これまでの放送

おはようビタミン

2018年1月15日(月)

広がる!和菓子の楽しみ方

近年、色や形、食材の使い方が個性的な創作和菓子を多く見かけるようになりました。 和菓子の楽しみ方の広がりについて紹介します。

意外!? 和菓子と日本酒

東京都文京区にある和菓子店では和菓子と一緒に日本酒を楽しむ事が出来ます。
人気のメニューはどら焼きと日本酒の組み合わせです。
どら焼きにはあんこと一緒にレモンが挟んであります。
レモンの酸味があんこと日本酒の甘さを引き立てます。

店では和菓子だけを頂く事も出来ますが、注文すればその和菓子に合った日本酒を選んでくれます。
店主のつくださちこさんは和菓子と日本酒の相性の良さを知ってほしいと話していました。

淡い色彩で創作和菓子作り

東京都新宿区で開かれている和菓子作りの教室があります。
この日のテーマは「寒牡丹」。紫やピンクの生地を使ってグラデーションを表現しています。
教えているのは国内外で和菓子作りの教室を開く坂本紫穗さん。
淡い色彩を使った和菓子が女性を中心に人気を集めています。

*“花びら”の干菓子 作り方
【用意する食材:2人分】
砂糖100g 寒梅粉10g お湯10g
食用色素(青・ピンク・紫)

① ボールに砂糖とお湯を入れて混ぜ合わせる
② 寒梅粉を入れて10分ほど手でこねる
③ 15分ほど寝かせる
④ さらに3~4分ほど手でこねる
⑤ こねた生地を(30g×3)(5g×3)に分ける
⑥ 食用色素をお湯で溶く
⑦ 5gの生地に(青・ピンク・紫)の食用色素でそれぞれ色付けしてこねる
⑧ 着色した生地を30gの白い生地にそれぞれ混ぜ合わせる(ポイントは生地を混ぜすぎない事)
⑨ 混ぜ合わせた生地を麺棒で伸ばす
⑩ 丸い型で生地を抜いて一辺を指先でつまんで出来上がり
 (生地の裏・表を見て気に入った側を表面にするようにつまむ)

Page Top