NHK沖縄放送局では、もう二度と戦争を繰り返すことがないよう、
沖縄が体験した悲惨な沖縄戦の真実を語り継いでいくために様々な企画に取り組みました。

沖縄の戦70年語り継ぐ未来へ

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

沖縄戦の絵

特攻機に拍手 【渡嘉敷綏助】

金武町の収容所の高台から特攻機を見ていた光景。昭和20年の7月から8月ごろ、同じ年ごろの子どもたちと遊んでいた時、ふと金武湾を見渡すと、日本軍の特攻機が米軍の艦船に突っ込んでいくのが見えた。海上から火柱が上がり、渡嘉敷さんたち子どもは「命中だ!」と手をたたいて喜んだという。「日本軍はまだ頑張っているんだ」と、捕虜になっても戦争に負けるとは考えなかった。渡嘉敷さんたちのはしゃぎようを見て、軍用車に乗って見回りに来ていた米兵は怒っていたという。 渡嘉敷さん『若い命を捧げて特攻機に乗った若者のことを知ってほしくて描いたが、軍国教育の怖さも伝えたかった』

  • マップから探す
  • 沖縄戦の絵

NHKのサイトを離れます。