これまでの放送

2016年8月4日(木)

巨大エイ“マンタ” 生体の謎に迫る

望月
「美しいサンゴ礁の海で見られる貴重な生きもの。
エイの仲間、『マンタ』です。」

和久田
「こちらは『ナンヨウマンタ』です。
沖縄など、温かい海に生息しています。

大きいものは幅4メートルを超えます。
迫力がありますが、性格はとても穏やかです。




ただ、マンタは、野生生物の保護活動などを行う『国際自然保護連合』の絶滅危惧種に指定されています。
観察できる場所も限られているなど、その生態には謎が多い生きものです。」

望月
「沖縄にある貴重な生息地で、マンタの生態に迫ります。」

沖縄・八重山の海 人気のマンタ

沖縄本島から南西におよそ400キロ、八重山諸島です。





360種類をこえるサンゴが生息。
数多くの魚を育む、豊かな海です。

マンタを目当てに、国内外から多くの観光客が集まります。





潜って待つこと数分、海の向こうからマンタが現れました。
遭遇率が8割を越える、世界有数のポイントです。

この場所は「クリーニングステーション」と呼ばれています。

小魚たちが、体についた寄生虫などをついばみます。
マンタは好んでこの場所に集まってきているのです。

マンタを追って40年 生態に迫るガイド

ダイビングガイド 伊藤隆さん
「向こうにおる、行こう。」

この海でマンタを追い続けている、ダイビングガイドの伊藤隆(いとう・たかし)さん、65歳。
人呼んで「マンタの伊藤」。

40年以上潜り続け、マンタと出会える場所を知り尽くしています。
実は伊藤さん、八重山のマンタ一匹一匹を見分けることができます。




胸や腹にある斑点は、個体ごとに異なります。
伊藤さんはそこに注目し、個体を識別しているのです。




さらに伊藤さんは、そこから名前もつけています。
その数は360匹を超えます。




こちらは、「パンダ」。





そしてこちらは、「ビックリマーク」です。





ダイビングガイド 伊藤隆さん
「名前がわかるからこそ魅力が全然違う。
自分の友だちが1匹ずつ増えていく楽しみ。」



マンタに名前をつけたことで、個体ごとの行動も細かく記録できるようになりました。

謎が多いマンタ 見えてきた生態

伊藤さんはこの40年、マンタの繁殖行動を追い続けてきました。
それでも、交尾の瞬間はこれまで1回しか観察できていません。

この日私たちは、伊藤さんに同行させてもらいました。
探し始めて10分余り。




2匹のマンタが現れました。
泳ぎ方がいつもとは違います。
オスが交尾をしようとメスを追いかけているのです。
私たちの目の前でおよそ2分間、求愛行動が続きましたが、交尾をしないまま、2匹は去って行きました。

5日後…。
伊藤さんは、別のマンタで新たな発見をしました。
これまで10年間、観察を続けてきた、メスのマンタです。



よく見ると、おなかが膨らんでいます。
子どもがいるようです。
伊藤さんの記録では、初めての妊娠です。
こうした伊藤さんの観察記録は、世界的にも注目されています。

これはマンタの妊娠に関する論文です。
伊藤さんのデータを研究者が分析しました。




その結果、八重山諸島のマンタは、平均すると4年に1回妊娠していることが分かりました。





論文を書いた海洋生態学者 柏木努さん
「研究者が見るような視点でマンタを観察して記録している人はいない。
(伊藤さんは)唯一無二の存在。」



今年(2016年)、65歳の伊藤さん。
今、最も気になっているのは、マンタの寿命についてです。

ダイビングガイド 伊藤隆さん
「僕はけっこう年だから、昔から付きあってきたマンタが何年寿命があるのか、最大の僕の知りたい目標。」




正確な寿命を知るためには、生まれたばかりのマンタを発見し、継続して観察することが必要です。

この日は、子どものマンタを目撃したというガイド仲間の情報をもとに、海へ。
潜り始めて30分。
姿を現したのは…。



幅およそ180センチ。
生後、数か月と思われるマンタです。
伊藤さんの知るかぎり、マンタの寿命は30年以上。
仲間と共に観察を続け、寿命を解明していきたいと考えています。

ダイビングガイド 伊藤隆さん
「出ましたね!子マンタ。
まだことし生まれたばかり。
ちなみに男の子。」


ダイビングガイド 伊藤隆さん
「僕が先か、観察してきたマンタがいくのか、それはわからないけれど。
ライフワーク。
マンタは僕の人生そのもの。」



望月
「まだまだ頑張っていただきたい『マンタの伊藤』さんですが、観察している中で最も長生きしているマンタの推定年齢は、38歳だそうです。」

和久田
「伊藤さんは、このマンタの最期は自分の目で見届けたい、それまでは現役でいたいと語っていました。」

Page Top