2018年4月 4日

日本一の卓球少年


 

スポーツのコーナーで、

去年、日本一になった卓球少年を取材しました。

tak2.PNG

 

中村煌和(なかむら・こうわ)選手

全国大会で、6年生以下の部で優勝しました。

tak.PNG

 

 

彼の強さの秘訣は3つ。

まずは、

■左利きであること!

tak5.PNG

↑試合に出場しはじめた5才の頃の様子。

利き手は右でも、ラケットは左で持っています。

左でラケットを持つ選手は、

回転も球の軌道も、右で持つ選手と逆になるので相手は混乱します。

 

中村選手は監督をしている父親が、幼い頃からあえて左でラケットを持たせ、選手としてめきめき力をつけてきました。

 

2つ目は、

■軽やかなフットワーク!!

tak1.PNG

台の端から端まで動き回り、思いっきりラケットを振る中村選手。

欠かせないのは足を動かすための、フットワーク練習です。

tak4.PNG

一緒にやってみましたが、

私は1分足らずで息が上がって、リタイアしてしまいました。

 

3つ目は、、、

■家族のサポート!!!

tak6.PNG

技術面での指導をする父、和弘さん。

練習場では厳しい監督です。

tak11.PNG

コーチでありながら、体作りの面でサポートする母、智恵さん。

毎回の食事で、バランスの良く栄養をとれるようにしています。

 

卓球一家に生まれた中村選手は、

家族に感謝しながら練習に取り組んでいます。

夢は、、、

tak9.PNG

 と語る中村選手。

 

頑張れ!オリンピックメダル☆

投稿者:二株 麻依 | 投稿時間:17:44 | カテゴリ:まいまいのカブりつきッ! | 固定リンク

ページの一番上へ▲