これまでの放送

2018年10月25日(木)

知床・シャチの集団行動の謎

世界自然遺産・知床。
豊穣の海に集う、多様な生き物たち。
その生態系の頂点に立つのが…シャチです。
大きいもので、体長は10m、体重は10t。
「海の王者」です。
このシャチが毎年春から夏の間、知床に集まってきます。
その数実に、400頭以上。
突然、数十頭もの大集団で現れたかと思うと、号令をかけたかのように整列。
次々に驚きの行動を見せるのです。


NHKは、去年(2017年)から全国の研究者と共に、知床のシャチの生態を調査してきました。
シャチの楽園、北海道・知床からの報告です!

2年目の調査報告

高瀬
「去年11月にもお伝えした、北海道・知床のシャチ。
2年目の調査報告です。」

和久田
「たくさんのシャチが集まる海は、こちら。
知床半島の東側、羅臼町と北方領土・国後島との間の海峡です。

  

幅わずか25キロの狭い海に多くのシャチが集まってくるので、観光船は船が傾くほど。
『港を出れば、すぐにシャチに出会える』と、観光客にも大人気なんです。
海から顔を出したり、曲芸のような大ジャンプをしたり。
野生のシャチを間近に楽しめる、世界でもまれな海なんです。」

高瀬
「では、そもそも、なぜこれほどのシャチが知床に集まるのでしょうか?
その謎の解明に挑みました。」

700m超える潜水・新タイプのシャチか?

毎年、流氷が溶ける頃になると知床に現れるシャチ。
しかし、どこから来ているのか、知床で何をしているのか、ほとんど分かっていません。
北海道大学の三谷准教授が、シャチの行動を分析します。

取り出したのは、最新の衛星発信器です。
これをシャチに取り付けて、移動経路や潜る深さを調べます。
発信器が自然に外れるまでの間、この情報を頼りにシャチを追いかけます。

この日、発信器をつけた群れを追っていると、一斉に潜り始めました。
しばらくたっても上がってきません。
何をしているのでしょうか?
発信器のデータから、シャチが知床に集まる理由の手がかりが得られました。
一頭のシャチが潜った水深のデータです。
シャチが潜れる限界とされていた記録は水深264m。
ところが知床では、300m付近を頻繁に行き来し、さらに、なんと最大で736mまで潜っていたのです。


北海道大学 三谷曜子准教授
「想像を超えていました。
シャチってこういうもんだよねという、そういう概念を崩せる。
新しいシャチのタイプかもしれない。」

知床の深海・水深300m

知床にシャチが集まるのは、深海に理由があるのではないか。

用意したのは、深海の水圧に耐え、周囲360度を撮影することができる、超高精細の「VRカメラ」です。
これを、シャチがよく潜っている場所に沈めます。
どんどん深い海へと向かいます。
水深300m付近に到達。
シャチが頻繁に行き来していた深さです。
突如、おびただしい数のオキアミが現れました。
どんどん数が増えていきます。

  

そのオキアミを求めてやってきたのは、体長50cmほどのイカです。
タラも現れました。
知床の海は、深海まで生き物であふれかえっていたのです。

水深700mには何が?

もっと深い海にも、シャチが集まる理由があるのではないか?
カメラを進めます。
水深700m。
シャチが潜っていた最も深い場所です。
ここまで潜ると、シャチの体には大きな負担がかかります。
生き物の数は少なくなりました。
待つこと2時間以上。
シャチは現れません。


こうした撮影に10回挑みましたが、シャチの姿を捉えることはできませんでした。

なぜ、700mにまで潜っていたのか?
やはり、そこにこそ知床に集まるカギがあるはず…。


そう指摘するのは、東海大学の大泉教授です。
カメラには映らなかったものの、そこには豊富な獲物がいると考えています。

東海大学 大泉宏教授
「(知床)羅臼の海には、大きな体を持ったシャチが多数集まってきます。
そうすると、シャチを支えるだけのエサが必要なはずなんです。

(深海700mには)人間が普通はとらないような魚やイカ。
我々の全然垣間見たことも無いような豊かな生態系が、海の下に広がっているんだろうと思います。」


大挙して現れ、知床の深海に潜るシャチ。
その神秘の生態は、まだ多くの謎に包まれています。

大集団で謎の行動を繰り返すシャチ

高瀬
「スケールの大きな話で、結果として謎はさらに深まったというかんじにもなりましたね。」

和久田
「そうですね、もっと知りたくなりましたね。
NHKの2年にわたる取材で、知床に集まったたくさんのシャチが、この海で大集団を作って謎の行動を繰り返していることが分かりました。
10月28日(日曜日)夜9時からのNHKスペシャルでたっぷりお伝えします。
是非ご覧ください。」

Page Top