「世界に響け!沖縄のうた ~世界のウチナーンチュ大会グランドフィナーレ~」放送のお知らせ

2016.12.13 Tue.

皆さんからのご要望にお応えして…
感動のグランドフィナーレを沖縄向けに総合テレビで放送することが決まりました!

世界に響け!沖縄のうた ~世界のウチナーンチュ大会グランドフィナーレ~

「第6回世界のウチナーンチュ大会」の感動をもう一度!最終日に沖縄セルラースタジアム那覇で行われた閉会式・グランドフィナーレの様子をお届けします。1万5千人を超える人々が集まった会場、沖縄を代表するアーティストたちの白熱のライブステージをたっぷりとお楽しみください。NHKと沖縄県で実施したキャンペーン「世界に伝えたい沖縄のうた」に寄せられたメッセージもご紹介します!

放送:平成28年12月27日(火)午後10:00~10:48

<NHK総合(沖縄県内向け)>

出演:大城バネサ、かりゆし58、ディアマンテス、BEGIN、May J. ほか

熱中倶楽部ステージ1 座り

「世界に伝えたい沖縄のうた」に寄せられたメッセージもご紹介します。お楽しみに!

みんなの「世界に伝えたい沖縄のうた」公開しました!

2016.11.17 Thu.

お待たせしました!
皆さんからいただいた「世界に伝えたい沖縄のうた」とメッセージの一部を紹介する特設ページを公開しました。 こちらからご覧いただけます。

たくさんの投稿、本当にありがとうございました。
是非ご覧ください!

「世界に伝えたい沖縄のうた」特設ページ

大会4日目 沖縄熱中倶楽部とNHKスペシャルステージ、そしてグランドフィナーレ
皆さん最後まで、ありがとうございました!

2016.11.4 Fri.

抱き合う様子

10月30日(日)に閉会式を迎えた第6回世界のウチナーンチュ大会。前回に引き続き、最終日の様子をお届けします。

沖縄熱中倶楽部にMay J.さんが登場!

熱中倶楽部ステージ1 座り

本大会の最終日、会場の沖縄セルラースタジアムでは、さまざまなイベントが開催されました。

NHK沖縄放送局では、ラジオ番組「沖縄熱中倶楽部」スペシャルの公開生放送を行いました。閉会式の幕開けを告げる歌を披露する大城バネサさんやNHKスペシャルステージで「世界に伝えたい沖縄のうた」を歌うMay. Jさんを招いて、出演直前の意気込みを聞きました。

熱中倶楽部ステージ2 立ち、大城バネサさんと平田大一さん

県立武道館で開催された「エイサーEXPO」をプロデュースした演出家の平田大一さんにも来てもらいました。

熱中倶楽部ステージ3 立ち、ボリビアの子どもたち

ボリビアから、今回の世界のウチナーンチュ大会に合わせて訪れていた子どもたちが登壇しました。「大会期間中に、県内の中学校に体験入学する機会をもらい、多くの友達を作ることができました。ボリビアに帰っても、ずっと連絡を取り続けたい」とこれからの抱負を語っていました。

沖縄ゆかりのアーティストが歌う「世界に伝えたい沖縄のうた」

スタジアムパノラマ1
スタジアムパノラマ2

その後、グランドフィナーレでは、沖縄ゆかりのアーティストたちが総出演。皆さんからもたくさんの投稿をいただいた「世界に伝えたい沖縄のうた」を歌いました。

GF1 May J.

NHKスペシャルステージでMay. Jさんが歌った「てぃんさぐぬ花」も、ウチナーンチュにとって大事な思い出が詰まった曲です。

トップバッターは、かりゆし58が登場。家族の思い出をつづったメッセージが多く寄せられた「アンマー」、「オワリはじまり」などを披露しました。ボーカルの前川さんは「沖縄のうたが、ここにいるウチナーンチュの心を1つにして、世界に広がっていってほしい」と語りました。

かりゆし58 1
かりゆし58 1

琉球音楽をクラブミュージックに取り入れたRYUKYUDISKO。エイサーのときに鳴らす太鼓の音などをリミックスして、会場を盛り上げました。

RYUKYUDISKO 1
RYUKYUDISKO 2

日系ペルー三世のアルベルト城間を中心に、1991年に結成したDIAMANTES。海外県系人の方からメッセージをいただいた「片手に三線を」などの曲で、会場の一体感を演出しました。

DIAMANTES 1
DIAMANTES 2

ここで、スペシャルゲストとしてガレッジセールが登場!ゴリさんのかけ声で始まった、参加者全員で行うウェーブ。会場のボルテージは最高潮になりました。

ガレッジセール 1
ガレッジセール 2

グレンドフィナーレのトリを飾るのは、沖縄を代表するBEGIN。披露した「海の声」「三線の花」「島人ぬ宝」といった代表曲には、海外からたくさんのメッセージが寄せられました。さらに、ブラジル移民を乗せた笠戸丸から見たサントス港の様子を曲にした「バルーン」などを歌いました。

ボーカルの比嘉さんは、「昔、THE BOOMの宮川くんから『BEGINは、ブラジルでも人気がある』と言われたけど、なかなか信じられなかった。でも、去年の日本とブラジルの外交関係120年記念のときに呼んでいただいたとき、現地のみなさんに熱烈な歓迎をしてもらったことを今でもよく覚えています」と話しました。

BEGIN 1
BEGIN 2

最後は、花火が上がる中、みんなでカチャーシーを踊りました!

フィナーレ 1
フィナーレ 2

大団円を迎えた第6回世界のウチナーンチュ大会。その後も参加者が、会場の至るところでお互いの別れを惜しむように、最後の最後まで抱擁をしていたのが印象的でした。

「5年後にまた沖縄で会いましょう!」

抱擁1
抱擁2
集合写真

「世界に伝えたい沖縄のうた」へのご応募、ありがとうござました!

グレンドフィナーレでMay J.が歌った「てぃんさぐぬ花」をはじめ、たくさんのうたとメッセージを投稿してくださり、ありがとうございました。
皆さんからいただいた「世界に伝えたい沖縄のうた」とメッセージの一部は、後日このホームページでまとめてご紹介します。ぜび、ご覧ください。

続きを読む

「5年後にまた沖縄で会いましょう!」
第6回世界のウチナーンチュ大会 閉会式&グランドフィナーレ レポート

2016.10.31 Mon.

2011年に開催された前回大会から、5年ぶりに開かれた第6回世界のウチナーンチュ大会。10月27日(木)の開会式から4日目を迎えた昨夜、閉幕しました。

閉会式とグランドフィナーレの様子を、レポートでお届けします。

「世界に伝えたい 沖縄のうた」

スタジアムパノラマ

「ウチナーンチュの心 唄でつなぐ 次世代への継承」をテーマに、閉会式には世代や国を超えて約1万5395人が集まりました。その中で、会場を盛り上げたのは、やはり沖縄のうたでした。

大橋アナon stage

大橋拓アナウンサーの司会進行で始まったNHKスペシャルステージ「世界に伝えたい沖縄のうた」。

大橋アナ+May J.

集まったさまざまな沖縄のうたのうち、海外からのメッセージが最も多かった「てぃんさぐの花」を、NHKワールドTVの音楽番組「J-MELO」司会のMay J.が歌いました。

May J.+guitar
歌うMay J.

その後、J-MELOの主題歌である「Have Dreams!」を歌い、会場を盛り上げました。

歌うMay J. 2

当日のステージの様子は、世界に向けて放送する予定です。是非ご覧ください!

歌うMay J. 2

BEGINからエイサー、「世界のウチナーンチュの日」の宣言まで!?
5年後に向けて、みんなの心を1つに

閉会式では、次回の世界若者ウチナーンチュ大会がペルーで開催されることや、10月30日を「世界のウチナーンチュの日」に制定する事が発表され、新たな一歩を踏み出した一日になりました。

「世界のウチナーンチュ大会」の日を宣言の二人)
「世界のウチナーンチュ」の日を宣言したアルゼンチン出身県系3世の比嘉アンドレスさんとペルー出身県系3世の伊佐アンドレスさん

また、大会の最後を飾ったグランドフィナーレでは、沖縄ゆかりのアーティストたちが、素晴らしいステージパフォーマンスを披露し、会場は感動に包まれました。

グランドフィナーレのレポートは改めて掲載しますが、こちらでは、お先に会場の様子をほんの少しだけお伝えします。

エイサー
閉会式で披露された伝統エイサー群舞
かりゆし58
グランドフィナーレで歌う、かりゆし58
RYUKYUDISKO
琉球音楽をクラブミュージックに取り入れたRYUKYUDISKO
DIAMANTES
日系ペルー三世のアルベルト城間を中心に、心躍らせるラテン音楽を奏でるDIAMANTES
BEGIN
沖縄のうたといえばBEGIN。グランドフィナーレのトリで登場!
カチャーシー
最後は花火が打ち上がる中、沖縄のゆかりのアーティストとみんなでカチャーシー!!
続きを読む

きんくるスペシャル ありがとうございました!そして大会3日目

2016.10.29 Sat.

豪華ゲストの方々

昨夜、NHKの公開生放送「きんくるスペシャル ~沖縄魂ここにあり!集まれ!世界のウチナーンチュ~」が無事放送されました。
会場にお越しいただいたみなさま、放送をご覧いただいたみなさま、ありがとうございました。
そこで今日は、公開生放送の会場現場レポートをお届けします。

また、大会も3日目でいよいよ折り返し。
明日のグランドフィナーレの情報とともに、会場の様子もご紹介します。

沖縄魂ここにあり!

豪華ゲストの方々

今回のきんくるはスペシャル版!ゲストも豪華な面々にご出演いただきました。

那覇市出身で、明日のグランドフィナーレの司会も務めるジョン・カビラさん。
沖縄市出身で、30日(日)のおきなわ新喜劇「世界のヤッケームン大会」でヒロインを演じられる比嘉梨乃さん。
千葉県出身だけど、沖縄大好き!で数え切れないほど沖縄を訪れている 南海キャンディーズの山里亮太さん。
北谷町出身で、沖縄の移民について研究しておられる琉球大学の町田宗博教授。
そして、いつものきんくるクルー、しんちゃん・あいちゃんも一緒に、世界をあっちにこっちに
あっと言う間の75分でした。

沖縄そば

今回、大会会場にもたくさんの屋台が出ていますが、世界のウチナーンチュたちが世界の各地で親しむ様々なウチナー食文化もご紹介しました。
写真の画面は、沖縄県からの移民が多く暮らすブラジル、カンポ・グランデ市の街で沖縄そばを食べている様子。
この街には、沖縄そば屋さんがなんと100件以上!
沖縄そばが南米の町おこしに一役かっていたなんて、ご存知でした?

アンダドッグ
アンダドッグ

そしてさらにこちらは、ハワイのお祭り屋台で人気の
サーターアンダギー+アメリカンドッグの「アンダドッグ」をステージで試食しているところ。
食文化一つとっても、沖縄の魂が息づいていますね。

スタジオ;コロニアオキナワの中学生

そして会場では、ボリビアの沖縄県人入植地「コロニアオキナワ」から来沖している中学生にインタビュー。
滞在中、沖縄の中学校で授業を受ける初の試みも。
祖父の故郷が見たい、音信不通となった親戚を探したい、本場のエイサーを見たい…
それぞれの想いを胸に、初めて訪れた沖縄を楽しんでいました。
「沖縄に実際来てみて一番印象深かったのは?」という土橋アナウンサーの質問に、「海の味」とコメントしていたのが、内陸のボリビアから来たことを物語っていました。

世界で活躍するウチナーンチュ

写真の画面は、アフリカビジネスにおける日本の第一人者、北谷町出身の金城拓真さん。
スカイプを使い会場で、現在の様子をお伺いしました。

またほかにも
モンゴルでマンホールチルドレンの支援に取り組んでいる、那覇市出身の照屋朋子さん。
「アナと雪の女王」「ベイマックス」などディズニー映画でCG制作を手掛けている、久米島出身の糸数弘樹さん。
世界のアーティストと共演する世界的ダンサー、那覇市出身の仲宗根梨乃さん。
今日も世界で活躍するウチナーンチュたちを紹介しました。

ラストカチャーシー

明日のグランドフィナーレ、「世界に伝えたい 沖縄のうた」について語ったのち、カチャーシーで大団円!やっぱり最後はこれですよね!

たくさんの方々にお越しいただき、大変盛り上がりました。
会場に足を運んでくださった方々、ご覧いただきました方々、まことにありがとうございました。

さぁたぁちゃん と どーもくん

NHKブース周辺を練り歩く、さぁたぁとどーもくん。

きんくるの生放送から一夜明けたセルラーパーク。
NHKブース周辺では、NHK沖縄放送局マスコットキャラクターのさぁたぁちゃんが今日も会場を盛り上げています。
そしてさらに今回はなんと、どーもくんも応援に駆けつけてくれています。

沖縄熱中倶楽部もスタンバイ

熱中倶楽部 会場設営の様子

連日、熱気冷めやらぬセルラーパーク内。しかし、熱くなってきているのはここだけじゃないんですよ!
明日フィナーレを迎えるスタジアムの前、広場の特設ステージからお届けするトーク番組「沖縄熱中倶楽部」、会場の設営も進んできました。
明日の本番は、ゲストに志ぃさー(藤木勇人)さん、そして大城バネサさんをお迎えし、昨夜きんくるスペシャルでもM.C.を務めた大橋 拓アナウンサーが引き続きご案内します。
"イチャリバチョーデー(一度会ったら皆兄弟)"の熱気を、全国そして世界に伝えます。
あなたの声が国際放送で世界に届くかも!?

公開生放送
「沖縄熱中倶楽部スペシャル」
明日30日(日) 15:05~15:55 
会場:沖縄セルラースタジアム那覇前特設ステージ
放送:ラジオ第1(全国放送・国際)

観覧は自由です。是非会場にお越しください!

大会も後半。明日はいよいよグランドフィナーレ

スタジアム前

大会も残すところあと1日。明日は いよいよグランドフィナーレです。

NHK沖縄放送局と沖縄県が募集してきた「世界に伝えたい沖縄のうた」。
県内外や世界各国からたくさんの沖縄の歌とエピソードが寄せられました。
その中から選んだ歌をNHKワールドTVの音楽番組「J-MELO」司会のMay J.が歌うスペシャルステージも行います。

「NHKスペシャルステージ ~世界に伝えたい 沖縄のうた~」
明日30日(日) 18:15~18:35(閉会式とグランドフィナーレの間)
会場:沖縄セルラースタジアム那覇

続きを読む

大会2日目 きんくるスペシャルいよいよ本番

2016.10.28 Fri.

大会も2日目に入り、各会場では様々なイベントが開催されています。
セルラーパーク那覇のはいさいステージでも早くから生演奏ライブや舞踊などが続き、盛り上がりを見せています。

今晩、こちらのステージから公開生放送を行うきんくるスペシャルの直前の様子のほか、
同じセルラーパーク那覇にあるNHKブースをご紹介します。

NHKブースのご紹介

セルラーパークの正面を入ってすぐ、目に飛び込んでくる円形の物体。
こちらがNHKブースの目印です。

このオブジェ、これまで募集してきた「世界に伝えたい 沖縄のうた」関連のモニュメントなんです。
世界各地、いろいろな世代の方々から応募があった「沖縄のうた」の一部を、
投稿者のエピソードとともにご紹介しています。

世界と沖縄をつなぐ「うた」や絆が糸で表現されていて、中に入ってぐるっと見回して鑑賞します。
また、参加者の方々自身で糸を世界各地へ結んでもらい、期間中積み重ねていく仕掛けも。
最終日にどんな形になるのか、楽しみです。

そしてそのモニュメントのすぐ左がNHKブース。
スタンプラリーと合わせて、「NHKワールドTV」のコーナーが設けられています。
「NHKワールドTV」は24時間、ニュースと多彩な番組を英語で世界に発信しているチャンネルです。
今回こちらのブースでは、「NHKワールドTV」が放送する各番組や提供サービスの紹介を行っています。
また、スクラッチやアプリのダウンロードでグッズプレゼントも!

スタンプラリー、大好評実施中

NHKブースは、スタンプラリーのポイントの1つであるとともに、押し終わった後のグッズ引換所でもあります。
このスタンプラリー、大会期間中はずっと開催しています。
是非、会場まで遊びに来てください!

きんくるスペシャル 放送直前!

さて、きんくるスペシャルはこの後、こちら沖縄セルラーパーク那覇から生放送!

世界のウチナーネットワークの力、そして独自の文化がはぐくんだ沖縄ソフトパワーの魅力に迫ります。
ボリビアの「コロニアオキナワ」でのロケなども交えながら、“万国津梁”ウチナーンチュの誇りをあらためて胸に刻む盛りだくさんの75分!
津波信一、川満彩杏、ジョン・カビラ、山里亮太、比嘉梨乃、ありんくりん と豪華ゲストを迎え、大橋拓アナウンサーがお届けいたします。
会場での観覧は自由です。是非お越しください!

公開生放送「きんくるスペシャル『沖縄魂ここにあり!集まれ!世界のウチナーンチュ』」
本日 19:30~20:45 放送:総合テレビ(県内向け)

続きを読む

いよいよ開幕!めんそーれ世界のウチナーンチュ!

2016.10.27 Thu.

今日この後の開会式をもって始まるの第6回世界のウチナーンチュ大会。
会場には続々と人が集まり、熱気にあふれています。
今日は開幕直前の会場の様子と、会場で開催するNHKの催しをご紹介します。

いよいよ開幕!

今回の大会のメイン会場となるのが、こちらのセルラースタジアム那覇。
午後5時からの開会式はもちろん、30日(日)の閉会式・グランドフィナーレもこちらで開催されます。
世界のウチナーンチュの方々をはじめ、多くの方々が続々と会場に集まっています。

セルラーパーク那覇では各団体のブースやイベントステージ、駐車場ゾーンでは世界各国のグルメが楽しめる屋台などが盛りだくさん。
散策するだけでも楽しいお祭りですね。
※ スタジアム内での開会式・閉会式・グランドフィナーレへの参加は、事前申し込み制となっており、すでに締め切られています。

NHKでは様々なプログラムが盛りだくさん

今回NHKでは、「NHK@世界のウチナーンチュ大会」と題し、主に4つの公開番組・イベントを展開しています。

①28日(金)公開生放送「きんくるスペシャル『沖縄魂ここにあり!集まれ!世界のウチナーンチュ』」
②30日(日)公開生放送「沖縄熱中倶楽部スペシャル」
③30日(日)「NHKスペシャルステージ ~世界に伝えたい沖縄のうた~」
④27日(木)~30日(日)「NHKブース」

それぞれの詳細は、こちらのページをご覧ください。

「NHK@世界のウチナーンチュ大会」スタンプラリー実施中

さらに!NHKが催しを行う各会場の前にはスタンプ台が設置され、スタンプラリーも同時開催しています!
「NHKブース」で配布しているNHKのパンフレットが、そのままスタンプラリーの台紙となっています。会場でさぁたぁちゃんの特製スタンプを4つ集めて、NHKグッズをゲットしてください!

きんくるスペシャル 明日午後7時30分から

先ほどご紹介したきんくるスペシャルは明日、この沖縄セルラーパーク那覇から生放送。
世界のウチナーネットワークの力、そして独自の文化がはぐくんだ沖縄ソフトパワーの魅力に迫ります。
ボリビアの「コロニアオキナワ」でのロケなども交えながら、“万国津梁”ウチナーンチュの誇りをあらためて胸に刻む盛りだくさんの75分!
津波信一、川満彩杏、ジョン・カビラ、山里亮太、比嘉梨乃、ありんくりん と豪華ゲストを迎え、大橋拓アナウンサーがお届けいたします。
会場での観覧は自由です。是非お越しください!

公開生放送「きんくるスペシャル『沖縄魂ここにあり!集まれ!世界のウチナーンチュ』」
明日28日(金)19:30~20:45 放送:総合テレビ(県内向け)

続きを読む

第6回世界のウチナーンチュ大会メイン会場より

2016.10.26 Wed.

こんにちは。 明日27日(木)から、いよいよ第6回世界のウチナーンチュ大会が始まります。 世界から集まるウチナーンチュとともに大会を盛り上げようと県内各地で様々な取り組みが行なわれておりますが、NHKも「NHK@世界のウチナーンチュ大会」として様々な公開番組・イベントを予定してます。

詳しくはこちらのページまで

これまで最新情報ページでいくつかのイベントレポートを行ってきましたが、大会期間中はメイン会場となる沖縄セルラースタジアム那覇・セルラーパークの様子を中心にこちらのページでお伝えしていきます。お楽しみに!

設営最終日、日も傾いてきて、会場設営は大詰めです。各ブースがどんどん出来上がってきています。
明日はいよいよ開会式。
30日(日)のグランドフィナーレまで、目が離せません!

お誘い合わせの上、みなさま是非お越しください。会場でお待ちしております。

「世界に伝えたい沖縄のうた」募集締め切りました!

2016.9.17 Sat.

6月から募集してきた「世界に伝えたい沖縄のうた」ですが、9月16日(金)をもって締め切りを迎えました!
沖縄県内はもちろん、日本各地、そして海外からもたくさんの投稿をいただき本当にありがとうございました。
現在10月30日の大会グランドフィナーレに向けて、うたの選定作業を進めています。
果たしてセルラースタジアムに響き渡るのはどんなうたか…ご期待ください!

また、NHKではさまざまな番組で大会を盛り上げていきます。
こちらも是非チェックしてくださいね!

「うちなぁジョッキー~世界に伝えたい沖縄のうた~」 公開生放送を実施しました

2016.09.06 Tue.

8月27日、NHKと沖縄県の共催で、第6回世界のウチナーンチュ大会のプレイベント「うちなぁジョッキー」の公開生放送を実施しました。

うちなぁジョッキーとは、NHKラジオ第一の沖縄県向け音楽番組です。毎回、沖縄にゆかりのあるアーティストをお呼びして、生演奏と地元ならではのトークで出演者の素顔に迫ります。

今回は、番組のMCにBEGINの上地等さんをお迎えして、ゲストのかりゆし58と大城バネサさんと一緒に、「世界に伝えたい沖縄のうた」をテーマに進行しました。

「ウチナーンチュ大会」が始まる前に知っておきたいこと

今回、会場となったイオンモール沖縄ライカムのステージには、200席の観客席を埋め尽くすお客様にご来場いただき、立ち見席や2階、3階からもたくさんの方にご覧いただきました。

オープニングには、第6回世界のウチナーンチュ大会のPRとして、NHK沖縄の安座間春奈キャスターと一緒に、世界のウチナーンチュ大会のマスコットキャククター「笠丸くん」、NHK沖縄のマスコットキャラクター「さぁたぁちゃん」が遊びに来てくれました。また、世界のウチナーンチュ大会にまつわるクイズ大会も開催されました。

「今年、会場となるスタジアムはどこでしょう?」といった大会に関する問題が出題され、大人から子どもまで、たくさんの方が参加してくれました。

かりゆし58が伝えたい「世界に伝えたい沖縄のうた」とは?

メインイベントである「うちなぁジョッキー」のMCは、NHK沖縄の大橋アナウンサーとBEGINの上地等さんが務めます。2組のゲストをお呼びして、「世界に伝えたい沖縄のうた」などをお伺いしました。

前半のゲストは、かりゆし58のみなさんです。

今年でデビュー10周年を迎えるかしゆし58は、ヴォーカルの前川真悟さん、ギターの新屋行裕さん、ギターの宮平直樹さん、本日お休みしたドラムの中村洋貴さんからなる4人組グループです。メンバー全員が沖縄本島の出身で、それぞれが語る「沖縄の音楽」への思いは並々ならぬものがありました。

「私たちは、さまざまな県でライブしてきましたが、とくに沖縄は音楽と人との距離が近いんですよね。僕たちの世代でも沖縄の音楽はアイデンティティなんです。ロックやレゲエぐらいかっこいいんです!」(かりゆし58 前川真悟さん)

そんな、かりゆし58の「世界に伝えたい沖縄のうた」はTHE BOOMの「島唄」。ヴォーカルの宮沢和史さんは、県外出身のアーティストですが、日本を飛び越し、南米に広まった「島唄」のメロディーに、沖縄らしい「包容力」を感じると話します。

その後、かりゆし58のライブが行なわれました。母への感謝の気持ちをうたった名曲「アンマー」などを歌い、会場はやさしい歌声とやわらかな音色に包まれていました。

大城バネサさんが歌に込める「アルゼンチンから沖縄に伝えたい『移民の心』」

後半では、アルゼンチン生まれの日系2世の大城バネサさんがゲストとして登場しました。

大城さんは、お父さんが沖縄生まれの1世、お母さんは両親が沖縄出身の2世です。もともと、2001年にアルゼンチンで開かれた「NHKのど自慢」に大城さんは出場して、優勝しました。それをきっかけにスペイン語しかわからない中、日本に来て、アルゼンチンと沖縄県を結ぶ架け橋になっています。

「幼い頃から、祖父がそばで歌ってくれたのは沖縄民謡の音楽でした。沖縄のうたは、アルゼンチンの地でも受け継がれて、今でも日系の人たちがKARAOKE(カラオケ)で歌っていますね」

「祖父は、戦前にアルゼンチンに移住しましたが、船旅は過酷で、その後もさまざまな苦労が絶えなかったそうです。くじけそうになる心を支えたくれたのが、三線で奏でられた沖縄の歌と踊りでした。私は祖父の思いを受け継ぎ、1つ1つの曲に込めています」(大城バネサさん)

そんなストーリーが詰まった大城さんの「三線のかほり」をはじめ、ふるさとの懐かしさを表現した歌が、会場にいた人の心を打っていました。

最後に、BEGINの上地等さんが、8月に発表したばかりのソロアルバム「48(よんぱち)」から「熱帯楽園島」などを披露しました。

上地等さんの歌声に、裏で感涙していた大城バネサさんの姿が、ラジオでは伝えきれない印象的な場面でした。多くの人が来てくれた「うちなぁジョッキー」、大盛況のうちに終了しました。

会場でのその他いろいろ

「うちなぁジョッキー」のステージ上では、アーティストの演奏以外にも催しが披露されました。さらに、会場内の世界のウチナーンチュ大会の特設ブースも大にぎわい!その様子をお伝えします。

沖縄ペルー協会の子どもたちによるダンスや演舞が行なわれました。

「世界のウチナーンチュ大会」特設ブースでは、無料抽選会や公式グッズのプレゼントがありました。

もちろん、「世界に伝えたい沖縄のうた」の募集も実施。この日だけで150件をこえる投稿が集まりました。

ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました!
締め切りまであと2週間を切りましたが、まだまだたくさんの投稿をお待ちしています!

続きを読む

「うちなぁジョッキー」公開生放送!

2016.8.12 Fri.

NHK沖縄が放送する音楽番組「うちなぁジョッキー」の公開生放送が決定しました。

テーマはまさしく「世界に伝えたい沖縄のうた」!
BEGINの上地等さんをMCに迎え、沖縄ゆかりのアーティストのトークとライブをお楽しみいただきます。

みなさん是非遊びに来てください!

1.日  時
平成28年8月27日(土)
開場:正午  開演:午後0時45分  終演予定:午後3時
2.会  場
イオンモール沖縄ライカム1F ライカムグランドスクエア
中頭郡北中城村 アワセ土地区画整理事業区域内4街区)
3.主  催
NHK沖縄放送局、沖縄県
4.出  演
M C:上地等(BEGIN)、大橋拓アナウンサー(NHK沖縄放送局) ゲスト:かりゆし58、大城バネサ(出演順)
5.観  覧
観覧は自由ですが、着席スペースについては当日優先入場券を配付します。

<優先入場券配付予定時刻>

午前10時

<優先入場券配付場所>

ライカムグランドスクエア入口

※定員(200人程度)になり次第配付を終了します。あらかじめご了承ください。
※優先入場券(1枚で1人入場可)はお並びの方1人につき2枚まで配付します。代表者の方のみお並びください。
※配付はお1人1回までとさせていただきます。また、優先入場券配付列での待ち合わせはお断りします。
※座席は自由席です。また、紛失などによる再発行はできません。
※優先入場券をお持ちでないお客様も、開演後お席に余裕があれば着席スペースでご覧いただけます。
6.放送予定
平成28年8月27日(土)午後1時5分~2時55分 <ラジオ第1・沖縄県向け>
7.問い合わせ
NHK沖縄放送局
電話 098-865-2222 (平日 午前9時~午後6時)

NHK沖縄放送局でミニ番組上映中!

2016.8.8 Mon.

先週から始まったリオデジャネイロオリンピック。

NHK沖縄放送局では大会の様子をスーパーハイビジョンでご覧いただける受信公開を実施しています。
(詳しくはこちら

会場では「世界に伝えたい沖縄のうた」ブースも設置。
これまで放送しているミニ番組の上映のほか、その場でうたを投稿できるコーナーも展開しています。

夏休みは是非那覇市おもろまちのNHKへ遊びに来てください!

移民の日交流会で、「世界に伝えたい沖縄のうた」をPRしてきました

2016.7.6 Wed.

こんにちは、このページでは「世界に伝えたい沖縄のうた」に関する最新情報をお届けします。
突然ですがみなさん、6月18日は何の日かご存知でしょうか?
1908年、日本から移住者を乗せた移民船がブラジルに到着したことにちなんで海外移住の日 ※1とされた日なのです。

そんな記念日に合わせて、先日那覇市で沖縄パンアメリカン連合会 ※2主催の「移民の日交流会」が開催されました。この催しは毎年開かれているそうですが、今年は第6回世界のウチナーンチュ大会が開催される年であり、また沖縄県人ペルー移民110年記念ということもあり、各方面から多くの方が参加されていました。

私たちもこの会にお邪魔して、放送しているミニ番組の上映を交えつつ、「世界に伝えたい沖縄のうた」の募集について紹介してきました。その様子をお伝えします。

※① 海外移住の日
1908年6月18日、日本から移住者781名を乗せた移民船「笠戸丸」がブラジルのサントス港に到着したことにちなんで、1966年に海外移住の日として同日が制定されました。
※② 沖縄パンアメリカン連合会 とは
世界各地に移住したウチナーンチュと沖縄との交流を促し、海外にあるウチナーンチュネットワークを広げるための支援を行っています。現在、沖縄ハワイ協会、沖縄カナダ協会、沖縄ペルー協会、沖縄ブラジル協会、沖縄アルゼンチン友好協会、沖縄ボリヴィア協会、沖縄キューバ友好協会の7団体が加盟しています。

「移民の日交流会」ってなに?

6月18日(土)、会場のてんぶすホールは、沖縄の海外移住者の関係者がつくる各協会をはじめ、世界のウチナーンチュ大会の関係者、各国の留学生などであふれていました。

「移民の日交流会」は、沖縄ペルー協会会長の比嘉憲太郎さんのプレゼンテーションから始まりました。

「沖縄からペルーに移民した人たちは、決して恵まれた環境で過ごしていたわけではありません。血と涙なしでは語れない歴史と沖縄のアイデンティティが、世界にあるウチナーンチュネットワークを作り上げてきたのです」

自分たちが生きるために沖縄から新しい地に向かう時代。異なる文化圏で新しいコミュニティを一から作っていく、苦労と忍耐が尽きない日々だったようです。

「移民の日交流会」は、こうした海外のウチナーンチュが歩んできた苦難と現地で築きあげてきた偉業を再確認し、今まで支援してきた関係者たちと交流することでウチナーンチュネットワークを発展させてきた場なのです。

「世界に伝えたい沖縄のうた」を知ってもらうために

そして、NHKが沖縄県内向けに放送しているミニ番組も上映させていただきました。

このミニ番組は、このホームページでもご覧になれます。画面上の右手にある「#1『島人ぬ宝』(ペルー)」のボタンをクリックし、ぜひご覧ください。

上映後、当初予定していなかった登壇の機会をいただき、企画や募集の詳しい説明のための時間をいただきました。関係者のみなさま、その節はありがとうございました。

今年の世界のウチナーンチュ大会では、海外、県外から1万人以上の参加者を集めることが目標だそうです。

大会を盛り上げるために、NHKでは「世界に伝えたい沖縄のうた」を募集しています。9月16日(金)まで、このホームページで投稿を受け付けています。たくさんの投稿を心からお待ちしています。

「移民の日交流会」のイベントレポート

当日は、ステージ上でさまざまな催しが行われました。最後に、移民の日交流会の様子をレポートします。

沖縄に留学している海外ウチナーンチュの若者たちによる「島人ぬ宝」と「遊び庭(あしびな)」の演奏がありました。

続きまして、沖縄ペルー協会のみなさんによる民族舞踊と沖縄のエイサーが披露されました。

最後にこの催し毎年恒例の大トリ、沖縄ハワイ協会によるフラダンスとウクレレの演奏です。華やかな踊りと演奏で会を閉じました。

関係者のみなさま、移民の日交流会にお招きいただき、ありがとうございました。

続きを読む