NHK沖縄放送局では、もう二度と戦争を繰り返すことがないよう、
沖縄が体験した悲惨な沖縄戦の真実を語り継いでいくために様々な企画に取り組みました。

沖縄の戦70年語り継ぐ未来へ

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

沖縄戦の絵

やせ細った日本兵たち 【福地トヨ】

昭和20年6月末、福地さんは家族とともに海岸づたいを逃げ回っていたが、米軍の呼びかけに投降を決意。がけを登って森に入ると、くぼ地に10人以上の日本兵が横たわっている姿が見えた。死んだように動かないものの、眼まなこはかすかに動いていた。食糧も水も無いまま敗走し、もはや動く気力すら無くなっていると思われた。「足をつかまれたらどうしよう」。そう思うと怖くなり、福地さんはその場から逃げたという。同時に「故郷の親やきょうだいは沖縄で立派に戦っていると思っているのに」と、かわいそうにも感じられた。 福地さん『あの兵士たちの姿は忘れられない。戦争の思い出は何ひとつ良いものがない』

  • マップから探す
  • 沖縄戦の絵

NHKのサイトを離れます。