これまでの放送

8月1日
(木)

“家を相続したくない”

皆さんは、ご自分の親が亡くなったあと、残された家をどうするか、考えていますか?今年(2019年)発表された統計で、空き家がまた、過去最多を更新し、およそ850万戸に上りました。この空き家を巡って新たな問題として浮 …続きを見る

8月5日
(月)

“戦場の写真” 74年の時を越え

太平洋戦争末期の沖縄戦に従軍したアメリカ軍兵士が、戦闘中に1冊のアルバムを拾い、保管していました。今回、その元兵士から、持ち主に返したいという依頼がNHKによせられました。沖縄戦から74年。数奇な運命をたどった、 …続きを見る

8月7日
(水)

“あの日”を再現 映画「ひろしま」

原爆の投下から8年後に製作された、映画「ひろしま」。出演している人の多くが、被爆した人々です。映画は、海外の映画祭でも受賞するなど、高く評価されていました。しかし、日本では大手映画会社から上映が拒否され、その存在 …続きを見る

8月8日
(木)

インパール作戦の“悲惨さ” 市民の視点で

太平洋戦争中、最も過酷な戦いの一つと言われた「インパール作戦」。旧日本軍は、当時イギリスが支配していたインド北東部の攻略を目指し進軍。激しい戦闘や食料など物資の不足により、インド国内だけで3万人に上る日本兵が亡く …続きを見る

8月9日
(金)

“焼き場に立つ少年”をさがして

原爆が投下されてから74年となる長崎で、改めて注目されている写真があります。 被爆後の長崎で、アメリカの従軍カメラマンが撮影したモノクロ写真「焼き場に立つ少年」です。少年が背負っているのは亡くなった弟。その …続きを見る

8月10日
(土)

時を超え 家族に届く 被爆の体験記

原爆投下から74年を迎えた長崎。被爆者の平均年齢が82歳を超え、依然として、被爆体験の継承が大きな課題です。そんな中、注目を集めているのは、被爆50年の年につくられた、通称「黒本」と呼ばれる被爆体験記です。この「 …続きを見る

8月11日
(日)

北海道 美瑛の丘 “観光公害” どう防ぐか

北海道のほぼ中央に位置する美瑛町。なだらかな丘の上には、小麦やジャガイモ、豆類など、色とりどりの畑が連なっていて、「パッチワークの丘」と呼ばれています。この美しい風景を写真に収めようと、人口1万の小さな町に、年間 …続きを見る

8月13日
(火)

認可外施設で簡単検査 課題は?

新型出生前検査は、妊娠中の女性の血液を採取するだけの検査で、おなかの中の赤ちゃんに重い障害の原因となる染色体の異常があるかどうかが分かります。この検査を受けられるのは、主に染色体異常のある赤ちゃんが生まれる確率が …続きを見る

8月15日
(木)

終戦時の総理大臣 秘めた覚悟とは

戦争が終わった74年前の8月15日。内閣総理大臣だったのが鈴木貫太郎です。就任は終戦のわずか4か月前、秘めた覚悟で戦争終結に導きました。いま、孫が祖父の足跡を語り継ごうとしています。 …続きを見る

8月16日
(金)

大学生がたどる“戦争と若者”

日本で最高峰とも言われる、中学生の英語の弁論大会「高円宮杯全日本中学校英語弁論大会」は、各都道府県の予選を勝ち抜いた中学生が、社会や将来などへの思いを自由に発表していきます。実はこの大会、元特攻隊員が特攻によって …続きを見る

8月17日
(土)

いじめ 何が母親を追い詰めたのか?

「いじめ指導はこれが限界なのでしょうか。」「いつか死を選ぶのではないか。」これは、仙台市に住んでいた小学2年生の女の子の母親が残した手記です。母親は、娘が受けたいじめを学校に訴え続けた末に、去年(2018年)11 …続きを見る

8月19日
(月)

「個人事業主」の厳しい現実

会社員とは違い、勤務先と雇用契約を結ばずに働く「個人事業主」。いまや、さまざまな仕事に広がっています。システムエンジニアやデザイナーのほか、コンビニエンスストアの店長。最近ですと、空いた時間をうまく使って、飲食店 …続きを見る

8月20日
(火)

“18歳のアトム”に託す 若者への思い

21世紀を舞台に、9歳のロボット「アトム」が人間を守るために戦う「鉄腕アトム」。漫画家・手塚治虫さんの代表作です。実は今年(2019年)、そのアトムの9年後を描いた「18歳のアトム」という絵本が出版されました。 …続きを見る

8月21日
(水)

高校生が小学生に伝える“学童疎開”

写真は、都内のある小学校で使われる予定の、社会科の副教材です。作ったのは、富山県の高校生たち。原爆や空襲など多くのテーマがある中、選んだのは、いまの子どもたちも身近に感じることができる“学童疎開”でした。 …続きを見る

8月22日
(木)

医の原点を学ぶ夏山診療所

天空にそびえる穂高連峰(北アルプス)。標高3,000メートルの奥穂高岳の山頂近くに、夏山シーズンだけ開かれる小さな診療所があります。「岐阜大学医学部奥穂高診療所」。診療所は、毎年7月下旬から1か月間だけ開かれます …続きを見る

8月23日
(金)

ハワイ 広がる抗議デモ 背景になにが

日本人にも人気の観光地ハワイ。この夏休み、訪れた方もいるのではないでしょうか。中心地・ホノルルなどでは、連日のように大規模なデモが起きています。参加者が主張するのは、先住民が“聖地”とあがめる山・マウナケアを守る …続きを見る

8月24日
(土)

ディープインパクトが残したこと

先月(7月)30日に息を引き取ったディープインパクトの話題です。その強さで私たちを魅了した名馬は、大きなものを残してくれました。わずか2年の現役生活で、14戦12勝。数々のビッグタイトルを獲得しました。ファン「ア …続きを見る

8月27日
(火)

あすから開催 TICAD=アフリカ開発会議

G7サミットに引き続き、あす(28日)から、もう1つ日本にとって重要な国際会議が開かれます。日本政府などが主催しアフリカ54か国の首脳らが一堂に会する、TICAD=アフリカ開発会議です。近年、人口が爆発的に増加し …続きを見る

8月29日
(木)

大林宣彦監督 がんと闘い“戦争”を撮る

映画監督、大林宣彦さん、81歳。大林監督といいますと、1983年に公開された「時をかける少女」を覚えている方もいらっしゃるかもしれません。一連の青春映画が大人気となり、日本を代表する映画監督と呼ばれるまでになりま …続きを見る

8月30日
(金)

ひとりで悩まないで 広がる“SNS相談”

夏休みが終わる8月末から9月は、年間で最も子どもの自殺が多い時期です。中学校時代、不登校を経験したタレントの中川翔子さんは、「学校じゃない場所にも居場所はあります。命を大切にして」と呼びかけています。 …続きを見る

Page Top