これまでの放送

1月6日
(月)

東京2020開閉会式総合統括 野村萬斎さん

シリーズでお伝えする「2020インタビュー」。東京オリンピック・パラリンピックに熱い思いを寄せる皆さんに話を聞いていきます。初回は狂言師の野村萬斎さん。東京オリンピック・パラリンピックの、開会式と閉会式を統括する …続きを見る

1月9日
(木)

写真家 越智貴雄さん

シリーズでお伝えしている「2020インタビュー」。今回は、20年にわたってパラアスリートを撮り続けてきた写真家の越智貴雄さん(40歳)です。越智さんが撮ったこの写真は、東京オリンピック・パラリンピック招致の最終プ …続きを見る

1月10日
(金)

パラ陸上女子走り幅跳び 中西麻耶選手

『2020インタビュー』、きょうはパラ陸上女子走り幅跳びの、中西選手麻耶選手がスタジオ生出演です。中西選手は、去年(2019年)11月の世界選手権で初優勝。東京パラリンピック代表に内定し、紅白歌合戦の審査員も務め …続きを見る

1月14日
(火)

“高度外国人材”として働けない

日本で働く外国人が増え続けています。その数は、おととし(2018年)の数字でおよそ150万人。「留学生のアルバイトなど」、「技能実習」についで、いま急増しているのが「高度外国人材」と呼ばれる人たちです。およそ28 …続きを見る

1月17日
(金)

再開発の経験 被災地復興の教訓に

6,434人が亡くなった阪神・淡路大震災から25年。神戸市などでは、復興に向けてさまざまな再開発が行われてきましたが、大規模再開発事業がほぼ完了した新長田地区では、地元の大正筋商店街で店舗の撤退が相次ぎ、にぎわい …続きを見る

1月18日
(土)

最後のセンター試験 広がる“安全志向”

全国で55万人あまりが受験するセンター試験が18日と19日の2日間、全国689の会場で行われました。その会場の1つ、東大本郷キャンパスの正門前では朝早くから応援に来た予備校関係者の姿が見えました。来年からは、新し …続きを見る

1月20日
(月)

震災遺児の25年 母の命日に生まれた娘と

阪神・淡路大震災から25年。400人以上の子どもが親を失ったとされています。私たちはその中の1人、神戸市にお住まいの永尾奈津紀(ながお・なつき)さんを長年取材してきました。奈津紀さんは、阪神・淡路大震災が起きた1 …続きを見る

1月21日
(火)

沖縄戦から75年 知られざる「12歳の学徒」

今年(2020年)は終戦から75年。激しい地上戦が行われた沖縄では、本土より若い14歳以上の子どもたちが、戦いの最前線に送られたとされてきました。彼らは「学徒隊」と呼ばれ、少なくとも2,000人近くが動員され、そ …続きを見る

1月22日
(水)

広がる応援上映 そのわけは?

音楽ライブのような「応援上映」と呼ばれる映画の特別な上映方法が、最近広がりを見せています。この上映の時には、観客は一緒に歌ったり、映画の登場人物などに声援を送ったりすることができ、中には、応援上映によって異例のロ …続きを見る

1月24日
(金)

“最強”競歩 挫折 胸に戦う選手たち

世界ランキング上位に多くの日本選手が入り、東京五輪でのメダル量産が期待される「競歩」。実は選手の多くが「長距離からの転向」という挫折を経験しています。“世界最強”の日本競歩陣、その裏にある思いに迫りました。 …続きを見る

1月26日
(日)

世界が注目!モンスター大根

今回の旬体感は、冬に収穫の最盛期を迎える「桜島大根」です。10キロぐらいで標準的な大きさ。なかには30キロを超えるものもあって、世界一大きな大根としてギネス世界記録に認定されてます。この桜島大根、大きさに加え、あ …続きを見る

1月27日
(月)

尿1滴でがんの有無がわかる

日本人の死亡原因で最も多いのが「がん」です。2人に1人ががんになるといわれていますが、がんの検診を受けている人がどのくらいいるのかというと…。 例えば、肺がんでは、国が年1回の受診を推奨している40歳以上の …続きを見る

1月29日
(水)

40代から衰える!?“食べる力”

ふだんの食事で無意識にしている「かむ」「飲み込む」。こうした“食べる力”が40代から衰え始めていることが日本老年歯科医学会の調査で明らかになりました。189人を調べたところ、40代で3人に1人、50代では2人に1 …続きを見る

1月31日
(金)

外国人の子ども“不就学2万人” どう減らす?

2万人。これは小・中学校に通っていない「不就学」の可能性のある外国人の子どもの数です。去年(2019年)9月に文部科学省の調査で初めて明らかになりました。実は外国人の子どもは義務教育の対象外のため、多くの子どもた …続きを見る

Page Top