NHK沖縄放送局では、もう二度と戦争を繰り返すことがないよう、
沖縄が体験した悲惨な沖縄戦の真実を語り継いでいくために様々な企画に取り組みました。

沖縄の戦70年語り継ぐ未来へ

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

戦跡マップ

アハシャガマ(伊江村)【放送日 H20.5.21】

伊江島は、戦時中、東洋一の規模の飛行場が建設され、日本軍の重要な軍事拠点でした。沖縄戦では、この飛行場をめぐり、本土攻略の足がかりにしたいアメリカ軍と、日本軍との間で6日間にわたって、住民を巻き込んだ激しい戦闘が行われました。
伊江島の港から車で10分あまりのところに、砲弾が飛び交うなか、住民が避難した壕の1つ「アハシャガマ」があります。
アハシャガマは、奥行きが20メートル余り、広さはおよそ100平方メートル、住民らおよそ120人から150人が身を潜めていたとされています。
この壕で、生き残ったのは20人あまりでした。亡くなった人の遺骨の収集が行われたのは戦後になってでした。
4月21日、伊江島がアメリカ軍に占領され、大規模な戦闘が終結したこの日、島の内外から遺族らが集まり、平和を祈る祈願祭が毎年、開かれています。

見学する場合には、ヘルメッ卜を着用するなど、安全に十分気をつけて下さい。

  • マップから探す
  • 戦跡と証言

NHKのサイトを離れます。