これまでの放送

おはBiz

2018年12月7日(金)

住宅用太陽光発電 “2019年問題”

導入している家庭はご注意を。

住宅用太陽光発電の「2019年問題」をご存じでしょうか。住宅用太陽光発電をして余った電力を買い取る制度は09年11月にスタートしました。この制度は開始から10年たつと期限が切れるため、初期に導入したお宅では、今から1年後の19年11月で買い取り期間が終わります。きょうは、この問題を取り上げます。

19年だけで53万件 余剰電力の固定価格買い取り制度が期限切れ

2009年に始まったこの制度はその後拡充され、太陽光や風力など再生可能エネルギー全体を普及促進するための「固定価格買い取り制度」いわゆる「FIT制度」に引き継がれました。

そして19年11月から順次期限切れを迎えます。FITを卒業することになるので、「卒FIT」とも言われています。

FITを卒業するのは、19年だけで53万件。最初の買い取り価格は1キロワットアワー48円でしたが、FITが終了した後はこの買い取り義務がなくなります。

買い取り継続の電力会社も 価格は下落

該当する家庭はどうしたらいいでしょうか。卒FIT後の選択肢は大きく2つあります。1つは、いずれかの電力会社に引き続き買い取ってもらうことです。

新電力の「スマートテック」は、いち早く「買い取ります」と手を挙げました。すでに申し込みを受け付けていて、買い取り価格は1キロワットアワー10円に設定しました。

小寺雄三社長は「今後について不安になっている方がたくさんいたので、サービス提供ができれば」としたうえで、「市場価格は(1キロワットアワー当たり)6~8円ぐらいだろうと事前に言われていたが、より高く買える限界値ということで、10円で買い取りをしていく」と話しました。買い取った電気はクリーンな再生可能エネルギーという価値もあるわけで、それを求める企業向けに販売していく考えです。

ただし、買い取り価格はFITの時の1キロワットアワー48円から基本的に下がります。優遇措置が終わるので、致し方ない面もあります。大手電力各社も、多くは「買い取りを続ける」と表明していますが、買い取り価格が決まるのは19年春ごろになります。

“卒FIT”を商機に 家庭用蓄電システムを発売

もう1つの選択は、自家消費する分を増やすことです。余った電気を蓄電池などにためて使う方法で、蓄電池などを設置する必要があります。

伊藤忠商事は、蓄電池にAIを組み合わせて、最適に電気を使うシステムを売り出しました。
石井敬太常務執行役員は、その仕組みをこう説明します。「まず、翌日の天気を天気予報のデータを使って予想する」。もしも「翌日が雨の場合は、昼間は発電しないので、前の日に夜間の安い電気を蓄電する」。そして「翌日が晴れる場合は、翌日の電力を使うということで余計な蓄電はしない。AIが天気予報を見ながら蓄電放電のスケジュールを自動的に組み上げる」といいます。

伊藤忠商事では、AIを活用することによって年6万円程度、電気代を節約できると試算しています。一方、蓄電システムの購入価格は200万円ほどします。この価格をどう下げていくかも課題となるでしょう。

多くの家庭が太陽光発電を導入しましたよね。これからどうしていくか、悩むところですね。

そうですね。太陽光発電を設置しているご家庭は順次、FITからの卒業という問題が来ますから、まずご自分の家庭ではいつが期限なのか、確認してもらいたいと思います。

関連情報

新着記事

新着ブログ

Page Top