NHK沖縄放送局では、もう二度と戦争を繰り返すことがないよう、
沖縄が体験した悲惨な沖縄戦の真実を語り継いでいくために様々な企画に取り組みました。

沖縄の戦70年語り継ぐ未来へ

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

沖縄戦の絵

大きな壕に入るのを拒まれて 【仲村芳信】

米軍の爆撃機が迫る中、防空壕に逃げ込もうとする仲村さんの家族の様子。仲村さん一家は、杭木で支えられた頑丈そうな大きな防空壕に逃げ込もうと、両親が壕の入口で「入れてほしい」と頼み込んだ。しかし、銃を持った日本兵は「ここはいっぱいだ」と入るのを拒んだ。仲村さんたちは、しかたなく、絵の左側の小さな壕に走って逃げ込んだ。そのとたん、大きな防空壕に爆弾が落ち、中の人たちは皆生き埋めになった。仲村さんたちが避難した壕も天井が崩れ落ち、しばらく身動きがとれなかったが、なんとか脱出することができた。小さな壕で奇跡的に命をつないだ仲村さんは、「生きている人よりも死んだ人を多く見ていた毎日。無差別に人を殺す戦争を二度と繰り返してはいけない」と話している。

  • マップから探す
  • 沖縄戦の絵

NHKのサイトを離れます。