ここから読み上げブラウザ用のメニューです 本文へジャンプします NHK沖縄放送局ホームページ内のリンクボタンへジャンプします 読み上げブラウザ用のメニューの終わりです
ここからNHK沖縄放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

沖縄の歌と踊り[総合] 毎月第二日曜 午後1:05〜1:48

沖縄の歌と踊り

琉球舞踊や組踊、民謡、ウチナー芝居など、沖縄の芸能全般を幅広く紹介する番組。

新しい話題や演目だけではなく、40年以上続く番組の中から懐かしい名優たちの舞台なども紹介し、幅広い内容でお楽しみいただきます。

月に一回ほど放送します。

平成30年2月4日(日)
午後1:05

歌と踊り

「眞境名正憲 組踊名場面集」

伝統組踊保存会会長の眞境名正憲氏の独演会が国立劇場おきなわで開かれました。正憲氏はこの舞台で、沖縄芸能の最大の功労者であった師・眞境名由康の創作組踊「人盗人」や、玉城朝薫の名作組踊「護佐丸敵討」などの名場面を演じて存在感を示しました。
眞境名正憲氏の舞台から、本人へのインタビューも交えて組踊名場面をダイジェストでお送りします。

1月7日(日)
午後1:05

歌と踊り

「あたらしい沖縄のうた ふたたび」

今から40年前の1977年から20年間にわたって放送されたミニ番組がありました。「あたらしい沖縄のうた」です。「沖縄らしさ」を追い求めた「うた」は、一般からの応募作品を含めて、100曲を超えました。特に県民の話題になった「沖縄のうた」を選び、なつかしい映像とともに紹介します。

平成30年1月3日(水)
午前10:00

歌と踊り

「元ちゃん劇場・息子の家出」

三線屋・元さんの一人息子・ヒデはロックに夢中になり、ついに家を追い出されました。息子の家出をめぐって巻き起こる騒動。ウチナーグチ、歌サンシン、琉球料理など、まさにチャンプルー的な話題満載の人情喜劇。沖縄民謡界のエンターテイナー・元ちゃんこと前川守賢が、個性的な共演陣を迎えて熱演するウチナー芝居です!

12月10日(土)
午後1:05

「『人間国宝』比嘉聰・太鼓の世界」

このほど、琉球古典芸能の太鼓奏者で沖縄県立芸大の比嘉聰さんが「組踊音楽太鼓」で人間国宝に認定されました。それを記念した舞台と今までの芸歴を紹介します。

10月14日(土)
午前10:05

再放送
10月29日(日)
午後1:05

※放送日が変更になりました。
歌と踊り

「大世世(うぷゆーゆ)〜宮古歌舞団んまてぃだ〜」

国立劇場おきなわで開かれている、沖縄県かりゆし芸能公演で、このほど「宮古歌舞団んまてぃだ」が出演しました。宮古の古謡から、代表的な民謡の名歌として知られる「とうがにあやぐ」や、民俗芸能の「くいちゃー」などが斬新な振り付けで舞台を飾りました。ふるさと宮古の芸能にこだわる活動を展開してきた「宮古歌舞団んまてぃだ」の舞台を紹介します。

9月4日(月)
午前1:45

再放送
9月9日(土)
午前10:05

※北朝鮮関連のニュースのため放送日時が変更になりました。ご了承ください。
歌と踊り

旧盆特集「元ちゃん劇場・息子の家出」

三線屋元さんの一人息子、ヒデはロックに夢中になり、ついに家を追い出されました。息子の家出をめぐって巻き起こる家庭騒動。ウチナーグチ、歌サンシン、琉球料理など、まさにチャンプルー的な話題満載の人情喜劇。沖縄民謡界のエンターテナー・元ちゃんこと、前川守賢が、個性的な共演陣を迎えて熱演するウチナー芝居です!

8月6日(日)
午後1:05

再放送
8月26日(土)
午前10:05

歌と踊り

「名作舞踊選」

「第71回NHK沖縄の歌と踊りのつどい」から、「かせかけ」「花風」「むんじゅる」「日傘踊り」などをご紹介。
古典女踊りから創作舞踊まで、名作として踊り継がれてきた演目を、中堅女性舞踊家たちの競演でお届けします!

7月9日(日)
午後1:05

歌と踊り

「ふるさとの芸能」

「第71回NHK沖縄の歌と踊りのつどい」から「ふるさとの芸能」をご紹介します。
地域には王朝時代に生まれた古典芸能から民俗芸能まで、様々な芸能が受け継がれ、人々の暮らしの中に息づいています。豊年祭や年中行事のなかで披露される、こうした芸能の中から地域独特の振りで継承されているユニークな舞踊をお楽しみください。

6月25日(日)
午後1:05

歌と踊り

「戦さ世を歌う」

真っ赤に咲き誇るでいごの花、雨に打たれ風に揺れる白い月桃の花。沖縄の6月を彩る花々に、人々はあの激しかった戦さ世を思い起こしてきました。生き残った人々は、その思いを歌に詠み、三線に乗せてました。
戦後72年、祈りにつつまれる慰霊の季節。戦さ世を歌って今なお受け継がれている民謡の名曲を紹介します。

5月14日(日)
午後1:05

歌と踊り

「喜劇・世替りや世替りや」

沖縄芝居「世替りや世替りや」は、作家・大城立裕が、琉球王国が消えた明治12年の「琉球処分」の頃を背景に、世替りの渦に巻き込まれた人間模様を描いた喜劇です。復帰10年目の沖縄局の特別番組として企画され、復帰後の不安と期待が錯そうしていた当時の人々に大きな反響を呼んだ作品でもあります。 今回は復帰45年目の特別企画として、ダイジェスト版を放送!

読み上げブラウザ用メニューに戻ります
↑ ページの先頭へ