NHK沖縄放送局では、もう二度と戦争を繰り返すことがないよう、
沖縄が体験した悲惨な沖縄戦の真実を語り継いでいくために様々な企画に取り組みました。

沖縄の戦70年語り継ぐ未来へ

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

沖縄戦の絵

伊江島「集団自決」 【大城安信】

大城さんが壕の中で体験した、いわゆる「集団自決」。昭和20年4月、伊江島に米軍が上陸し、大城さんは親せき、家族26人とともに壕に避難していた。4月23日、壕の外に出てくるよう呼びかける米兵の声が聞こえてきた。しかし「捕虜になればみんな殺される」と聞かされていた壕の中の人たちは、出て行くことができなかった。真ん中に立っている防衛隊員の男性が「皆で一緒に死のう」と呼びかけ、壕の中の人々は男性のもとに集まった(1枚目の絵)。この直後、男性が爆弾を爆発させ、22人が一瞬のうちに命を落とした(2枚目の絵)。母に抱かれた大城さんは爆発で崩れた岩に首まで埋まったが一命を取り留め、助け出された。 大城さんは「集団自決」の真相を知ってほしいとの思いから、自決直前の壕の中で肩を寄せ合う親せきたち1人1人の様子を絵にした。

  • マップから探す
  • 沖縄戦の絵

NHKのサイトを離れます。