2018年10月16日 (火)人間はとうとう神になるの?


おはBizキャスターの豊永博隆です。

toyonaga2018.jpg

いきなりですが、宗教の話ではありません。
人間の未来についての話です。
今、話題の本のテーマが
「テクノロジーが進化して人間はとうとう神になるの?」ということなのです。

20181016_toyonaga_01.jpg

その本とは「ホモ・デウス」。
世界で800万部のベストセラーとなった「サピエンス全史」を書いた
著者ユヴァル・ノア・ハラリ氏の次作です。
こちらも世界ですでに400万部と、ハードな本なのにかなりの売れ行きです。

20181016_toyonaga_02.jpg

著者のハラリさんはイスラエルの歴史学者。
実はサピエンス全史の日本語版が出版されたとき、
2016年9月に、来日したハラリさんに会って取材した経験があります。
そのときの縁もあって、
今回、インタビューのオファーをしてイスラエルまで取材に行ってきました。

20181016_toyonaga_003.jpg

こちらがハラリさん。インタビューは1時間にわたって行いました。
テーマが深く、多岐にわたるだけに英語の質問案をつくるだけでも大変!
しかし、話は盛り上がり(と私は勝手に思っていますが)、
内容の濃い話を聞くことができました。

20181016_toyonaga_04.jpg

ハラリさんが暮らす中東のイスラエルは歴史と紛争の国。
エルサレムにはユダヤ教、キリスト教、イスラム教という3つの宗教の聖地があり、
その歴史の重みたるや、一言ではとても語りつくせないものがあります。

20181016_toyonaga_05.jpg

こちらエルサレムの旧市街。ダマスカス門の前です。
建物自体が何かを語りかけてきそうです。


20181016_toyonaga_06.jpg

こちらはユダヤ教徒にとって聖なる場所とされる嘆きの壁、
あるいは西の壁といわれる場所。

ここからイスラム教の聖地、岩のドームまで歩いて5分強しかかかりません。

20181016_toyonaga_07.jpg

異なる宗教の聖地が1箇所に集まり、
パレスチナ問題等で衝突や矛盾が毎日の暮らしに存在する場所だからこそ、
ハラリさんの洞察力が培われたのではないかと思い至りました。

ハラリさんのインタビューと私たちの未来を考える特集は
10月18日(木)のおはBiz(午前6時35分過ぎ)と
けさのクローズアップ(午前7時台前半)でご覧ください。

投稿時間:12:00

ページの一番上へ▲