NHK沖縄放送局では、もう二度と戦争を繰り返すことがないよう、
沖縄が体験した悲惨な沖縄戦の真実を語り継いでいくために様々な企画に取り組みました。

沖縄の戦70年語り継ぐ未来へ

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

沖縄戦の絵

10・10空襲直後に描いたノート 【城間祥介】

 昭和19年の10・10空襲直後、1~2週間ほどの間に城間さんが1冊のノートに描いた空襲の記録の一部。10月10日の朝7時前、米軍機が現れて爆撃が始まった。城間さん家族4人は、自宅から500メートルほどの那覇市若狭の墓の中に避難。中は大勢の人で溢あふれ、担架で運ばれてくる負傷者もいた。午後6時ごろようやく空襲がやみ、被害の無かった那覇市郊外の高台へ向かった。火災を避けて初めは海沿いを進んでいたが、現在の松山のあたりで次第に街なかの炎が行く手を阻むようになった。道の両側が燃え上がって熱くてたまらず、できるだけ道の中央を歩いた。前を行く人たちを見て「あの人たちが通ってるから大丈夫だ」とついていった。およそ3時間後ようやく高台にある知人宅に到着。夜の9時になっていた。城間さん『この絵を見る人に、戦争の恐ろしさを身をもって知ってもらえたらいい』

  • マップから探す
  • 沖縄戦の絵

NHKのサイトを離れます。