これまでの放送

5月1日
(月)

元警察犬 きな子が教えてくれたこと

和久田 「多くの人に見送られてから、ひと月以上が経ちました。」各地のイベントに現れた、ラブラドールレトリーバー。 行く先々で、大人気。 「きな子」という名の元警察犬です。 警察犬を目指していた頃の「きな子」です。 …続きを見る

5月2日
(火)

“言論へのテロ” 30年の問いかけ

高瀬 「忘れてはいけない事件から、明日で30年になります。」銃弾でひしゃげたボールペン。 新聞記者の胸ポケットにあったものです。 1987年5月3日に起きた朝日新聞阪神支局襲撃事件。 目出し帽を被った男が侵入し無 …続きを見る

5月6日
(土)

「かいけつゾロリ」30年 人気の秘密は?!

二宮 「子どもたちに大人気の『あの本』の秘密に迫ります!」胸に刻まれた、2つの「Z(ゼット)」。 トレードマークは黒いアイマスク。 子どもたちに大人気の、「かいけつゾロリ」です。 キツネのゾロリが、「いたずらの王 …続きを見る

5月7日
(日)

ロン毛とモヒカンが営む みんなの銭湯

小郷 「今日(7日)で大型連休も最終日。 遊び疲れたという方もいるかもしれませんが、ほっこりする銭湯の話題をお届けします。」 二宮 「江戸時代から庶民に愛されてきた銭湯。 大きな湯船で足を伸ばして熱いお湯につかる …続きを見る

5月8日
(月)

朝ごはんの現場 人気!マンションの共同食堂

高瀬 「さて、おはよう日本をご覧の皆さん、もう朝ごはんは召し上がりましたか? まさに今食べているという方もいるかもしれません。」 和久田 「今日(8日)から5日間は、シリーズ『朝ごはんの現場』をお伝えします。 朝 …続きを見る

5月16日
(火)

里親に支えられ 新たな一歩

和久田 「4万5,000人。 病気や事故で親を亡くしたり、虐待を受けたりするなど、さまざまな事情で実の親と暮らせない子どもの数です。 心に傷を負った子どもも少なくない中、大きな役割を期待されているのが『里親』です …続きを見る

5月17日
(水)

“働き方改革”模索する企業

高瀬 「職場での長時間労働に、これまで以上に厳しい目が注がれています。」夜10時、都内のオフィス街。 就職活動中の大学生が向かったのは、就職先として検討している企業です。 大学4年生 「人が動いている、スーツかか …続きを見る

5月18日
(木)

博物館の“危機” いま何が…

高瀬 「今日(18日)は、私たちに身近な、あの施設で起きている異変についてです。」巨大な恐竜の骨格標本。 アンモナイトの化石。 科学や歴史について、楽しみながら学べる施設、博物館です。 子ども 「おもしろかった。 …続きを見る

5月19日
(金)

最終目標“ICBM” 開発はどこまで…

4月、ピョンヤンで開かれた、キム・イルソン主席の生誕105年を祝う軍事パレード。ある新型兵器の登場に、世界中が息をのみました。 「ひときわ巨大なミサイルが登場しました。 ICBMと見られます。」北朝鮮が長い間、開 …続きを見る

5月21日
(日)

旬体感 “有明海のエイリアン”

千葉 「今回の旬体感は、有明海の広大な干潟に住む、この生き物です。」小郷 「何か持っていましたよ。」 千葉 「今回、私が訪ねたのは、九州の有明海。 日本一広大な干潟が広がっています。 有明海の周辺には、ムツゴロウ …続きを見る

5月22日
(月)

ツバメ 巣作りに人気の物件は?

今、子育て真っ最中のツバメ。 今年(2017年)も、東南アジアから日本各地にやってきました。 泥や枯れ草を積み重ねて巣を作り、卵を産み、ちょうどヒナがかえって、親鳥が一生懸命エサを運んで育てています。 「大きくな …続きを見る

5月23日
(火)

注目の“都市鉱山” その裏で…

高瀬 「私たちの生活に身近なスマートフォンやパソコン。 古くなって捨てられたあとのリサイクルをめぐる動きです。」先月(4月)始まった、あるプロジェクト。 呼びかけに応じて持ち込まれたのは、廃棄されるはずだった携帯 …続きを見る

5月25日
(木)

若者に人気! 漁師のモーニングコール

和久田 「みなさんは、毎朝どうやって起きていますか?」午前5時50分。 「おはようございます。」 漁師 “おはようございます、荻浜の漁師、江刺です。”電話の向こうにいたのは、漁師。 漁師が直接電話で起こしてくれる …続きを見る

5月26日
(金)

“将来の語り部に” 戦後世代の模索

高瀬 「終戦から70年余り。 戦争の記憶を引き継ごうという模索が続いています。 「焼い弾というのは油。 落ちた瞬間、道路に火がつく。」戦争の経験者がみずからの体験を語る“語り部”。 戦争の記憶や教訓を次の世代に引 …続きを見る

5月27日
(土)

未来をつかむ 夢の義手

小郷 「障がいのある子どもたちの未来をひらく、新たな技術です。」1歳9か月の女の子。 産まれた時から、左腕は肘までしかありません。 その左腕に、この日、初めて義手をつけました。 「筋電義手」と呼ばれる特殊な義手。 …続きを見る

5月28日
(日)

被爆者が見た ゲルニカ爆撃80年

小郷 「こちらは、スペイン出身の巨匠、ピカソの「ゲルニカ」。 世界で最も知られた戦争画の1つです。 描かれているのは、爆撃で亡くなった子どもを抱きしめながら泣き叫ぶ母親。 逃げ惑い苦しむ人々。 80年前にスペイン …続きを見る

5月31日
(水)

消えた天気予報 その時何が…

高瀬 「今日(31日)は『天気予報』について考えます。」和久田 「天気といえば、気象予報士の酒井さん!」酒井気象予報士 「明日6月1日が何の日か、皆さんご存じでしょうか? こちら、『気象記念日』なんです。 明治8 …続きを見る