NHK沖縄放送局では、もう二度と戦争を繰り返すことがないよう、
沖縄が体験した悲惨な沖縄戦の真実を語り継いでいくために様々な企画に取り組みました。

沖縄の戦70年語り継ぐ未来へ

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

戦跡マップ

原爆ピット(テニアン)【放送日 H21.6.16】

太平洋にある北マリアナ諸島に浮かぶ島、テニアン。サイパンのすぐそばにある島で、沖縄からはおよそ2200キロ離れています。テニアンのアメリカ軍飛行場跡地に、「原爆ピット」があります。
戦前、日本が統治していたこの島は経済的に豊かで、多くの日本人が移住し、その6割が沖縄出身者でした。しかし、戦時中、アメリカ軍が上陸し、占領した後は広島と長崎に原爆を落とした爆撃機の基地になりました。そして、原爆ピットで、広島と長崎に投下された原爆が爆撃機に積み込まれました。

飛行場跡がある地区は今もアメリカ軍の演習場として使われ、訓練の際には原爆ピット付近は立ち入りができなくなるということです。

  • マップから探す
  • 戦跡と証言

NHKのサイトを離れます。