これまでの放送

おはようビタミン

2017年11月13日(月)

手軽でおしゃれ!チョークアートが人気!

 黒板にカラフルなチョークで絵を描くチョークアート。絵が苦手な人でも気軽に始められると、今、人気です。

リポーター:赤木野々花アナウンサー

カフェや結婚式場でも!身近になるチョークアート

 まずは川崎市にあるカフェを訪ねました。店内には壁一面に描かれた大きなチョークアート。店の裏庭で見ることができる野鳥が描かれています。「絵から飛び出してきそうなほどイキイキしている」と評判で、この絵を見るために店に来るお客さんもいるそうです。他にも結婚式のウェルカムボードだっり、カフェのメニュー看板だったり、チョークアートは、身近に見かけるようになっています。

いま人気!チョークアート教室

こうした広がりを受けて、チョークアート教室も人気です。チョークアートで主に使うのは、オイルパステルといって油分を含んだチョーク。油分があるため、指の熱で、色を伸ばせるのが特徴です。また、オイルパステルは色も豊富なので、動物の毛並みなど、微妙な色の違いも表現できます。

実は簡単!?赤木アナもチョークアートに初挑戦!

 絵を描くのが苦手という赤木アナウンサーもチョークアートに初挑戦。チョークアートは、下絵をもとにして描いていくので絵が苦手な人でも始めやすいんです。教室を主宰するチョークアーティストの島りかさんは、「チョークアートは、塗り絵感覚でどんな人でも楽しむことができる」と言います。下絵は、自分のお気に入りの写真などでも構わないし(著作権等にはご注意くださいね)、絵が得意な人はもちろん自分で描いても構いません。下絵を黒板に写し終えたら、次は色を塗っていきます。立体感を出すため、隣り合った色と色の境目を、指で混ぜて、グラデーションにしていきます。自分の指を使うので、意外と簡単です。また、チョークアートは、色を塗り重ねていくので、あとから手直ししやすく、失敗を気にせずに描けるのもいいところです。