2017年10月05日 (木)台風18号の爪あと④ No.61


台風18号による土砂や倒木で線路がふさがり、不通区間に
ある津久見駅を訪ねました。

 

18taihueki1.JPG

朝7時、通常なら通勤・通学ラッシュで込み合う時間帯ですが、
閑散としていました。

 

18taihueki2.JPG

駅前には代替輸送バスが来て、高校生を中心とした乗客を
運んでいました。電車通学の頃は40分で学校まで行けたのに、
乗り換えの待ち時間やバスルートが遠回りとなったことなどで
2時間半もかかるようになったという女子生徒もいました。

 

taihueki4.JPG

台風18号と今年7月の九州北部豪雨の影響で、大分県内の
JRはほとんどの路線で不通区間があるという異常事態です。
(画面の豊肥線・中判田-三重町はすでに開通しています。)

久大線は来年夏をめどに開通、日田彦山線と日豊線は再開の
めどはまだたっていません。

速やかな復旧と、沿線で暮らす方々への影響が最小限にとどまる
ことを願っています。

投稿者:寺澤 敏行 | 投稿時間:13:50

ページの一番上へ▲