はじめまして。松本真季です。

ブログでのご挨拶が遅れて申し訳ありません。
ニュースはもちろん、リポートや高校野球中継を立て続けに担当し、
難しさを感じながらも、充実した日々を送っています!

遅ればせながら、自己紹介をさせていただきます!

20210728_matsumoto_1.jpg

写真は、おととし、研究の成果をパネルにして発表している所です。
私、大学院まで進み、植物栄養学を専攻していた、バリバリの「理系」です。
何を研究していたか、なるべく簡単にいいますね・・・

栄養が貧しい土壌でも生育できる植物の作出に向けての研究で、
詳しく言うと、植物の微量必須元素であるホウ素に着目して、
ホウ素の輸送に関するタンパク質の研究をしていました。
モデル植物のシロイヌナズナ(Arabidopsis thaliana)を用いて実験をしていました。

ホウ素は細胞壁の架橋構造に重要な元素で、植物の成長になくてはなりません。
ホウ素は多くても少なくても植物にとって害なので、
それをどうコントロールしているかを調べていました。

特に、共焦点レーザー顕微鏡という特殊な顕微鏡を使って、
グリーンやマゼンタなどの蛍光タンパク質を付加し、
目的のタンパク質を可視化出来るようにした植物の細胞を観察していました。
顕微鏡を覗き込んだ時、この狭い視野の中に、
まだ誰も知らない世界が広がっているんじゃないかと思うと、ワクワクしました。

・・・テンションが上がってたくさん書いてしまいました。
私の話がなんのことか、
皆さんの頭の中にはてなマークがたくさん浮かんでいるかもしれません!

つまりまとめると、私は科学が大好きです。
今私がとっても注目しているのが、NHKの【シチズンラボ】という取り組みです。

子どもも大人も研究者も、みんなの力を合わせて
大きな謎を解き明かしてみませんか?というプロジェクトです。
最近では、小学生がカブトムシに関する、通説を覆す成果をあげました。
皆さんのいろいろな視点が、新たな発見につながります!
みんなで、世の中を変えるような発見を一緒にしましょう!

あ、自己紹介でしたね。
もう1つ。

20210728_matsumoto_2.jpg

大阪で生まれ育った私、特技は魚をさばくことです。
写真は、自分でヒラメをさばいた時の写真。
ちなみに、一人暮らしは初めてですが、
岡山に出刃包丁と刺身包丁を持ってきました。
生ごみの処理がおっくうでまださばけていませんが、
まずは、ごみの日の前日に魚を買いに行くところから始めたいです。

これから、どうぞ、よろしくおねがいします!


投稿者:アナウンス担当 | 投稿時間:11:00  | カテゴリ:アナ・キャスのつぶやき

 

ページの一番上へ▲