2017年11月20日 (月)【魅力】葵わかなさんとツーショットをとりました!


みなさんこんにちは。鈴木遥です。

葵わかなさんの「等身大のパネル」とツーショットを撮りました。

IMG_7110.JPG

現在、NHK大分放送局では、「NHKハート展」を開催しています。

この開催期間中、等身大パネルと写真を撮ることができます。

「NHKハート展」は、詩とアートを組み合わせた展覧会です。

詳細は下記をご覧ください。

さて、私が一緒に写真を撮った、葵わかなさんは

聴覚障害のある高橋南海(たかはし・ななみ)さんの詩にあわせ、

絵を描きました。

IMG_7104.JPG

絵からは、もちろん音は聞こえません。

でも、高橋さんの詩に書かれた音が、

こころの耳で聞こえた気がします。


みなさんもぜひお越しください!

 


「NHKハート展」とは・・・

障害のある人がつづった詩に込められた思いを、
各界の著名人やアーティストがハートをモチーフにアート作品で表現しています。
22回目となる今回は、
全国から3,641編の詩が寄せられました。
その中から選ばれた50編の詩に、
アーティストのAIさん、
女優の葵わかなさん、
プロフィギュアスケーター・振付師の鈴木明子さん、
タレントの松村邦洋さんなどの各界の著名人やアーティスト、
50人から、心温まるアート作品をお寄せいただきました。
会期は11月26日(日)まで
午前10時~午後6時 
※入場自由・無料
※番組収録等の都合で一時的に入場を制限させていただく場合があります。
・平日 午前11時15分~正午(昼前情報番組の放送のため)
・昼前情報番組の料理コーナーの収録

投稿者:鈴木 遥 | 投稿時間:13:09 | 固定リンク

2017年11月02日 (木)【魅力】ハロウィーン、街の盛り上がりは!?


皆さんこんにちは。

ハロウィーンで初めて仮装しました、アナウンサーの鈴木遥です。

IMG_6738.jpg

10月31日(火)はハロウィーン。

県内では28日(土)29日(日)にイベントが集中していましたが、

当日はどうなのか?


別府にあります、

60年代のアメリカンポップスを中心に

生演奏を楽しめるライブハウス「ヒットパレードクラブ」にお邪魔し、

当日の「ハロウィーン・パーティー」の様子を中継しました。


平日ということもあって、

放送時間の午後6時30分ごろには、まだお客さんはまだらでしたが、

7時から始まるステージには、予約で満席だということでした。


すでにいらした方の中には、

映画のキャラクターやお笑い芸人といった流行のものから、

ドラキュラや魔女といった恒例のものまでありました。

子どもの仮装には、王子様といったかわいらしい格好もありました。


最後に、

テーマパークのキャラクターに仮装した、

総支配人の川野昌秀(かわの・まさひで)さんと

現場で中継を仕切ってくれた中垣るるキャスターと

記念写真をパチリ。

IMG_6748.jpg

大分の活気ある魅力お伝えしました

 

投稿者:鈴木 遥 | 投稿時間:20:02 | 固定リンク

2017年10月19日 (木)【魅力】キキタイ!次回は金谷道範さん!


こんにちは、アナウンサーの鈴木遥です。

「しんけんワイド大分」で放送中のインタビューコーナー『キキタイ』。

次回は豊後高田市に絵本屋さんを開いた、

金谷道範(かなや・みちのり)さんにお話うかがいました。

みなさん、普通の本屋には行ったことあると思いますが、

絵本屋さんって行ったことありますか?

金谷さんの絵本屋さんは、

たぶん、皆さんの想像する絵本屋さんとはちょっと違うと思います。

どんな絵本屋さんなんでしょうか。

放送をぜひご覧ください。

 

(放送予定)

「しんけんワイド大分」
2017年10月24日(火)
(総合・大分ローカル)午後6時10分~

 

kanasayasan3.JPG

金谷さんと
今回のコーナープロデューサー、寺澤アナ
聞き手の私

投稿者:鈴木 遥 | 投稿時間:19:15 | 固定リンク

2017年09月12日 (火)【日常】てらファームからのおすそ分け~ねぎ~


みなさんこんにちは。

 

外食以外、家での夜ご飯は野菜中心、アナウンサーの鈴木遥です。

 

あまり大きな声で言ったことはありませんが、
無類のねぎ好きでして、
薬味としてではなく、主食としてねぎを食べるほどです。



大分局アナウンスには
結構本気で農業と向き合われている¥先輩がいまして・・・。
お察しのとおり、ファーマー寺澤アナです。
その寺澤アナが小ねぎを収穫したというので、おすそ分けしていただきました。



negizenntaizou_50.jpg
形はスーパーに並んでいる、プロが作ったねぎのほうがきれいですが・・・(笑)

 

 

kogutigiri_50.jpg
採れたてのその日の夜ご飯に、小口切りにしてみると、
ねぎの分泌物が目にしみる・・・。
これは、新鮮な証拠!!!
期待できます!



さて、私が小ねぎを食べるとなると、

 

冷奴が、
hiyayakkonomal_50.jpg

 

こうなります
negihiyayakko_50.jpg

 

納豆も
nattounomal_50.jpg

 

こうなります。
 
neginattou_50.jpg



後は、ぶつ切りにしてさっと湯通し、

「ねぎしゃぶ」
negisyabu_50.jpg

 

どれもおいしかったです。
ご馳走様でした。

 

好きなことを仕事にいかす!
ぜひ大分のねぎを取材してみたいです。
(いつか、おおいたねぎ王子になりたい・・・笑)

 

投稿者:鈴木 遥 | 投稿時間:16:13 | 固定リンク

2017年08月28日 (月)【体ハルカ!】第2弾!


みなさんこんにちは。

ご無沙汰してしまいましたが、

2回連続、2度目の体をハリました、アナウンサーの鈴木遥です。

またまた趣味のダイビングで恐縮です。
しかし、大分の海のすばらしさ、どんどん伝えてまいります。
※潜ったのは、7月1日です。
20170701_H.JPG
今回のダイビングポイントは屋形島。

 

屋形島は大分から1時間30分ほどの場所、

 

佐伯市(さいき)蒲江(かまえ)から船で渡る島です。

 

今回は問題です!

 

この写真には、何が写っているでしょうか。

 

kaeruankou01_50.jpg
一見、ただの岩場に見えますが、

 

よく見ると魚がいるの、わかりますか?

 

違う写真を見てみると、もう少しわかりやすいかもしれません。

 

kaeruankou02_50.jpg
この魚、カエルアンコウといいます。

 

カムフラージュの天才で、岩場にカラダを変身させています。

 

カムフラージュというと、「敵から身を守る」という目的もありますが、

 

カエルアンコウの場合は、自分より小さな魚を食べるために身を隠しているそうです。

 

(光の当て方がイマイチですね・・・。まだまだです。)

 

続いて、こちらの写真。
ロープについている藻のように見えます。
oomonkaeruankou01_50.jpg
が、
こちらも魚。オウモンカエルアンコウです。

 

oomonkaeruankou03_50.jpg
こちらの写真だと、くっきり尾ひれが確認できますね。

 

夏も終わりに近づいていますが、

 

大分でのダイビング、まだまだ、まだまだ、楽しめそうです!

 

そして、県外の皆さん!

 

大分にもたくさんのダイビングスポットがあります!

 

ダイビング後の温泉も最高ですよ!

 

お待ちしております!

 

投稿者:鈴木 遥 | 投稿時間:13:42 | 固定リンク

2017年06月28日 (水)【体ハルカ!】初・体ハルカ


みなさん、こんにちは。

ついに、ついに、ついに、このブログで体をハリました!
アナウンサーの鈴木遥です。

体をハルのを待っていた方も、待っていなかった方も、お付き合いいただければと思います。
今回体をハッてお伝えするのは、大分の海の中です。

 

IMG_3794.JPG

 

私、趣味がダイビングでして、

 

・レスキュー・ダイバー(ダイビング認定団体)
・マスター・スクーバー・ダイバー
(ダイビング認定団体では、アマチュアの最高峰と呼ばれています。)
・潜水士(国家資格)

 

と、そこまで必要かというくらい関連資格を持っているのですが、
ダイビングを、より安全に楽しめるように研鑽を積んできました。
安全にダイビングを楽しんで、大分の素敵な海の世界をご紹介します。
大分市田ノ浦にあります、田ノ浦ビーチです。

 

潜ってすぐに、出迎えてくれてのがタイ!
20170628_2_.JPG
水中のカメラは陸上よりも難しく、うまく取れません。。。
20170628_3_.JPG
そして目の前で去っていく・・・笑



そのほか、海草の合間にいる小魚たち。
20170628_4_.JPG

 (名前を調べなきゃ!)

20170628_5_.JPG

 

くらげにも遭遇。
刺されないように。。。自撮り!
20170628_6_.JPG

 

写真はこんな風に撮っているらしいです。

 

20170628_7_.JPG

 

まだまだ写真に関しても、ダイビングに関しても修行中ですが、
これからも、安全に楽しく、大分の海の中を、体をハッて伝えていきます!
乞うご期待!!!



気になる方へのDiveLog
 Location: Oita,Tanoura Beach
 Point: Small Island
 Entry: Beach
 Entry Time: 10:00
 Exit Time: 10:51
 Max Depth: 6.8m
 Ave Depth: 4.6m
 Max Depth Temp: 21.9℃

投稿者:鈴木 遥 | 投稿時間:13:41 | 固定リンク

2017年06月20日 (火)【日常】アジサイは二度たのしむ!


みなさんこんにちは。

写真をうまく撮りたいと、カメラを持ち歩いているのですが、なかなかうまくならない・・・。アナウンサーの鈴木遥です。

 

「梅雨入りしたと見られる」といわれてから、先週末まで、ほとんど雨の降らなかった大分。今週からは、梅雨らしい天気となりそうです。

 

そんな予報が出たので、
「青空をバックに咲き誇るアジサイを撮っておこう!」と
カメラ片手に近場へ散歩に。

 

雨が降らなくても、アジサイは元気に咲き誇っています。

晴れた日のアジサイを青空のもと堪能し、
雨が降ったら情緒あふれるアジサイを楽しみます。

 

では私の撮影成果、ごらんいただけたらと思います。

(*きのう撮った写真だけではありません)

 

IMG_1575_50.jpg

「五月下旬に撮ったアジサイ、まだはじける前ですね」

 

 

IMG_1810_50.jpg

「太陽の光をたっぷりあびたアジサイ」

 

 

IMG_6405_O.JPG

「これもアジサイ」

 

 

IMG_1610_50.jpg

「これもアジサイ!?」

 

 

IMG_1819_50.jpg

「青空のもとでも綺麗に咲いていますね!」

街中だけでもいろいろなアジサイが咲いていますね。

 

【予告】近々、体ハル予定あります!(笑)

投稿者:鈴木 遥 | 投稿時間:14:59 | 固定リンク

2017年06月13日 (火)【日常】私は「マイボトル派」です。


みなさんこんにちは。

大学時代に環境問題について学び、
卒業論文は宮崎駿監督の映画「もののけ姫」がテーマだった、アナウンサーの鈴木遥です。

今月は「環境月間」です。
環境省の呼びかけにより、地球環境について考えるきっかけにしてほしいと、全国各地で啓発活動が行われています。

私が常に取り組んでいるのは、マイボトルを持つこと。

IMG_1802_50.jpg
(ちょっと塗装がはげていますが、この銀色がかっこいいと思い、全部はげるのを待っています。笑)

私のマイボトルは、飲み口がついた水筒で、大小二つあります。

IMG_1803_50.jpg

大きいものは、お茶か水をいれています。
毎日お店や自動販売機で買うと、ちょっと経済的ではないので、家から持ってきます。
(もちろん、外で買うこともあります。)

小さいものには、コーヒーをいれてきます。
お店でコーヒーを買う場合もありますが、
マイボトルを持参すると、割引のあるところもあるので、お得にコーヒーを飲むこともできます。

マイボトルを使うと、
使い捨てのプラスチック容器やペットボトルの使用量を減らすことができますし、
容器の製造、運搬、処理に使われるエネルギーも減らすことができます。

私の場合、ちょっとお得になればいいな!
というところからはじめて、もう10年くらい経ちますでしょうか。

自分ができるところから、地球環境に配慮した取り組みをやってみる。

きょうは、私の実践例のご紹介でした。

IMG_1790_50.JPG
(スタジオでマイボトルと自撮りしてみました。笑)

 

投稿者:鈴木 遥 | 投稿時間:16:04 | 固定リンク

2017年06月06日 (火)【日常】「続・花の名は」


皆さんこんにちは。


梅雨入りがなんのその、雨のもと、アジサイが愛でられればいい!
と思ってしまう、アナウンサーの鈴木遥です。

先日、「花の名は」というタイトルのブログを見た人からメールをもらいました。


「遥 殿
 ブログ拝見しました。
 紹介していた花、我が家の庭にも咲いています。
 あれは『ヒメツルソバ』ではないでしょうか」
 (S.Sさん・60歳・女性)


写真も送っていただきました。

こちら。


IMG_6809_1.JPG

アップにしてみると

IMG_6809_1_1.jpg

 

私が以前ご紹介した「タチオランダゲンゲ」もよく似ているのですが、
こちらも確かに似ている。
というか、こちらのほうが、近い・・・。

 

私が調べた限り、以前ご紹介した「タチオランダゲンゲ」よりも、
「ヒメツルソバ」といった方がよいようです。

 

観賞用として育てる人が多いようですが、
生命力があるため、植え替えなどしなくても育つそうです。

(詳しい方いらっしゃったらご連絡下さい・・・。)

 


ひとつだけ、言い訳すると・・・。

前回掲載した写真ではきれいに(?笑)撮れましたが、
咲いていた場所は、舗装された道路の脇、
観賞用として育てられている雰囲気が、
まったくない場所に咲いていたのです。

 

それにしても

まさか、私の実家の庭にも咲いていたなんて・・・。


灯台下暗し・・・。


あ、メールをくれたのは、私の母親です。(笑)

 

「老いては子に従え」という言葉もありますが、
私の辞書には
「親は老いても子は親に従え」という新たな言葉が追加されました。
まだまだ親に教えられることが多そうです。


そんな子ども(私)も今日(6日)で32歳になりました。


歳だけ食って、なかなか大人になれないなぁと実感する今日この頃でした。

投稿者:鈴木 遥 | 投稿時間:15:15 | 固定リンク

2017年05月30日 (火)【芸術】北大路魯山人展に行ってきました。


 

皆さんこんにちは。
自称、大分局の音楽・芸能担当、アナウンサーの鈴木遥です。

NHK大分放送局の前に、大分県立美術館があります。

IMG_1576_50.jpg
(ちょっとアーティスト気分を味わう鈴木遥)

現在美術館では、「何必館コレクション 北大路魯山人展-和の美を問う-」

が開催されています。

 

「『北大路魯山人(きたおおじ・ろさんじん)』

名前は聞くけれども、どんな人だったんだろう。」

 

そんな思いが私の足を美術館に向かせました。

 

IMG_1584_50.jpg

(魯山人めがねをかけて記念写真を自撮り)

(※美術館に行くと記念写真を撮ることができます 笑)

大変興味深い内容でした。

IMG_1589_50.jpg
【北大路魯山人】

北大路魯山人は、書家であり、陶芸家であり、美食家であり、

いろいろな顔を持ちます。

様々な名言を残している魯山人ですが、

中でも私の心にとても響いた言葉があります。

 

器は料理の着物

 

美食家である魯山人は、舌で感じる味だけでなく、

目で見る「器」にまでこだわっていたのです。

自分で食べる器は自分で作る。

陶芸家としても名を残せたのは、

そうした気持ちがあったからなのでしょうか。

 

私の知人がこの美術展について、

「魯山人は、
プロデューサーと呼ばれる職業が無かった時代にその役割を果たしていた…」

と話していました。

 

魯山人は、ひとつの物をよりよくするために、

一人でいろいろと、こなしていたのですね。

 

 

魯山人と比較してはいけないかもしれませんが、
放送の仕事も似ているところがありますので、少しご紹介を。

 

大分局の放送部は
アナウンサー・ディレクター・ニュース(記者・カメラマン・編集マンなど)班があります。

仕事をそれぞれ分担することもありますが、

「自分がこれを皆さんに伝えたい!」

と思った場合。

取材、撮影、編集、ナレーション、放送の立会いまで一人で行うことがあります。

 

余談ですが、私の経験では、音楽の公開番組を制作したとき、
出演者・スタッフおよそ100人分の弁当を注文したこともあります(笑)。

 

 

まとめると、自分が何かしたいと思ったことに関しては、
自分で信念を持って、はじめから終わりまで、
一人で全部やる気概が大事なのだと感じました。

投稿者:鈴木 遥 | 投稿時間:15:21 | 固定リンク

ページの一番上へ▲