NHK沖縄放送局では、もう二度と戦争を繰り返すことがないよう、
沖縄が体験した悲惨な沖縄戦の真実を語り継いでいくために様々な企画に取り組みました。

沖縄の戦70年語り継ぐ未来へ

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

沖縄戦の絵

死んだ米兵に石を投げる兄妹 【大湾喜三】

昭和19年10月10日の10・10空襲から5日ほど後、海岸の堤防のそばに、墜落した米軍機の乗組員とみられる遺体が流れ着いていた。空襲で家を焼かれた当時9歳の大湾さんと6歳の妹は、米兵の遺体に石を投げた。大湾さん『当時学校では「鬼畜米英」と教わり、憎しみが募っていた。時代は変わり、私に石を運んでくれた妹は今、アメリカ人と結婚して幸せに暮らしている。正しい教育を受けられる、戦争のない世の中が続いてほしい』

  • マップから探す
  • 沖縄戦の絵

NHKのサイトを離れます。