NHK沖縄放送局では、もう二度と戦争を繰り返すことがないよう、
沖縄が体験した悲惨な沖縄戦の真実を語り継いでいくために様々な企画に取り組みました。

沖縄の戦70年語り継ぐ未来へ

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

沖縄戦の絵

全身にやけどをした日本兵 【真栄里之温】

日本軍に従軍していた真栄里さんが、糸満市摩文仁で見た日本兵の姿。
米軍機が焼夷弾を投下、摩文仁の山全体が炎に包まれた。壕の中に隠れていた真栄里さんが外に出てみると、壕の近くで座ったままの姿で全身に大やけどを負って動けなくなった日本兵が2人いた。じっと動かない2人だが、目だけは動いていたのでまだ生きているのがわかった。真栄里さんはどうすることもできずにただ通り過ぎるしかなかったという。

  • マップから探す
  • 沖縄戦の絵

NHKのサイトを離れます。