NHK沖縄放送局では、もう二度と戦争を繰り返すことがないよう、
沖縄が体験した悲惨な沖縄戦の真実を語り継いでいくために様々な企画に取り組みました。

沖縄の戦70年語り継ぐ未来へ

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

沖縄戦の絵

日本兵に壕に入るのを拒まれる 【新里浩】

那覇市首里赤田町に住んでいた新里さんは、昭和20年3月末ごろ、空襲が激しくなってきたため、沖縄本島南部へ避難した。絵にはさまざまな場面が描かれている。上空を米軍機が旋回すると必ず、沖合の軍艦から砲弾が雨のように降り注いだ。新里さんたちは遺体の間を縫うように逃げ惑った。命からがらたどりついた壕。中に入れてほしいと父親は懇願したが、日本兵が刀を振り上げた。「出て行かなければ殺す」。家族は再び、砲弾の雨の中に放り出された。身を隠す場所を失った新里さん家族。母親が砲弾の破片の直撃を受けて亡くなった。新里さん『あの当時住民は米兵とも戦い、友軍(日本軍)ともトラブルがあった。極限状態の中では、誰もが理性を失ってしまう』

  • マップから探す
  • 沖縄戦の絵

NHKのサイトを離れます。