時:2017年02月24日 15時50分 | 匿名

  • 私の周りでもすみれちゃんのスキップのシーン!
    “可愛い!”と大評判ですよ!

    そんなすみれも苦労して来ました…
    芳根ちゃんも健気に頑張って演じています(*^^*)
    もう優しい母として描いてあげてください(__)

    夫さんとの温かな会話シーンも観たいです!
    よろしくお願い致します。(__)

    投稿日時:2017年02月26日 02時12分 | 匿名

  • いつも、見ております。
    関心するところや、言いことばが散在しており、為になることが多いのは事実です。
    ただ、主人公も含め、時代の移り変わりが、あまり感じません。
    今とは異なり、昭和の時代、人は40代、50代となれば、かなり年寄りという風貌でした。
    とと姉ちゃんの大地さんもそうでしたが、べっぴんさんのすみれとさくらが実年齢とおりの差しか見えません。
    髪型を変えるだけでは、違和感がありすぎて、ストーリーに入れないのです。
    もっと、何とかなりませんか?
    今更、遅いと思いますが、今後のことも思い、投稿しました。
    以上

    投稿日時:2017年02月26日 10時55分 | おとこはつらいよ

  • 私には、すみれ(芳根さん)は、とても自然な雰囲気でさくらちゃんのお母さんにちゃんと見えるわよ!

    気を使い過ぎて声を低めにしているのが可哀想ですけど(^^;)
    実は凄く頑張っていると思います!

    努力が報われて母として妻として“素敵な女性”で最終回を迎えてほしいです!!

    投稿日時:2017年02月27日 23時40分 | 匿名

  • リアルタイムで見られなかったので、今、あさイチ拝見しました。二郎はかなり大人びた雰囲気でしたが、実際の林さんは、実直で、誠実に話されているのが印象的でした!「火花」も1話目、拝見しましたが、本当に原作通り、林さんの徳永がそこに居ると感じました。アオゾラカットも楽しみにしています!

    投稿日時:2017年03月02日 01時28分 | たかちゃん

  • べっぴんさんを観て ドラマー役の林 遣都さんのことが大好きになりました。(「銀二貫」も毎週は拝見していました。)
    「火花」も欠かさず観てます!
    関西弁を話しているので更に親近感が沸いて益々ファンになりました。15日の「アオゾラカット」これも本当にかっこよくて食い入るように観ました。毎週土曜日の「精霊の守り人」もかかさず・・。(先週はお休みで残念)このように続けて画面で
    林さんに会えてすごく幸せです!アサイチもスタジオパークももち!観ましたよ!もう うっとりでした・・。
    ・今日のジャズlive にも映像が流れて「jiro in kobe」の演奏も聴けて幸せ!!4/3 には「しゃぼん玉」も観にいきます。
    東京の舞台も観にいきたいです。
    とにかく もっともっと 活躍していただきたいわ!
    バライティー番組・トーク番組にも出て もっともっと身近に感じたいです。 NHKさんよろしくお願いします。旅番組のように
    どんどん活躍の場を広げてほしいです。応援しています!!

    投稿日時:2017年03月17日 20時04分 | サッチーちゃん

  • 初めまして。毎日べっぴんさん見てます。べっぴんさんも終わりに近づいてますね。あっという間ですね。栄輔さんますますかっこよくなりましたね。最初はあまり好みではなく興味なかったですがべっぴんさんで何回も見るうちに栄輔さんの大ファンになりました。それから私は栄輔さんを演じる松下さんは今回のべっぴんさんで初めて知りました。べっぴんさんは面白かったりあまり面白くなかったりもしましたが終わりが近づくと寂しくなりますね。

    投稿日時:2017年03月18日 20時24分 | 朝ドラファン

■コメントの投稿

このブログは、NHK大阪の最新情報が手に入る“お得”なサイト。広報大使・ボイスマンも登場!番組やイベントなど、選りすぐりの情報をお届けします。

ページの一番上へ