NHK沖縄放送局では、もう二度と戦争を繰り返すことがないよう、
沖縄が体験した悲惨な沖縄戦の真実を語り継いでいくために様々な企画に取り組みました。

沖縄の戦70年語り継ぐ未来へ

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

沖縄戦の絵

渡名喜島 挺身隊のなぎなた訓練 【比嘉ヨシ子】

沖縄本島の西、渡名喜島で結成された「となき挺身隊」の訓練の様子。昭和17年、比嘉さんは他の10代の少女たちとともに戦争に備えて訓練に励んでいた。国のために命を投げ出すことを正しいと信じ、なぎなたを握りしめ、いざという時には敵を迎え撃とうと盛んに息巻いていた。渡名喜島は沖縄戦で米軍の上陸はなかったが、空襲は毎日のようにあった。 比嘉さん『青春は挺身隊と引き替えだった。軍国主義が小さな島の隅々まで行き渡ったあの時代を繰り返してほしくないと思い絵を描いた』

  • マップから探す
  • 沖縄戦の絵

NHKのサイトを離れます。