2021年02月10日 (水)

勝!勝!勝央町

こんにちは!キャスターの木下愛子です。

皆さん、変わりなくお過ごしでしょうか?
この冬はコロナに寒さに・・・
テンションが下がってしまうことも
多かった気がします(´・△・`)
そこで!
今回は、元気になれそうな場所をご紹介!
先日、勝央町に行ってきました♪

20210209b-1.jpg

勝央町のマスコットキャラクター
「きんとくん」が出迎えてくれましたよ☆
そして、後ろのほうをよく見ると・・・
金太郎像があるのですが、わかりますか?
実は勝央町は金太郎ゆかりの町といわれています。

20210209b-2.jpg

ところで、どうして勝央町に行ったのか?
実は、地名に「勝」の字が多いことから、
縁起がいい土地といわれているのです。
たとえば、この神社は・・・
「勝」田郡「勝」央町「勝」間田にある「勝」間田神社!
学問の神様、
菅原道真がまつられていることからも、
受験生や勝負事の祈願に訪れる人が多いそう。

20210209b-3.jpg

いただいた御朱印を見ると、
なんと「勝」の字が8つも!
ありがたい気持ちになりました♪

20210209b-4.jpg

続いて向かったのは、JR勝間田駅!
昭和9年にできた趣のある駅舎です。

20210209b-5.jpg

「かつまだ」。読み方の順番を変えると・・・
「まだかつ」つまり「まだ勝つ」。
さらに、「また勝つ」ともいえる!
ということから、
戦時中は隣の駅からわざわざ歩いてきて
この駅から出征した兵士も多かったそうです。

20210209b-6.jpg

そして、勝央町の"勝グルメ"がこちら!
ただの「カツ」丼ではありませんよ。
ごはん1kg、カツ400g!
一般的な大きさの4倍もあるんです☆

20210209b-7.jpg

ひと切れの大きさも、この通り!
たくさん食べて元気になってほしい
という思いが込められています。

20210209b-8.jpg

勝央町の旅。
最後に向かったのがこちら。
この土地の伝統の焼き物
「勝間田焼」の工房です。

20210209b-9.jpg

といっても、実は勝間田焼は
700年前に消滅してしまいました。
地元の文化を復活させたいということで、
8年前に有志による復活会が誕生。
残る資料がほとんどない中、研究を重ね、
見事、よみがえらせることができました。
私も勝間田焼づくりを
体験させていただきました。

20210209b-10.jpg

できあがりが、こちら♪
左が私が作ったものです。
勝央町への「愛」を込めました。
ちなみに右も勝間田焼なのですが、
全体的にメタリックな輝きが!
これを「金彩」というらしいです。
窯の中の酸素の条件がそろうと
現れることがあるんですって!
たくさんのパワーをいただいた旅でした♪


投稿者:アナウンス担当 | 投稿時間:18:10  | カテゴリ:アナ・キャスのつぶやき

 

ページの一番上へ▲