NHK沖縄放送局では、もう二度と戦争を繰り返すことがないよう、
沖縄が体験した悲惨な沖縄戦の真実を語り継いでいくために様々な企画に取り組みました。

沖縄の戦70年語り継ぐ未来へ

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

沖縄戦の絵

祖母の埋葬 【小渡ツル子】

米軍の捕虜になった後、亡くなった祖母を埋葬しに行く様子。絵のいちばん左側の少女が小渡さんで、他の2人は収容所にいた大人たち。小渡さんと一緒に逃げたおじとおばはマラリアにかかって重症に。そして95歳の祖母は衰弱して亡くなった。村の男性2人が埋葬するため祖母の遺体を担いで山の中に行った。小渡さんは、摘んだ花と水を持って男性たちについて行った。埋葬後、男性たちは「あとで、おばさんやおじさんをここに案内してあげるんだよ」と言った。小渡さんは、埋葬した時の光景が今でもいちばん印象に残っているという。小渡さん『戦争は悲しい思い出ばかりだが、こうして絵に描くことで孫たちにも伝えていきたい』

  • マップから探す
  • 沖縄戦の絵

NHKのサイトを離れます。