2016年01月25日 (月)

あさが来た

「あさが来た」炭坑夫役・中山義紘さんが朝来市をリポート!

25日(月)放送の「ぐるっと関西おひるまえ」抄録です。

兵庫県北部の「朝来市(あさごし)」が、連続テレビ小説「あさが来た」を応援してくださっているということで、中山義紘さんがリポーターとしていってきてくれました。中山さんは連続テレビ小説「あさが来た」で九州の炭坑夫役で出演されました!

 

 

0125_nakayama_46_logo.jpg

 

0125_nakayama_02_logo.jpg

 

 

 

 

 

朝来市にやってきました!

 

0125_nakayama_03_logo.jpg

 

朝来市といえば有名なのは竹田城跡です。うっすら雲の隙間から見えています。きょうはこの朝来市と「あさが来た」の関係性を探りたいと思います。

 

向かったのは、市役所です。

 

ありました!

「朝来市は連続テレビ小説「あさが来た」を応援しています」とあります。

僕も出演者の一人なので応援していただけてうれしいですね。

 

0125_nakayama_05_logo.jpg

 

 

きょうは朝来市長さんに会っていただけるということで、直撃したいと思います。

今回は朝来市が「あさが来た」を応援しているというふうに聞いたのですが。

 

 

0125_nakayama_07_logo.jpg

 

朝来市 多次勝昭市長

「連続テレビ小説の名前を聞かせていただいたときに、直感的に“朝が来る朝来市”と“あさが来た”がぴったり合うと。今後のなりゆきを見守ると同時に、残された期間しっかりと応援していきたいと思っております」

 

これからも応援よろしくお願いします!

 

 

 

市役所から車で30分。

朝来市南部の生野町は明治時代の街並みが今も残っています。

 

0125_nakayama_09_logo.jpg

 

0125_nakayama_10_logo.jpg

 

 

ここにある「あさが来た」に関わりのあるスポットというのが、生野銀山。

 

0125_nakayama_12_logo.jpg

 

生野銀山は、明治元年、日本初の官営鉱山となりました。昭和48年に閉山するまで銀を始め数々の鉱石を掘り出しました。現在は観光用に坑道の一部が公開されています。

 

案内していただくガイドの西森秀喜さんです。

 

0125_nakayama_16_logo.jpg

 

「あさが来た」と生野銀山はどういう繋がりがあるのですか?

 

ガイド 西森秀喜さん

「五代友厚さんと関係がありまして、五代友厚さんの紹介でフランス人鉱山技師、ジャン・フランソワ・コワニエさんがここに派遣されまして、それで生野銀山が近代化を推し進められたんです」

 

0125_nakayama_17_logo.jpg

 

では、中へ。炭坑夫を演じた僕も身が引き締まります。

 

0125_nakayama_18_logo.jpg

 

「江戸時代は高さ90cm、幅50cmくらいの小さな穴だったんです。立って歩くことが出来ませんでしたから、このように這いながら進んでいたんです」

 

0125_nakayama_22_logo.jpg

 

「そしてこちらは明治に入ってから掘られた坑道なんです」

 

0125_nakayama_21_logo.jpg

 

炭坑夫の役をやらせてもらったのでいろいろと調べたのですが、本当に命がけで、いつ落盤事故があってもおかしくない状態ですね。

 

「そうですね。いつも暗いところで働いていましたからね、あまり長生きしなかったですね。そしてこれは機械掘りで、鉱石の堀跡なんです。これは一番深いところで約30mあります」

 

0125_nakayama_26_logo.jpg

 

筋状に鉱脈があったのでこういう掘り方になるそうです。

 

 

最後にこんなものも。

 

「コウモリが毎年冬眠に来ているんですよ」

 

0125_nakayama_27_logo.jpg

 

0125_nakayama_28_logo.jpg

 

山で働く人の気持ちをしっかりと学ぶことができました。

 

 

 

 

さて、次は同じ敷地内にあるこちらでがんばる人を訪ねました。

女性の起業家さんがいらっしゃるとのことです。

 

0125_nakayama_29_logo.jpg

 

 

安達智恵子さんは趣味でしていた銀粘土細工で起業した女性。

アクセサリーの体験工房をこの生野銀山で開きました。

 

 

0125_nakayama_30_logo.jpg

 

体験ができるということで、僕も小さな銀細工作りに挑戦しました。

 

0125_nakayama_32_logo.jpg

 

この白いのが銀粘土。型にはめて型どりをします。イニシャルのアクセサリーを作ります。

 

0125_nakayama_33_logo.jpg

 

それを15分ほど乾燥させます。

 

0125_nakayama_34_logo.jpg

 

乾燥したらバリと呼ばれる余分なところを削ります。

 

0125_nakayama_36_logo.jpg

 

あとは800℃で8分、焼き上げます。

 

0125_nakayama_37_logo.jpg

 

焼き上げて冷めたらブラシでゴシゴシ。

 

0125_nakayama_38_logo.jpg

 

さらに専用の布で磨きます。ピカピカになりました!

 

0125_nakayama_40_logo.jpg

 

これで完成です!

 

0125_nakayama_41_logo.jpg

 

安達さんも女性として起業されて、どういった思いで仕事をされているのでしょうか。

 

女性起業家 安達智恵子さん

「子育て中でもあるんですが、土日も仕事になるので、さびしい思いをさせてしまっているというのが気がかりなのですが、生野銀山にたまに遊びにきて、一緒にチラシを配ってくれたりします」

 

安達さんの夢やこれからの目標というのはありますか。

 

「生野銀山に来られてるお客様がここに来てくれているという感じなんですが、ここのお客様を生野銀山に、また朝来市に呼べるようになれば良いなと思います。朝来市でがんばっている女性の方は多いんですけど、負けないようにがんばっていければと思います」

 

0125_nakayama_35_logo.jpg

 

 

~~~~~~~~~

 

そして「ぐるかん」のスタジオにはお土産を!

 

0125_nakayama_43_logo.jpg

 

最中(もなか)を取り出すと小判が!小判はチョコレートなんです。

 

0125_nakayama_44_logo.jpg

 

「お代官様~」

「お主も悪よのぉ」

という遊びもできます(笑)

 

 

生野銀山は大阪から車で2時間ほどで行けます。ぜひ行ってみてください。

 

0125_nakayama_45_logo.jpg

 

 

 

「ぐるっと関西おひるまえ」

●総合 関西地域向け

(月)~(木) 前11:30~後0:00

(金) 前11:05~後0:00

http://www.nhk.or.jp/gko/

 

連続テレビ小説「あさが来た」

http://nhk.jp/asagakita

投稿者:スタッフ | コメント(1)
■ コメント
  • 珠え

    2016年02月02日 20時45分

    「ごちそうさん」ではふ久ちゃんにオソワレた(!)師岡くんですね。炭坑編ではちゃんと気づいていましたよ。変わらずの素敵な笑顔と、カッコよく鍛えた身体はまぶしい!!でした。このリポート番組はこちらでは見ることができませんでしたが、中山さんのますますのご活躍、応援しています。