これまでの放送

まちかど
情報室

2020年6月25日(木)

工作をもっと楽しく

家で簡単に楽しめる工作のアイデア

視聴者のみなさまへ

番組およびこのページは特定の製品・サービスを推奨するものではありません。製品・サービスの特性や使用上の制限、契約内容・条件などについては、各自におかれまして、メーカーや販売会社に十分ご確認ください。
まちかど情報室でお伝えした製品を扱う通信販売のサイトはNHKと一切関係ありません。
同名で別の企業や団体が存在する場合があります。問い合わせの際は、ここに掲載している情報をご利用ください。

情報
1

工作を教えてくれたのは…久保田雅人さん

平成2年から23年間、NHKの子ども向け工作番組「つくってあそぼ」に出演。放送終了後も、各地で講演を行うなど工作の楽しさを伝え続けている。

情報
2

久保田さんのアドバイス

「身の回りにある物」をまず集めてみる。そしてそれらの物の「声」に耳をかたむけ、何ができるかイメージしてみる。あとはちょっとしたアドバイスをしてあげる。失敗してもよい。「一緒に作った」という思い出が子どもには大切。

情報
3

久保田さんが紹介した工作

紙コップに、紙を丸く切って作った「目」を貼りつける。
そして別の紙を半分に折り、曲線を描くように切りとってから開いて目の下に貼る。すると紙コップが生き物の顔のように変身する。
紙コップ以外に食品の空容器などでもよい。
またトイレットペーパーの芯やしゃもじも、「目」や「足」をつけるだけで「虫」のようになる。

※上記の情報は放送日時点のものです。

Page Top