これまでの放送

2016年10月29日(土)

あなたもなれる健康長寿

近田
「元気の秘密はどこにあるのでしょうか。」

自転車で毎日10キロ走る、この男性。
103歳です。

「はやい。」
 

こちらは、105歳の現役理容師。
見事な手さばきです。




 

日本が誇る世界最高齢スイマーは102歳。




 

「ラクなものです。」




 

今、「センテナリアン」と呼ばれる、100歳を超えた元気な高齢者に注目が集まっています。

近田
「100歳を超えても、これだけ元気で健康でいらっしゃる。
うらやましいというか、すごいですね。」

小郷
「すごいですよね。
こうした人たちは1世紀、センチュリーを生きた人として「センテナリアン」と呼ばれています。
その健康長寿の秘密に迫ろうと今、世界中の研究者が解明に挑んでいます。」

近田
「見えてきましたのは、長寿の家系など特別な人に限らず、誰でも心がけ次第で健康長寿を実現できるという可能性です。」

健康長寿100歳 その秘密は…

千葉県東庄町。
ここに、健康長寿の鏡ともいえる、センテナリアンがいます。



 

「いらっしゃいませ、こんにちは。」




 

家族5人で和菓子屋を営む、田谷さん。
地域でも評判の看板娘です。

営業は朝8時から夕方6時まで。
接客からレジ打ちまで、ほとんど全てを田谷さんが担っています。



 

田谷さんの健康長寿の秘密はどこにあるのか。
その解明に挑んでいるのが、慶應大学医学部百寿総合研究センターです。
血液検査や認知機能の測定など、あらゆる角度から探っています。
測定したデータを詳細に解析。
その結果、一般の高齢者とは異なる、ある特徴が見つかりました。
それは、体の中で起きている「炎症」のレベルです。
 

田谷さんの炎症レベルを測定すると、一般の基準値の10分の1と極めて低いことがわかりました。

傷を負った時などに、一時的に起きる急性炎症とは異なり、加齢とともに徐々に進むのが「慢性炎症」です。
これは、心臓疾患や認知症などの病気に影響を及ぼす炎症ですが、田谷さんはこの慢性炎症が低く抑えられていたのです。

 

これは、炎症のレベルの違う2人の高齢者の動脈です。

こちらは、慢性炎症が進んだ人の血管。
動脈硬化によって変色、80代で亡くなりました。



 

一方こちらは、108歳まで生きたセンテナリアンの血管。
炎症はほとんどなく、きれいな状態を保っていました。
慶應大学では、1,500人の高齢者を対象に調査を実施。
その結果から、慢性炎症と寿命に関わる、新たな事実が浮かび上がりました。
 

縦軸は生存率、横軸は調査開始からの経過日数です。
慢性炎症のレベルが低い人たちは、高い人たちに比べると、生存日数が長い傾向にあることが明らかになりました。

慶応大学医学部 百寿総合研究センター 新井康通専任講師
「さまざまな老化に関係する因子のなかで、慢性炎症が特に健康寿命の阻害要因として重要だった。
慢性炎症を抑えるということが、健康長寿の達成には重要。」

 

では、どうすれば慢性炎症を抑えることができるのか。
ヨーロッパの研究者たちが、その要因として考えているのが「食事」です。

中でも、センテナリアンがよく食べる「地中海食」に注目しています。
今回、ヨーロッパ5か国の高齢者600人を対象に地中海食を1年間食べ続け、体の変化を調べる研究が行われました。


 

今年(2016年)出た、最新の結果です。
縦軸は炎症のレベル、横軸は地中海食をどれだけ適切に食べたかを示しています。
地中海食を適切に食べた人ほど、炎症が低くなることが明らかになりました。

地中海食に特徴的な魚、オリーブオイル、ナッツ、野菜。
これらに含まれる脂肪酸やポリフェノールなどの炎症を抑える成分が影響を与えたのではないかと研究者は考えています。


 

この研究を指揮している、クラウディオ・フランチェスキー名誉教授です。
フランチェスキー教授は、日本食には魚や野菜、豆、海藻などが含まれ、地中海食と同様に炎症を抑える効果が高いと指摘します。

 

ボローニャ大学 クラウディオ・フランチェスキー名誉教授
「地中海食を厳密に守れば、心臓疾患、がん、認知症など、慢性炎症が関わる病気のリスクが低下します。
同様に日本には日本食があります。
世界で最もすばらしい食習慣を大切にしてください。」

 

近田
「健康長寿に大きく関わる慢性炎症は今、世界各地で研究が進められ、注目が高まっています。」

小郷
「長寿の研究は食事だけではありません。
運動や精神状態など、さまざまな要因が慢性炎症に関わっていることが明らかになってきています。」