NHK沖縄放送局では、もう二度と戦争を繰り返すことがないよう、
沖縄が体験した悲惨な沖縄戦の真実を語り継いでいくために様々な企画に取り組みました。

沖縄の戦70年語り継ぐ未来へ

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

沖縄戦の絵

米兵に撃たれた男性 【糸数永教】

糸数さんが今の糸満市で投降し壕から出た時に見た光景。米兵が、赤ちゃんを背負っている中年男性のポケットを触っていたかと思うと少し後ずさりしてこの男性ののどを撃ち抜いた。のどからは鮮血が噴き出し、男性は間もなくうつぶせに倒れて動かなくなった。後に大人たちから聞いた話では「殺された男性は日本兵からもらった『自決』用の手榴弾をポケットに入れていたのではないか」ということだった。糸数さん『戦争が無くならない今の世の中を思うと、将来も戦争は繰り返されるのではないかと不安な気持ちに駆られる。しかし、戦争の悲惨さを地道に切々と語り伝えれば、戦争を知らない世代にもきっと伝わると信じている』

  • マップから探す
  • 沖縄戦の絵

NHKのサイトを離れます。