これまでの放送

けんコン!

2017年1月10日(火)

ノロウイルス

冬本番になり、ノロウイルスに感染したというニュースが非常に多くなってきました。今シーズンの
ノロウイルスですが、専門家によるとウイルスが変異をしたため、感染力が非常に強くなっている
ということです。

専門家:北里大学 片山和彦さん
      医学博士・管理栄養士 饗場直美さん

今シーズンのノロウイルスについて

・北里大学 片山和彦さんは、ノロウイルスの遺伝子にある変化が
 起きていると指摘します。
・通常、ウイルスが体内に入ると、過去に感染し免疫を持っていれば
 退治してくれます。
・しかし、今シーズンのウイルスは遺伝子が変化したことで、
 これまで持っていた免疫がききにくく感染の拡大につながっている
 ということです。

ノロウイルスの感染を予防する方法

・ノロウイルスは主に人の手などを介して口から感染します。
・手を洗うときは、手首や爪の間まで40秒ほど洗ってください。
・片山さんは、手を洗う際にハッピーバースデイの歌を2回歌う
 (約40秒)と、しっかりと手を洗うことが意識できると
 いいます。
・市販の塩素系漂白剤を利用して、ノロウイルスの消毒液をつくる
 ことができます。用意するのは2リットルと500ミリリットルの
 ペットボトルです。
・500ミリリットルのペットボトルに、ペットボトルのフタ2杯分
 の塩素系漂白剤を入れ、容器がいっぱいになるまで水を入れたもの
 が濃い消毒液です。
・さらに、2リットルのペットボトルに濃い消毒液、
 約200ミリリットルを入れ、容器がいっぱいになるまで水を
 入れたものが薄い消毒液です。
・おう吐物を処理する際は、マスクやゴム手袋をしてください。
 おう吐物をパーパータオルなどでふき取り、ふき取った場所に
 新聞紙を広げ、濃い消毒液をかけてください。
・片山さんは、濃い消毒液が床面の全体に広がり、ウイルスを消毒
 してくれると話します。
・薄い消毒液は、ドアノブ、冷蔵庫のとびらのふき取りなどに使用
 してください。
・じゅうたんにおう吐した際には、アイロンを利用します。
・タオルなどをしずくがたれない程度にぬらし、おう吐した場所に
 かぶせます。
・このタオルが乾く程度まで高温でアイロンをかけると、アイロンの
 熱によりウイルスが変形し、ノロウイルスを死滅させることが
 できるといいます。

体の免疫力を向上させよう

・医学博士で管理栄養士の饗場直美さんは、体の免疫力を向上させる
 腸内の善玉菌を増やすことで、ノロウイルスの症状を弱める効果が
 期待できると指摘します。
・饗場さんおすすめの食材は、腸内の調子をよくするヨーグルトや
 キムチ、ミソ、そして善玉菌を増やす食物繊維やオリゴ糖を含む
 食材です。
・こうした白菜、ニンジン、キムチ、ヨーグルトなどを鍋にする
 ことで、手軽に免疫力を向上させようという狙いです。