2019年03月28日 (木)おは本(ポン) → ひめポン!


中澤輝(あきら)です。

nakazawa2018.jpg

ずっと大好きだった「おはよう日本」、3月で卒業します。
これから大好きになる「ひめポン!」、4月に入学します。
(※ 愛媛県域放送・平日・午後6:10~7:00)

2年に亘ってリポーターを担当した私は、
今春、前任地である四国・松山放送局へ異動します。

20190329_nakazawa_01.jpg

「おはよう日本」の卒業式は、3月15日(金)。
【まちかど情報室】の出演が最後でした。
コーナーの最後に、お別れのあいさつをする時間を頂き、
視聴者の皆さんに感謝の気持ちを伝えられました。

改めて、このブログでも・・・
『全国の皆さん、ありがとうございました。行ってきます』。
『四国地方の皆さん、愛媛県の皆さん、ただいま。どうかよろしくお願いします』。

20190329_nakazawa_02.jpg

「おはよう日本」アナウンスの皆さんから花束を贈られて、
“本当に今朝で卒業なんだ”と噛み締めました。

20190329_nakazawa_03.jpg

放送後、「おはよう日本」の放送に携わる皆さんとの記念撮影♪

「おはよう日本」は、私にとって大切なもう一つの家族です。
・心の広い頼れるお父さんがたくさんいます。
・笑って褒めてくれるたくさんのお母さんがいます。
・仕事が出来て尊敬できるお兄ちゃんがいっぱいいます。
・美しくて優しい憧れのお姉ちゃんがいっぱいいます。
・可愛がっている人懐っこい弟もいっぱいいます。
・気配り上手で自慢の妹もいっぱいいます。

“生まれ変わっても「おはよう日本」ファミリーに入りますか?”
そう聞かれたら、迷い無く即答します。
“はい”。

大好きだからこそ、家族のもとを離れがたい・・・。
でも、成長するためには独り立ちする時も必要です。
それが、2019年春というタイミングです。


振り返れば様々な経験が出来た2年間でした。
この先のNHKアナウンサー人生に必ずプラスになると確信しています。

20190329_nakazawa_04.jpg

2017年春、「おはよう日本」ファミリーに入った時に作って頂いた名札です。
今も大切にしています。

20190329_nakazawa_05.jpg

2000メートルを超える山に登り、「山の日」に中継しました。
2泊3日で臨んだ放送。総勢およそ30人のクルーで成し遂げた達成感は忘れません。

20190329_nakazawa_06.jpg

「気になる@LIVE」では、締めのキーワード“中継でした”の出し方に情熱を注ぎました。
視聴者の皆さんをクスッと笑わせたい、ちょっと驚かせたいとアイデアを出し続けました。

20190329_nakazawa_07.jpg

私は時に「被災地アナウンサー」と呼ばれることがあります。
ここ数年、日本各地で様々な災害が発生しました。
その現場に駆け付けることが多かったからです。

“被災地を見て、被災者に会い、被害を知る”。

私がその過程で大切にしたのは、被害を伝えるだけで終わらせないこと。
被災地が一歩踏み出す瞬間を逃さない、
被災者が立ち上がろうとする姿勢を見逃さない・・・etc。
僅かかもしれませんが、‘希望の光’を探しました。
同じ被災地で頑張っている人がいる、
同じ苦しみの中で前に進んでいる取り組みがある・・・etc。
被災地の皆さんが放送を見て、救われたと思える情報を発信したかったからです。

九州北部豪雨の被災地、福岡県・朝倉市。
土砂災害の凄まじさを目の当たりにしたのは、この時が初めてでした。
ここが「被災地アナウンサー」の‘原点’かもしれません。

災害に負けない心、くじけない姿を見られました。
だからこそ、その事実をより多くの人に伝えようと思いました。


20190329_nakazawa_08.jpg

20190329_nakazawa_09.jpg

去年7月、西日本豪雨の発生直後に、高知→愛媛→岡山と転戦し中継。
1か月後も愛媛から中継。2か月後には広島の取材も加えて再び愛媛から中継。

前任地・愛媛県の実情を伝え続けることが、いつしかライフワークになっていました。
知った土地だから、知っている人がいるから、
それだけで伝えようとする思いは無意識に強くなります。
発する言葉にも思いが乗ります。

被災地の皆さんに出会い、託された思い。
それを伝えられるようになったことが
被災地取材を通じて私が成長できたことかもしれません。

20190329_nakazawa_10.jpg

被災地中継後、クルーで肩を組んで瀬戸内海に誓いました。
【「おはよう日本」は、被災地に寄り添い続けます】。

20190329_nakazawa_11.jpg

全国各地の夏の被害がまだ記憶に新しい中、発生した9月の北海道地震。
すぐに向かいました。

北海道で見た光景は、つらい景色が多かったのですが、温かい風景もありました。
東日本大震災や熊本地震の被災者が続々と救援に入ってくる姿です。
被災者の皆さんは口々に言います。
「あの時、自分たちは助けて貰った。だから、今度は助ける番」だと。

「日本人は強い。絶対、大丈夫」。被災地取材を通して感じた真実です。

20190329_nakazawa_12.jpg

最後のロケも、被災地でした。8年前の東日本大震災の被災地、岩手県陸前高田市。
いつか必ず足を運ばなければと思い続けてきた‘奇跡の一本松’。

「被災地アナウンサー」の称号は、いりません。
これ以上、災害が起きないことを強く希求します。

20190329_nakazawa_13.jpg

2019年4月1日(月)から「ひめポン!」キャスターとして、走り出します。
愛媛県にお越しの際は(四国へ旅行の際は)、是非、ご覧下さい。

投稿時間:19:00

ページの一番上へ▲