大分放送局トップ > 地域の番組
更新日時:2020/02/20

地域の番組

おすすめ番組

NHK大分放送局がおすすめする、番組をご紹介します。
※放送日時は変更になる場合があります。
決まり次第お知らせします。
放送済みの番組

ニッポンぶらり鉄道旅
[BSプレミアム/全国]2月20日(木)午後7:30~8:00

「ぬかみぞ炊き」って、ご存知?福岡・小倉の郷土料理。画面からおいしさが漂ってきます。大分・豊後高田の昭和レトロな商店街。すっかり有名ですが、ようく見つめると、町づくりが新たな段階に入っていることがわかりました。中山香(なかやまが)駅で下車して訪ねたのは、欧州中世の楽器を制作する工房。「ハーディーガーディー」「プサレテリウム」…、未知の楽器の妙なる調べにうっとり。そこには、家族の強い絆がありました。

全国で“パプリカ” ~九州沖縄地方・大分県バージョン~
[総合/全国]2月5日(水)・12日(水)午後3:55~
[Eテレ/全国]2月2日(日)・9日(日)・16日(日)午前7:55~

2月の2曲目、前3週は「全国で“パプリカ”~九州沖縄地方・大分県バージョン~」をお送りします。大分県の皆さん、たいへんお待たせしました!
Foorinは2019年10月27日(日)、大分駅前で開催された「NHKパラスポ広場in大分」の『パプリカをおどろう!』イベントに出演!たくさんの友達と一緒に「パプリカ」ダンスを歌い、踊り、大分を楽しみました! Foorinだけでなく、大分県の皆さんのパプリカダンスも必見です!
大分県のみなさん、ご協力、ありがとうございました!

FMシアター「たきれん!」
百年の時を超えて、瀧廉太郎の音楽がつなぐ、2人と1匹の物語
[NHKFM/全国]2月8日(水)午後10:00~10:50

桜木櫂(醍醐虎汰朗)は竹田(たけた)市の高校2年生。ある日、瀧廉太郎記念館でピアノを弾いていた櫂の元に、一人の女子高生・青柳うらら(田中なずな)が飛び込んでくる。
彼女は、毎年10月に竹田市で開かれる「瀧廉太郎記念 全日本高等学校声楽コンクール(通称:たきれん)」で優勝するために、わざわざ竹田に引っ越してきたという。
うららは半ば強引に櫂を誘い、2人は共にコンクールを目指すことに。しかし、うららと櫂の間には次第に溝が。そしてついにふたりは衝突してしまう。そんな時、うららの元に現れたのは一匹のキツネのレンジロウ(前野朋哉)。なんとうららには、キツネの声が聞こえて…!?
大分県竹田市は、明治時代の楽聖・瀧廉太郎が少年期を過ごし、瀧廉太郎ゆかりの地として知られている。23歳で夭折した廉太郎だが、竹田での時間は『荒城の月』を始め彼の作品に大きな影響を与えた。“たきれん”から、毎年未来の声楽家が羽ばたいていく。
実在するコンクールを舞台に繰り広げられる、2人と1匹の青春ドラマ。

【出演者】
醍醐虎汰朗、田中なずな、前野朋哉
木下兼吾、河村純子、小貫薫、藍川夢菜
森枝和真、花井未来、牧野ひかり、森淑乃

【スタッフ】
制作統括:山口健一郎
技術:岩崎直美
音響効果:大西斎
演出:寺井純玲
(大分局制作)

Journeys in Japan選「大分温泉巡り」
[BS1/全国]1月8日(水)午後2:00~2:30
[BS1/全国]1月12日(日)午前4:30~4:59(1/11深夜)

日本有数の温泉地として知られる大分県。バラエティーに富んだ温泉をめぐり、歴史ある湯治宿に泊まりながら、日本人にとって温泉がどんな存在なのかを探っていく。
日本有数の温泉地として知られる大分県。ドイツ出身のマリー・クラウゼが、白い泥がとけこんだ露天風呂や、70度の熱気で満たされた蒸し湯、そして高濃度の炭酸泉など、バラエティー豊かな温泉をめぐる。
さらに歴史ある湯治宿に泊まり、地中から噴き出す熱気で作る蒸し料理づくりに挑戦。宿泊者どうしのふれあいを通して、日本人にとって温泉がどのような存在なのかを探っていく。ニホンザルの名所・高崎山も紹介。

さし旅 「大掃除マニアと巡るピッカピカ大作戦ツアー」
[総合/全国]12月20日(金)午後7:30~7:57

年末の大掃除。一体どこから手をつけたらいいのか分からない~って人も多いはず。でもご安心ください。マニアによれば、“ある場所”をキレイにすることで、いろんなお掃除テクニックが身につき、作業がはかどるというんです!その場所とは…“冷蔵庫”!「片付け」「汚れ」「ニオイ」といった要素が詰まっているという冷蔵庫。『冷蔵庫を制する者は、大掃除を制する』と豪語するマニアたちからお掃除の極意を学びます!

ETV特集「ある特攻隊員の死~祖母とたどる兄の最期~」
[総合/大分県域]12月13日(金)午後7:30~8:29

“特攻にいった兄の最期が知りたい-”祖母から頼まれたNHK福田ディレクター(25)。祖母の兄・渡邊吉徳は1945年8月15日、終戦後に飛び立ったとだけ伝えられていた。戦争が終わってなぜ特攻へ?どのような思いで死地に向かったのか?500通の手紙を出して吉徳を知る隊員を探し、わずかな手がかりをたどると、想像もしなかった事実が浮かび上がってきた。戦後74年、初めて家族に届けられたある特攻隊員の思いとは?
【語り】石澤典夫,【朗読】三宅貴大

ひるいろひるいろ【総合】月~金曜日 午前11:45~正午
いろどりOITAいろどりOITA【総合】月~金曜日 午後6:10~7:00
フカイロ!フカイロ!【総合】金曜随時 午後7:30~7:55

5時いろラジオ5時いろラジオ【ラジオ第1】金曜 午後5:05~5:55

▲ ページの先頭へ