これまでの放送

おはBiz

2017年11月6日(月)

口コミが旅行充実のカギ

経済ニュースをサクサク 深く、「おはBiz」のコーナーです。アメリカ発の口コミサイト「トリップアドバイザー」。日本を訪れる外国人旅行者が、参考にしているサイトとして知られています。トリップアドバイザーCEOが語る「口コミの力」とは。
動画はこちら

「Eyes on」は、旅行の口コミサイトとして知られている「トリップアドバイザー」ですね。

トリップアドバイザーはアメリカ発の口コミサイトで、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。日本を訪れる外国人旅行者が、参考にしているサイトとして知られています。訪日外国人旅行者数は、早ければ週内にも、過去最高だった2016年の記録を更新したと発表される可能性があります。その原動力にもなっているサイトで、意外にもこんなところが大にぎわいだそうです。

口コミでブレイク 外国人集まる人気スポット

東京・六本木にあるカフェ。普通のカフェではありません。世界的にも珍しい、ハリネズミと直接触れ合うことができるカフェです。外国人旅行者の人気スポットになっています。

オーストラリアからの旅行者
「すごい!」

オーストラリアからの旅行者
「トリップアドバイザーを見てここに来たの」

トリップアドバイザーの口コミでは、「最高」「とても良い」など高い評価がついていました。

HARRY六本木本店 今野あすかさん
「トリップアドバイザーやSNSを見てお店に来る方が結構います」

トリップアドバイザーCEOが語る口コミの力

来日したトリップアドバイザーのCEO、ステファン・カウファーさんにインタビューしました。

豊永デスク
「来日して、いいレストランやホテル、観光地は見つかりましたか?」

トリップアドバイザー ステファン・カウファーCEO
「“サムライマスター”から、刀のレッスンを受けることができました」

カウファーさんが会社をつくるきっかけとなったのは、今からおよそ20年前のメキシコ旅行だったそうです。

カウファーCEO
「(旅行代理店で)3つのホテルのパンフレットをもらった。どのホテルも、とても美しく、泊まってみたいと思った。そのホテルについて検索してみたら、興味深いサイトを見つけた。実際に泊まって感じたことがリアルに書かれていて、パンフレットのホテルには泊まるべきではないと教えてくれた」

結局、カウファーさんは別のホテルに宿泊。すばらしい旅行ができたといいます。
この体験をきっかけに、実際に旅行した人の“生の声”を反映するサイトをつくろうと決意。2000年、アメリカ・ボストン近郊のピザ店の2階で会社を始めました。しかし、ビジネスはなかなか軌道に乗りませんでした。


そこで考えたのが、大手旅行予約サイトとの提携でした。トリップアドバイザーのサイトで口コミを見た人が、提携先の予約サイトをクリックした時にマージンを取る仕組みを導入。これによって利益が出るようになったといいます。

カウファーCEO
「サイトには、旅行のために出費を惜しまない人がたくさん集まってくる。そうした人を取り込みたいという旅行予約サイトが、たくさんあることに気付いた」

一方、悪い口コミにもヒントがたくさん詰まっているといいます。「接客が悪い」、「部屋が汚い」という口コミが多ければ、ホテルやレストラン側にとって、サービス改善のチャンスだというのです。
最後にこんなことを聞いてみました。

豊永デスク
「あなたにとって旅行とは?」

カウファーCEO
「旅行は世界中の人々を結び付ける、すばらしい方法だと思う。直接会った人に腹を立てるのは難しく、見ず知らずの人に怒るのは簡単。旅行を通じて世界中の多くの人々が結び付くようになる。他の地域で暮らす人たちに共感できるようになる。それは、すばらしいことだ」

トリップアドバイザーのサイトを初めて見た時には驚きましたが、全体で高評価でも、その中にある否定的な意見が具体的だったり、説得力があったりするんですよね。

悪い口コミって、結構参考になりますよね。口コミが旅のリアルな情報に近づくツールだといち早く気が付き、お金を集める方法を確立したことが、ビジネス成功の秘けつかな、と思いました。

動画はこちら