2016年12月31日 (土)思い出のトップ3は!?


いよいよ今夜、「ゆく年くる年」です!

ホームページでは、これまで60年の放送の中での

登場回数ランキングを発表していますが

http://www.nhk.or.jp/ohayou/yukutoshikurutoshi/

今回、8000人を超える方々へのアンケート(NHKネットクラブ)で、

「これまでの放送で印象に残っている場所やシーンは?」という

質問をさせていただきました。

ここで、「ゆく年くる年・思い出のトップ10」を発表させていただきます!

 

が、そのまえに・・・

今回のアンケートで「過去に見たゆく年くる年が怖くて、今でもトラウマに・・・」という方が複数!

それは・・・

1981namahage.jpg

な・ま・は・げ~!!!

「小さな頃に見た秋田のなまはげがこわかった、いまもこわい」(55歳女性)

NHKの放送記録で一番最初になまはげが登場したのは、1961年(昭和36年)。写真は1981年(昭和56年)のなまはげシーン。東京から秋田に年越しに来た親子連れを、突然なまはげが襲うという中継でした。

61歳の女性は「子どもの頃に白黒テレビで見た。白黒だったので、なまはげが持っていた作り物の包丁も本物に見えてとにかく怖かった!」とのこと。

今では、様々な機会になまはげを目にしますが、昭和30~40年代、テレビで初めてなまはげを見た全国の子ども達には、衝撃的だったことでしょうね。

 

さて、みなさんの「印象に残った中継場所トップ10」です!

 10位~4位は・・・。

10位 八坂神社(京都)

9位 新勝寺(千葉)

8位 明治神宮(東京)

7位 善光寺(長野)

6位 浅草寺(東京)

5位 延暦寺(滋賀)

4位 中尊寺(岩手)

 

でした。どちらも歴史のある、有名なところですね。

さて、トップ3は・・・。 

3位 清水寺(京都)

kiyomizu2012-1.png

 清水の舞台で知られる清水寺。

kiyomizu2012-2.png

年越しにも大勢の方がお参りに訪れます。

「修学旅行で行ったことがあるので、懐かしかった」

「人気の観光スポットが、いつもと異なる雰囲気を漂わせているのが良い」

kiyomizu2012-3.png 

除夜の鐘の音も人気でした。

 

そして、2位は

chion2010-1.png

同じく京都・知恩院。

知恩院の除夜の鐘はとにかくダイナミック!

chion2012-2.png

重さ70トンの梵鐘を、大勢の僧侶でつきます。

「つき方が豪快」

「大勢でつく姿を見ると荘厳さを感じる」

「お坊さんが倒れる寸前まで寝て鐘をつくのがすごい」

chion2012-3.png

本当に迫力がありますね。

 

そして、みなさんの印象に残っている場所1位は・・・

eiheiji2015-1.png

 永平寺(福井県)でした。

鎌倉時代に開かれた禅の修行道場。

雲水と呼ばれる修行僧が、厳格な規律に従い修行に励んでいます。

eiheiji-2015-2.png

 「しんしんとした寒さが伝わり、鐘の音色も厳かな感じで、心引き締まる思い」

「ゆく年くる年で幻想的な風景を見て、いってみたくなり旅行で行きました」

また、「雲水のおせち料理がおいしそうだった。」という声も。

 eiheiji-2015-3.png

 精進料理のおせちです。 

「雪がしんしんと降る風景が印象的であった」

という、雪の永平寺が印象に残っているという方もたくさんいらっしゃいました。

eiheiji1984-1.pngのサムネイル画像

eiheiji1989.pngのサムネイル画像 

 雲水たちのこの表情。

こちらも身がピリリと引き締まりますね。

さて、いよいよ今夜ゆく年くる年放送です。

18時からは、「スマホで除夜の鐘」も公開いたします!

http://www.nhk.or.jp/ohayou/yukutoshikurutoshi/

ぜひ、チェックしてみてください!

投稿時間:10:00

ページの一番上へ▲